Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

新型 レクサスIS フルモデルチェンジ時期は、2019年?発売日、内装、外装、スペック、価格など、カタログ予想情報!

2018年7月30日更新

レクサスISのフルモデルチェンジが、2019年頃にも実施されるようです。

今回は、ライバルのメルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4と比較しながら紹介していきましょう。

スポンサーリンク



2019年にフルモデルチェンジ?

レクサスISは、2019年~2020年にもフルモデルチェンジされるといわれています。

新型レクサスISは、新しいプラットフォームの採用、新しいデザイン言語などが採用されるでしょう。
早速、紹介していきましょう。

1.エクステリア(外装)

新型レクサスISのエクステリアデザインは、最近のレクサスのデザインにならって、より上質な印象になるでしょう。

これまでのレクサスでは、スピンドルグリル内には横のラインが入っていましたが、新型ISでは、縦のラインに変更されることになるでしょう。

個人的には、縦のラインの方がより上品に見えます。


Fスポーツも、メッシュがよりきめ細かくなるでしょう。


2.インテリア(内装)

これまでのレクサスのデザインは、直線的で、BMWを意識しているのかな?と思わせるようなデザインでした。

最近のレクサスのインテリアは、直線的ながらも曲線やシャープさを取り入れており、新しい次元に入ったということができます。

現行レクサスISのインテリア
f:id:totalcar:20180730164222j:plain出典https://newsroom.toyota.co.jp/jp/download/17650977

新型レクサスESのインテリア
f:id:totalcar:20180730164311j:plain出典https://newsroom.toyota.co.jp/jp/lexus/22289689.html

新型レクサスISのインテリアデザインも、適度に曲線が取り入れられ、スタイリッシュに仕上げられるでしょう。


3.パワートレイン

新型レクサスISには、2.0Lターボエンジン、2.5Lハイブリッドと、2.5L級のターボエンジンが搭載されるでしょう。

それにともなって、3.5LのNAエンジンは廃止されるでしょう。

【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・245ps/5200-5800rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1650-4400rpm


【2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・184ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・3800-5400rpm
モーター最高出力・・・143ps
モーター最大トルク・・・30.6kgm


【2.5Lターボ】
最高出力・・・300ps程度
最大トルク・・・40kgm程度


2.0Lターボと、2.5Lハイブリッドは、新型クラウンと同じ出力になるでしょう。

レクサスLS、新型クラウンに搭載されている3.5Lマルチステージハイブリッドは、今のところ搭載されないようです。


4.新プラットフォーム採用

新型レクサスISには、レクサスLSに採用されたTNGAの思想に基づいた新プラットフォーム、GA-Lプラットフォームが採用されるでしょう。

新型クラウンと同じく、少し全長が短くされた「ナロー」モデルが採用されるはずです。

レクサスLS、新型クラウンともに、走りがとても良くなったと評価が高いこのプラットフォームなので、新型レクサスISも走りは良くなることでしょう。


クラウンは、のんびり快適に走りたい。という声も多いため、ちょっと固めの足回りになったことで賛否両論ありますが、レクサスISは、インテリジェントスポーツですから、この新プラットフォームは、レクサスISにこそふさわしいものと思います。

5.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


2016年10月、マイナーチェンジ

1.発売時期

レクサスISのマイナーチェンジは、2016年10月26日の予定です。

2.デザイン

最近のレクサスのデザインが盛り込まれたものになります。

f:id:totalcar:20180730164444j:plain出典https://newsroom.toyota.co.jp/jp/download/17650977

f:id:totalcar:20180730164451j:plain出典https://newsroom.toyota.co.jp/jp/download/17650977

レクサスISの購入理由で最も多かったのが、「デザイン」だそうです。
これまで以上にアグレッシブなデザインに仕上がっています。

インテリアでは、マルチマディアディスプレイが10.3インチに拡大されました。

このクラスのライバルたちは、それぞれアイデンティティがはっきりしています。
レクサスも、スピンドルグリルをより協調させ、歴史は浅いですがスピンドルグリルをレクサスのアイデンティティとして確立していきます。

ベンツCクラス
f:id:totalcar:20180730164639p:plain出典https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/c-class/c-class-sedan/explore/designandquality-gallery-WS205.module.html

BMW3シリーズ
f:id:totalcar:20180730164745j:plain出典https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/sedan/2015/images-and-videos.html

アウディA4
f:id:totalcar:20180730164819j:plain出典https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4/exterior.html

3.パワートレイン

これまでと同様、IS200t、IS250、IS350、IS300hがラインナップされます。

IS200tは、
最高出力・・・245ps/5,800rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1,650-4,400rpm

IS250は、
最高出力・・・215ps/6,400rpm
最大トルク・・・26.5kgm/3,800rpm

IS350は、
最高出力・・・318ps/6,400rpm
最大トルク・・・38.7kgm/4,800rpm

IS300hは、
<エンジン>
最高出力・・・178ps/6,000rpm
最大トルク・・・22.5kgm/4,200-4,800rpm

<モーター>
最高出力・・143ps
最大トルク・・・30.6kgm

です。

出力など、特に変更はありません。

4.質感

新型レクサスISでは、インテリアの質感が向上します。

このクラスでは、メルセデス・ベンツCクラスが質感を大きく向上させたことで知られています。

ライバル達に負けない、レベルの高い質感を実現します。

先程も紹介しましたが、こちらのインテリア画像。
f:id:totalcar:20160426093559j:plain

カーナビが10.3インチの大画面になります。

ダッシュボード周りにもアルミが使用されており、質感がアップしています。

5.価格

価格は、若干上がると言われていますが、大きく価格帯を外れるような値上げにはなりません。

IS200tで460万~510万円
IS250で480万~570万円
IS300hで500万円~600万円
IS350で550万~600万円

といった価格帯になるでしょう。

6.安全性

Lexus Safety System +が搭載され、より高い予防安全性能となります。

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・アダプティブハイビームシステム
・レーダークルーズコントロール

が標準装備になります。



スポンサーリンク



※レクサスISの契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。