Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

ハイゼットカーゴ モデルチェンジ最新情報!発売日は2017年11月13日。価格、画像など、カタログ情報!

2017年10月18日更新

ダイハツ、ハイゼットカーゴが11月にマイナーチェンジされます。

ライバルのスズキ、エブリイと比較しながら、ハイゼットカーゴのマイナーチェンジ内容を紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

ハイゼットカーゴは、2017年11月13日です。


乗用車版、アトレーワゴンも11月13日にモデルチェンジされます。
www.bibit-modelchange.com

2.デザイン

ツイッターに、新型ハイゼットカーゴの写真が掲載されていました。

f:id:totalcar:20171013031531j:plain出典ツイッター

ずいぶん顔つきが変わりました。

大きく口を開けたようなデザインです。


f:id:totalcar:20171013031544j:plain出典ツイッター

インテリアは、収納スペースが豊富になっていることが分かります。

グレードによってインテリアにも差がつけられており、デラックス以上のグレードでは、後部座席にもヘッドレストがついています。

エブリイのインテリア

f:id:totalcar:20171013032524j:plain出典ツイッター

縦型のエアコン吹き出し口やダッシュボード上の収納スペースなど、新型ハイゼットカーゴはエブリイに似た印象です。

エブリイは、全グレードで後部座席のヘッドレストがついており、しかも使わないときは視界の妨げにならないようになっており、後部座席に座る乗員の安全性も考えられています。

3人以上で乗ることが多い場合は、エブリイを選択した方が良いかもしれません。


2. 燃費

現行ハイゼットカーゴの燃費は、17.2km/Lです。

今回はマイナーチェンジで、エンジンが新型に変わるわけではないので大きくは向上しませんが、改良や、アイドリングストップの採用で、若干燃費は向上するはずです。


新型ハイゼットカーゴの燃費は、18km/L程度になるでしょう。

エブリイの燃費

2007年から同じエンジンを採用しているハイゼットカーゴに対して、エブリイは2015年にフルモデルチェンジされており、エンジンが刷新されています。

エブリイの燃費は20.2km/Lと、新型ハイゼットカーゴを大きく上回っています。

3.荷室スペース

新型ハイエースカーゴの荷室寸法は、

荷室長1,860mm×荷室幅1,375mm×荷室高1,235mmです。

今回のモデルチェンジはマイナーチェンジなので、現行と変わりません。

エブリイの荷室スペース

エブリイの荷室寸法は、

荷室長1,910mm×荷室幅1,385mm×荷室高1,240mmです。


荷室長、荷室幅、荷室高ともにエブリイの方が大きく、荷室サイズはエブリイの勝ちです。

4.カラーラインナップ

新型ハイゼットカーゴは、ハイゼットトラックのように、カラーラインナップが豊富になるでしょう。

用意されるカラーは、

・ホワイト
・ブライトシルバーメタリック
・パールホワイトⅢ
・ブラックマイカメタリック
・ミストブルーマイカメタリック
・ライトローズマイカメタリック
・ファインミントメタリック

の7色です。

エブリイのカラー

エブリイのカラーは、

・スペリアホワイト
・シルキーシルバーメタリック
・ブルーイッシュブラックパール3

の3色だけです。

ホワイト、シルバー、ブラックと、いかにも商用バンらしい割り切ったカラーラインナップです。

5.スマートアシスト3搭載

新型ハイゼットカーゴには、スマートアシスト3が搭載されます。


スマートアシスト3

・4km/h~100km/hで作動する自動ブレーキ(歩行者対応)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

軽乗用車と同等の機能が搭載されます。

スマートアシスト3が搭載できるのは、AT車のみとなります。

エブリイに予防安全機能は

エブリイには、レーダーブレーキサポートと呼ばれる予防安全機能が搭載されています。

レーダーブレーキサポートの機能は、
・5km/h~30km/hで作動する自動ブレーキ(歩行者非対応)
・誤発進抑制機能
・エマージェンシーストップシグナル

となています。


エブリイは、軽キャブバンとしては初の自動ブレーキ搭載車でしたが、ハイゼットカーゴにスマートアシスト3が搭載されることで、予防安全性能はハイゼットカーゴの方が大きく上回ります。

ただし、エブリイも対抗してデュアルセンサーブレーキサポートを搭載してくることが予想されます。

6.価格

新型ハイゼットカーゴの予想価格は、

スペシャル・・・95万円~
スペシャルクリーン・・・105万円~
デラックス・・・106万円~
クルーズ・・・115万円~
クルーズターボ・・・125万円~

です。


スマートアシスト3は、約6万円で搭載することができるでしょう。

エブリイの価格

エブリイの価格は、

GA・・・92万円~
PA・・・92万円~
PC・・・101万円~
JOIN・・・110万円~
JOINターボ・・・120万円~

なので、全体的にハイゼットカーゴの方が数万円高くなりそうです。

7.総括

ハイゼットカーゴは、現行型が発売されて10年以上経過しているので、フルモデルチェンジが待ち望まれていましたが、今回もマイナーチェンジとなりました。

ライバルのスズキ、エブリイが2015年にフルモデルチェンジされているので、荷室の広さや燃費などでは遅れを取っています。

今回は、スマートアシスト3の採用で予防安全性能がクラスNo1になる。ということをアピールしていくことになるでしょう。

また、カラーラインナップ豊富になることで、女性オーナーに対してもアピールできるかと思います。

8.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。