Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

新型アルファード 2015 東京モーターショーで公開か。

トヨタ・アルファードのフルモデルチェンジ情報です!

新型アルファードは、2015年12月~2016年1月頃の発売が予想されています。
時期的に、東京モーターショーでのトヨタの目玉車種として
登場することになるのではないでしょうか。

新型アルファードでも、2.4L、3.5L、ハイブリッドという
ラインナップは現行同様、引き継がれるようです。

当然、燃費性能は向上し、このサイズのミニバンにしては、
ライバルであるエルグランドよりも良いものになるだろう。

サイズは、現行とほぼ同等。
車高を下げて失敗?したエルグランドを反面教師とし、
広い室内を持つLサイズミニバンとなる。

デザインに関しては、質感の向上を主とし、
奇をてらったような大きな変更は行われないと予想されます。

写真は現行アルファード
f:id:totalcar:20161209203247j:plain
出典TOYOTA

その理由として、現行アルファードはモデル末期の現在でも大変好調で、
ビッグマイナーチェンジを行ったライバルのエルグランドよりも
販売台数が多い状況が続いています。
(ヴェルファイアも加えれば約3倍)

奇をてらったデザインとして記憶に新しいものは、
新型クラウンがありますが、クラウンは、低迷する
セダン市場をテコ入れしようとした結果のデザインでした。

ミニバン市場は現在絶好調と言えるジャンルですので、
それほど大胆なことはしてこないだろうと考えられます。

アルファードがフルモデルチェンジされると、
エルグランドとの差が広がるのは確実で、
むしろ、エルグランドの次のフルモデルチェンジで、
下げてしまった車高をどうするかが気になるところです。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。