Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

エスクァイア マイナーチェンジ 2016 エスクァイア 特別仕様車も1月6日発売!

トヨタエスクァイアのマイナーチェンジが間もなく実施されます。

目玉機能であるトヨタセーフティセンスCの性能を、ライバル車である、ホンダ、ステップワゴンと比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク


ちなみに、日産、セレナとの比較は、こちらでしていますので、こちらをご覧ください。

totalcar.hatenablog.com

①発売日
2016年1月6日です。


②デザイン
エスクァイアは、ノア・ヴォクシーとことなり、1タイプのみです。
マイナーチェンジ後も変わりません。

f:id:totalcar:20151121140331j:plain


トヨタセーフティセンスC
自動ブレーキとレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームがセットになったトヨタセーフティセンスCが搭載されます。

ライバル、ステップワゴンのホンダセンシングと比較してみましょう。

・自動ブレーキ
トヨタセーフティセンスC・・・10km/h~80km/hで作動。 30km/h以下で衝突回避。
歩行者に対しては作動無し。

ホンダセンシング・・・5km/h以上。歩行者に対しては5km/h~80km/h。

・車線逸脱警報
トヨタセーフティセンスC・・・音とディスプレイで警告します。
ホンダセンシング・・・警告に加え、車線を維持するよう、ステアリングを補助します。

・オートマチックハイビーム
トヨタセーフティセンスCのみ搭載

ブレーキや車線逸脱に関しては、ホンダセンシングの方が優秀ですね。

あとは、トヨタセーフティセンスCが5万円程度であるのに対し、ホンダセンシングは10万円程度と、価格に差があります。


特別仕様車
マイナーチェンジと同時に、特別仕様車が設定されます。
ブラックテーラードと言い、ブラック基調のデザインが特徴となります。

デザイン面では、
フロントグリルがダークメッキに。
ドアトリム等のピンクゴールド加飾
天井、ピラーカバーがブラックに。
専用カラー、アイスチタニウムマイカメタリックも用意されます。

装備の面では、
LEDフォグランプ
リアオートエアコン

が装備されます。




スポンサーリンク



※新型エスクァイアの契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。