Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

新型プロボックス 2014年

トヨタプロボックスが2014年10月頃にマイナーチェンジされます。

プロボックスといえば、商用バンの雄。
日産、ADやホンダ、パートナーを大きく引き離しています。

そんなプロボックスのマイナーチェンジですが、どこが変わるのでしょうか。

まずは、エンジン。
熱効率が高められた新型エンジンが搭載され、燃費が向上します。

1.3リッターでは、18.5km/Lくらいになると言われています。
同じエンジンを搭載する、ヴィッツよりも燃費があまり良くないな。と思われるかもしれませんが、これは車体が大きいのに加え、アイドリングストップ機構が搭載されないので仕方が無いでしょう。

収納スペースも拡充されます。
例えば、これまで手で引くタイプであったサイドブレーキが、足踏みタイプとなり、そこに収納が追加されます。

また、将来の規制に備え、歩行者脚部保護が強化されます。
そのため、バンパーの形状とデザインが若干変更となります。

プロボックスと兄弟車であったサクシードは、完全に一卵性双生児となり、車名のエンブレムが異なるだけになります。

価格は、現行とほぼ同じで、110〜120万円となるでしょう。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。