Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  新型クラウン 新型カローラ
RAV4 フォレスター  新型タント 

新型アコード 2018年モデル 画像、サイズ、スペック、価格などカタログ情報!新型カムリと比較!

2017年12月15日更新

ホンダから、2018年モデルとなる新型アコードが発表されました。

今回は、ライバルの新型カムリと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

新型アコードの日本発売日は、2018年初頭になるでしょう。


新型カムリは、2017年7月に発売されたばかりです。新型同士のガチンコ勝負となります。(主戦場はアメリカですが)

新型アコードは、アメリカでは2017年10月に発売されており、真っ向勝負中です。

2.デザイン

新型アコードのデザインは、ルーフ後部がゆるやかに落ちていく、クーペ風に生まれ変わりました。

f:id:totalcar:20170716143533j:plain出典:ホンダHP

f:id:totalcar:20170716143539j:plain出典:ホンダHP

f:id:totalcar:20170716143545j:plain出典:ホンダHP

新型カムリのデザイン

新型カムリも、先代と比べると、少しクーペ風のルーフの形となりましたが、アコードほどではありません。

f:id:totalcar:20170716143810j:plain出典:トヨタHP


インテリアは、カムリの方が今風なイメージです。

f:id:totalcar:20170716143827j:plain出典:トヨタHP

スポンサーリンク



3.サイズ

新型アコードは、先代よりも長さは短く、幅広く、高さは低くなりました。

新型アコードのサイズは、全長4,935mm×全幅1,860mm×全高1,450mmです。

先代比、全長-10mm、全幅+10mm、全高-15mmです。

新型カムリのサイズ

新型カムリも、先代よりも大きくなりました。

新型カムリのサイズは、全長4,885mm×全幅1,840mm×全高1,445mmです。


こうして比べてみるとカムリの方が少し小さいですが、どちらもアメリカンサイズなので、日本で走らせるには少し大きいですね。

4.パワートレイン

新型アコードには、従来の2.0Lハイブリッドに加え、1.5Lのターボエンジンと、2.0Lのターボエンジンが投入されるでしょう。

1.5Lターボエンジンのスペックは、
最高出力・・・194.7ps/5500rpm
最大トルク・・・26.6kgm/1500-5500rpm

です。


2.0Lターボエンジンのスペックは、
最高出力・・・255.5ps/6500rpm
最大トルク・・・36.7kgm//1500-4000rpm


2.0Lハイブリッドは、基本的なシステムは変わりませんが、燃費が若干向上するでしょう。

2.0Lハイブリッドのスペック
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm

モーター最高出力・・・184ps/5000-6000rpm
モーター最大トルク・・・321ps/0-2000rpm

システム最高出力・・・199ps


ターボエンジンの投入はどうなるか不透明でしたが、シビックの好調を受けて、販売する方向で動いているようです。

新型カムリのパワートレイン

新型カムリは、ハイブリッドモデルのみの販売です。

エンジン最高出力・・・178ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.5kgm/3600-5200rpm

モーター最高出力・・・120ps
モーター最大トルク・・・20.6kgm

システム最高出力・・・211ps


ハイブリッド同士を比べると、システム出力はカムリの方が上ですが、実際の加速感は現行アコードの方が上なので、新型でも同様になりそうです。

2,0Lターボのパンチのある加速も体感してみたいです。

予防安全性能

新型アコードにもホンダセンシングが搭載され、その機能は現行と同じとなるでしょう。


ホンダセンシングの機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故軽減ステアリング
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

カムリの予防安全性能

カムリには、トヨタセーフティセンスPが搭載されています。

機能は、以下のとおりです。
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

これに加え、インテリジェントクリアランスソナーを追加すれば、後退時の自動ブレーキや、車両接近警報機能もつきます。


細かい機能はホンダセンシングの方が多いですが、主要な機能の性能は同程度です。


5.価格

新型アコードの価格は、

1.5Lターボ車・・・310万円
2.0Lターボ車・・・360万円
2.0Lハイブリッド車・・・390万円

くらいになるでしょう。

カムリの価格は

カムリの価格は、329万円~です。


現行と同じく単純に価格だけを比べると、アコードの方がずいぶん高く見えますが、装備を考えると同程度。という感じになるでしょう。


6.総括

アコード、カムリ共に日本ではあまり見かけない車ですが、アメリカでは主力車種であり、相当力を入れて開発してきています。

日本国内での動向よりも、アメリカでの販売に注目したいところです。


7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。