Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

プリウス 新型 2015 画像など最新情報!【プリウス フルモデルチェンジ】

トヨタプリウスのフルモデルチェンジが、2015年11月頃にあります。
新型プリウスの最新情報をまとめます。

①発売時期
2015年11月頃の予定です。

②燃費
アーキテクチャ、TGNAの採用により、走行性能を向上させつつ、40km/Lを達成する見通しです。

TGNAとは、部品やユニットを共有し、より低コストで高品質なクルマを生産するための新しいプラットフォームです。
今後、トヨタの新型車は6つのプラットフォームに集約されることになります。

また、プラットフォームだけでなく、ギアやサスペンションも共用化を進める計画です。

ハイブリッドシステムは、現行のTHS ⅡからTSH Ⅲに進化。
燃費性能は向上し、より小型化、軽量化されます。

新型プラットフォームと、新型ハイブリッドシステムの両輪で、40km/Lを達成することができるのです。

③デザイン
プリウスの特徴である、弧を描くようなデザインを引き継ぎます。
ただし、前席の居住性向上のため、Aピラーの角度が若干引き上げられるのではないかと言われています。

f:id:totalcar:20150429103723j:plain



④走行性能
新型プリウスは、フォルクスワーゲン・ゴルフをベンチマークとします。
現行プリウスでは、走行安定性などがゴルフと比べて劣っていることはトヨタも認めています。
上述した、TGNAの採用により、車体剛性の強化、低重心化を実現します。

また、現在トーションビームのリアサスペンションは、ダブルウィッシュボーン又はマルチリンクが採用される予定です。

トヨタセーフティーセンス
安全装備として、トヨタセーフティーセンスPが採用されます。
先日マイナーチェンジされたカローラに搭載されたトヨタセーフティーセンスCの上位版で、
衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
レーンディパーチャーアラート
オートマチックハイビーム
歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
レーダークルーズコントロール

が搭載されます。

詳しくはこちらからどうぞ。newsroom.toyota.co.jp

⑥カラー
・スーパーホワイトⅡ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ブラック
・シルバーメタリック
ボルドーマイカメタリック
・ライトパープルマイカメタリック
・フロスティグリーンマイカメタリック
・レッドマイカメタリック
・ダークバイオレットマイカメタリック

の9色です。

⑦価格
235万円~という設定になるようです。

プリウスPHV
プリウスPHVも、進化してフルモデルチェンジされます。
新しく記事を書きましたので、ご覧ください。

totalcar.hatenablog.com


新型プリウスPHVは、現行よりもプリウスとの差別化が図られるそうです。



プリウスの弱点として、居住性(見晴らし)と、乗り心地が常に上げられていました。
新型プリウスでは、これらを同時に解決してきます。

燃費はもちろん、文句のつけようのない数値ですが、これらの弱点も克服し、更なる進化を遂げることになります。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。