Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

アテンザ マイナーチェンジ2016 発売日は8月25日。マイナーチェンジの評価は?

マツダのアテンザがマイナーチェンジされます。

今回は、新型アテンザの変更点とその評価をみていきましょう。

スポンサーリンク



1.発売日

アテンザのマイナーチェンジは8月25日に実施されます。

2.デザイン

エクステリアのデザインはさほど変わりません。
サイドミラーの形が若干変わる程度です。


鼓動デザインの完成度が高いためでしょう。

あまり変わらないエクステリアに対して、インテリアのデザインは、大きく変わります。

一番大きいのは、天井トリムがブラックになることでしょう。
面積が広いため、イメージが大きく変わります。

各所にシルバー加飾が追加されるなど、質感の向上も図られています。

また、Lパッケージのレザーシートには、ナッパレザーが採用されます。

ナッパレザーとは、アメリカのNapa地域で作られている革という意味です。
柔軟かつ強靭なことが特徴で、ベンツやBMWなど、プレミアムブランドに多く使用されています。

ステアリングホイールのデザインも、先日マイナーチェンジされたアクセラと同様のものに変更されます。


このインテリアデザインは、おおむね好評のようですね。

3.ナチュラルサウンドスムーザー

新型アテンザのディーゼル車には、ナチュラルサウンドスムーザーが搭載されます。

ナチュラルサウンドスムーザーは、ディーゼルエンジンのカラカラ音を低減するもので、CX-3、デミオに搭載されており、新型アクセラにも搭載されるものです。

ナチュラルサウンドスムーザーは、デミオやCX-3、アクセラなど各車に搭載されていますが、明らかに静かになったと、おおむね好評です。

4.Gベクタリングコントロール

新型アテンザには、Gベクタリングコントロールが搭載されるようです。

Gベクタリングコントロールとは、エンジン出力を調整することでコーナリングをスムーズに行うためのものです。

エンジンでシャシー性能を高める!! マツダの「G ベクタリング コントロール」 - Car Watch

www.mazda.co.jp

アクセラにも搭載されているGベクタリングコントロールの評価を見てみると、よく分からない。といった声が多いように感じます。
中には、よく分からないから、この機能をなくしてその分安くして。との声も。

5.安全性能

アテンザの自動ブレーキ性能は、4~30km/hという、車格に見合わない低性能なものでした。

新型アテンザでは、CX-3などに搭載されている、15km/h以上全域で作動する高性能なものになるといわれています。

また、歩行者検知機能も搭載されます。

6.その他

上位グレード、Lパッケージでは、フロントガラスに遮音ガラスが採用され、静粛性がアップします。
また、ワンタッチオートウインドウが採用されます。

また、カラーヘッドアップディスプレイも採用されます。

7.価格

新型アテンザは、Lパッケージの質感、快適性が向上することにともなって、Lパッケージの価格のみアップします。

その他のグレードの価格は据え置きです。

20S・・・2,764,800円
20S PROACTIVE・・・2,867,400円

25S Lパッケージ・・・3,364,200円

XD・・・3,175,200円
XD PROACTIVE・・・3,277,800円
XD Lパッケージ・・・3,774,600円

です。

8.総括

アテンザのマイナーチェンジ内容は、7月に先にマイナーチェンジされるアクセラに準ずるものとなっています。

主に、快適性や走行性能の部分が改良されるようですね。

パワートレイン、燃費などに変更はありません。

あとは、マツダコネクトの操作性が向上しているようなので、その点にも注目ですね。

スポンサーリンク



※アテンザ契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。