Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

コペン クーペ 発売予定は?限定200台で発売!価格はいくら?応募方法、抽選方法は?新型 コペン マイナーチェンジ、カタログ予想情報!

2018年12月23日更新

ダイハツ、コペンに、クーペが追加投入されました。

今回は、コペンクーペと、マイナーチェンジの情報を、ライバルの、ホンダS660と比較しながら、新型コペンのモデルチェンジ予想情報を紹介します。

スポンサーリンク


コペンクーペ情報

1.発売日、発表

ダイハツは、2018年12月19日、COPENに何かが起こる!というティザーサイトを開設しています。

copen.jp

【追記】
12月19日、予想通りコペンクーペが発表されました。

応募方法、抽選方法

コペンクーペは、限定200台の発売となっており、200台分以上の応募が集まった場合は、抽選となります。

抽選になるのは確実でしょうから、応募方法と、抽選方法を紹介しておきます。


【購入までの流れ】
2019年1月11日14時~2月11日18時までの間に、商談権申し込みページから、商談権を申し込みます。

200件以上の申し込みがあった場合は、2月中旬に抽選が実施されます。

当選した場合、近くのダイハツのお店から連絡が入ります。落選した場合は、キャンセル待ちとなります。

当選した場合は、そのまま商談が成立すれば、購入となります。

キャンセルが発生した場合、キャンセル待ちの人の中から商談権が当たる可能性があります。


限定200台ととても少ないので、結構倍率が高くなりそうですね。


2.デザイン

コペンクーペは、東京オートサロンで公開されており、これがほとんどそのままのデザインで発売されました。


f:id:totalcar:20181223180404j:plain
出典https://coupe.copen.jp ”

リヤに三角窓が追加されており、トランク部分までつながったクーペスタイルとなっています。

コペンクーペは、ルーフは開閉せず、オープンカー仕様にはできなくなっていたはずです。(うろ覚えですが)

オープンの開放感を味わうことはできませんが、このデザインは新鮮ですね。

通常のコペンよりは、荷物もたくさん置くことができそうです。


3.価格は?

コペンクーペの価格は、ベース車両よりも50万円ほど高く、250万円程度となっています。

ブリティッシュグリーンマイカのカラーが、248万円~

パールホワイトⅢのカラーが、250万円~となっています。

わずか200台のために専用のクーペボディを作るわけですから、これくらい高くしないと採算が取れないのでしょう。

それでも、手が届かないほどの価格ではないので、たくさん応募が集まりそうですね。


マイナーチェンジ情報

1.発売時期

新型コペンの発売時期は、2018年末ごろになるでしょう。

現行コペンは2014年6月に発売されているので、4年ほどでのマイナーチェンジということになります。


2.デザイン

現行コペンは、力強いデザインのコペンローブ、愛らしいデザインのコペンセロ、着せ替えができる、遊び心満載のXPLAYの3タイプが用意されています。

コペンローブ

f:id:totalcar:20180606005846j:plain
出典https://www.daihatsu.co.jp/ ”


コペンセロ

f:id:totalcar:20180606005853j:plain
出典https://www.daihatsu.co.jp/ ”


XPLAY

f:id:totalcar:20180606005901j:plain
出典https://www.daihatsu.co.jp/ ”

マイナーチェンジ後も、この3タイプのラインナップに変更はないでしょう。


それぞれ、デザインが少々変更されるでしょう。

どんなデザインになるかは、まだ分かりません。


3.自動ブレーキ搭載

新型コペンには、自動ブレーキをはじめとした予防安全パッケージ、スマートアシスト3が搭載されるでしょう。


スマートアシスト3の機能を紹介します。

・衝突警報、自動ブレーキ機能
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム


タントやムーヴに搭載されているものと同じ機能になると思います。

なお、スマートアシスト3は、AT車にのみ設定されるでしょう。



今現在、ホンダのS660には、自動ブレーキなどの予防安全機能は搭載されていないので、予防安全性能では大きくリードすることになります。

S660も、マイナーチェンジでホンダセンシングが搭載されるとみられており、そうなれば、ホンダセンシングの方が高性能だということになりそうです。


4.走り

新型コペンは、ボディや足回りが強化され、走りも磨き上げられるでしょう。

具体的には、スポット溶接の追加、サスペンション、ダンパー、ブレーキの改良により、より、キビキビと走れるような車になるはずです。

今のところ、走りの評判はS660の方が高いので、S660の走りにどれだけ近づけられるのかにも注目です。


5.価格

新型コペンの価格は、現行からそれほど変わらないでしょう。

現行コペンの価格は、コペンローブが、185万円~、コペンセロが190万円~です。


軽自動車としてはかなり高い方ですが、S660の198万円~に比べれば、安く抑えられています。


6.総括

コペンとS660は、常に比較される存在でありますが、走りではS660が。使い勝手ではコペンの方が良い。という評価です。

マイナーチェンジによって走りが強化されれば、使い勝手もソコソコ良い軽スポーツカーとして、コペンの人気がより高まるのではないでしょうか。


最近ではあまり話題になりませんが、コペンは、着せ替えができるという点も大きなセールスポイントです。

できることなら、もう少し気軽に着せ替えができるようになればいいな。と思うところでもあります。

しかし、ボディ外板が走行中に取れたりすることがあってはいけないので、なかなか難しいのでしょうね。


7.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。