Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

ホンダ Nスポーツ S660をベースに2015年に発売!MRレイアウトで走りを追及!

ホンダの軽スポーツカー、Nスポーツの全貌が見えてきた。

ホンダは、昨年の東京モーターショーにて、
S660という軽スポーツカーのコンセプトモデルを展示したが、
これがNスポーツの原型になるということだ。

S660について簡単に紹介しよう。

S660は、MRレイアウト(後輪駆動で、エンジンが車体の中央付近にある)で、
安定した走行を実現する。

過去に販売されていた、ビートもMRだったから、
ビートの後継車ということも意識して作られたクルマだろう。


デザインは、最近のホンダ車らしい細めの目つきが特徴である。

S660のコンセプトカーの段階では、ルーフがなく、
コペンに対抗して電動ハードトップにするのかどうするのか
未定であったが、どうやら、手動のタルガトップになるようだ。

エンジンには、Nワゴンに採用されているターボエンジンがそのまま載るか、
少しチューニングされて搭載されることになりそう。

ミッションは、5MTとCVTが選択できる模様。

気になる価格だが、ダイハツ、コペンが
100万円台で出すことが決まったようなので、
Nスポーツも、それに追従するだろう。
コペンの売れ行きなどを見て、後発な分戦略的に設定してくるだろう。

【Nスポーツの特徴まとめ】
MRレイアウトで安定した走行性能。
CVT車にもパドルシフトを搭載し、走りを楽しめる。

スペック上、軽のターボエンジンは64psということになっているが、
ホンダのエンジンはパワフルで気持ちよく回る!

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。