Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

カローラフィールダーのマイナーチェンジは2014年中。燃費向上策が図られる。

トヨタカローラアクシオカローラフィールダーの燃費向上の為のマイナーチェンジが、2014年中にも実施されます。

主な燃費向上策は、熱効率の良い新型エンジンの搭載です。

カローラは、アクシオとフィールダーで、1.3L、1.5L、1.8Lと3タイプのエンジンが存在します。
このうち、1.3Lは既に新型エンジンが発表されていますが、1.5Lと1.8Lに関しても、世界最高の熱効率を実現すべく、開発が進められています。

これらのエンジンの開発が完了し次第、マイナーチェンジで搭載されることになります。

f:id:totalcar:20140515060025j:plain

ハイブリッドに関しては、まだ登場してから間もないことから、現行のままになるようです。

デザインに関しても、色々と変更が加えられるようですが、現時点では確定的なデザインは明らかにはなっていません。

1.5Lエンジンと1.8Lエンジンの開発が済めば、プレミオアリオンや、ヴィッツの1.5Lモデルなど、他の車種にも随時搭載されることになるでしょう。

今後、トヨタは2015年までに14機種の新型エンジンを投入することを発表しており、今後の展開が楽しみです。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。