Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

アクアと、ヴィッツを、比較!違いは?どっちが良い車?燃費、広さ、大きさ、価格差、ハイブリッドシステムなど

2018年8月26日更新

コンパクトカーとして人気の、アクアと、ヴィッツ。

どちらもトヨタの車なのですが、2017年にヴィッツにハイブリッドが追加されてからは、比較検討する方が多くなってきました。

同じくらいのサイズの車同士ですが、アクアはハイブリッド専用車として開発された経緯から、ヴィッツとは色々と違う部分もみられます。

今回は、アクアとヴィッツの、燃費、広さ、大きさ、価格差など、違いを比較してみましょう。

スポンサーリンク


1.大きさを比較

まずは、アクアとヴィッツの、ボディの大きさを比較してみましょう。

アクアの大きさ

アクアのボディサイズは、全長4,050mm×全幅1,695mm×全高1,455mmです。

アクアは、ハイブリッド専用車として燃費を極限まで高めるため、全高が低く抑えられています。

全高を低くすることで、空気抵抗を減らすことができて、燃費の向上につながるというわけです。


最小回転半径は4.8mと、コンパクトカーとして標準的な数値です。

ヴィッツの大きさ

ヴィッツのボディサイズは、全長3,945mm×全幅1,695mm×全高1,500mmです。

アクアよりも全長は105mm短く、全高は45mm高くなっています。

ヴィッツは、アクアほど燃費に特化したスタイルではないので、全高もコンパクトカーとして普通の高さとなっています。


最小回転半径は4.5mと、コンパクトカーの中でも小回りが効く方です。


2.広さを比較

続いて、アクアとヴィッツの車内の広さを比較してみましょう。

アクアの車内の広さ

アクアの室内寸法は、室内長2,015mm×室内幅1,395mm×室内高1,175mmです。

アクアは、空気抵抗を減らすために全高が低く抑えられているので、室内高も低めとなっています。

さらに、こちらも空気抵抗を減らすため、フロントガラスが結構寝ています。

そのため、運転席に座った時、結構圧迫感を感じる方も多いのではないかと思います。

ヴィッツの車内の広さ

ヴィッツの室内寸法は、室内長1,920mm×室内幅1,390mm×室内高1,240mmです。

アクアよりも室内長は95mm短く、室内幅は5mm狭く、室内高は65mm高くなっています。

アクアとヴィッツを乗り比べてみれば分かると思いますが、室内長の95mmの差よりも、室内高の65mmの差の方が大きく感じます。

ほとんどの人が、ヴィッツの方が広いと感じるはずです。


特に、背の高い男性だと、シートポジションによっては髪の毛が天井に触れてしまう方もいるかもしれません。

アクアとヴィッツの最大の違いは、室内の広さだと言っても過言ではありません。

一度乗り比べてから検討することをおすすめします。


3.ハイブリッドシステム

2011年に発売されたアクアに大して、2017年に新しく設定されたヴィッツハイブリッドですが、ハイブリッドシステムはヴィッツの方が新しいということはなく、どちらも同じです。

アクアのハイブリッドシステムを、ヴィッツにそのまま載せた。という表現が正しいでしょうか。

一応、全く同じではなく少々改良されている部分もあり、フリクションの低減などがされているようです。


搭載されているのは、1.5Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムです。

【1.5Lハイブリッドシステム】
エンジン最高出力・・・74ps/4800rpm
エンジン最大トルク・・・11.3kgm/3600-4400rpm
モーター最高出力・・・61ps
モーター最大トルク・・・17.2kgm

システム出力は100psと、特別パワフルということはありませんが、低速から太いトルクが出るおかげで、低速域での加速は結構パワフルに感じます。

高速道路でも、普通に走っている分には十分なパワーです。


4.燃費を比較

どちらも同じハイブリッドシステムを搭載しているのですが、カタログ燃費が少し

アクアとヴィッツの、燃費を比較してみましょう。

アクアの燃費

アクアのカタログ燃費は、最良グレードで38.0km/L、量販グレードで34.4km/Lです。

実燃費は、24km/L程度というデータが多くなっています。

カタログ燃費と比べると少し乖離が大きいですが、十分に低燃費ですね。

ヴィッツの燃費

ヴィッツのカタログ燃費は、全グレードで34.4km/Lです。

実燃費は、25km/L程度というデータが多くなっています。


アクアのカタログ燃費が最も良いグレードは、装備を省略して軽量化して、カタログ燃費を向上させるのに特化したグレードです。

その他のグレードに関しては、燃費はほぼ同じと思って差し支えないでしょう。


5.乗り心地を比較

アクアとヴィッツの乗り心地は、正直言って、同じようなものです。

どちらもトヨタのコンパクトカーですから、似たような乗り心地で当然といえば当然ですね。


どちらかというと、アクアの方が乗り心地は固め、ヴィッツの方が少し柔らかめで、ヴィッツの方が乗り心地が良いかな。とは思います。

また、ヴィッツのガソリン車とハイブリッド車の比較なら、ハイブリッド車の方が結構乗り心地がよく感じます。

これは、ハイブリッド車の方が重量が重いことと、静かで快適に感じるということが関係しているかと思います。


また、あまりこういった乗り方をする人はいないと思いますが、峠やコーナーを攻めるような乗り方をするなら、アクアの方が重心が低く少し固めなので、向いているのかな。と思います。


総合的には、乗り心地でどちらかに決めるというほどの差はありません。


6.価格を比較

最後に、アクアとヴィッツの価格を比較してみましょう。

ヴィッツはハイブリッド車のみ比較します。

アクアの価格

アクアの価格は、以下のようになっています。

L・・・178万5,240円
S・・・188万6,760円
G・・・205万2,000円
クロスオーバー・・・205万2,000円
GRスポーツ・・・232万2,000円

量販グレードは、総額220万円程度で購入することができます。

ヴィッツハイブリッドの価格

HYBRID F・・・181万9,800円
HYBRID U・・・207万6,840円
HYBRID Jewela・・・197万3,160円
HYBRID GRスポーツ・・・231万8,760円


どちらも180万円~230万円という価格帯でほぼ同じ価格であるということがわかります。


アクアとヴィッツは、どちらも同じハイブリッドシステムを搭載し、価格帯も近く、とても似た車です。

どちらか選ぶなら、デザインと、室内の広さを中心に比べると良いでしょう。


7.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。