Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

アウディA8 新型 日本発売日は、2017年末!画像スクープ、価格は1200万円程度に。自動運転レベル3搭載!

2017年7月14日更新

アウディA8、S8が、2017年7月にフルモデルチェンジされます。

今回は、ライバルのフラッグシップセダン、メルセデス・ベンツSクラス、BMW7シリーズ、レクサスLSと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク


1.日本発売日

アウディA8のワールドプレミアは、2017年7月ですが、日本発売は、2017年末頃となります。

東京モーターショーで、日本仕様が公開されるでしょう。

2.デザイン

新型アウディA8のデザインは、アウディ伝統のシングルフレームグリルがより大きくなり、迫力、高級感のあるデザインになります。

f:id:totalcar:20170714160325j:plain

f:id:totalcar:20170714160335j:plain

f:id:totalcar:20170714160403j:plain

インテリアでは、液晶モニタが積極的に使われており、カーナビの部分の他に、メーター部分、エアコン操作パネル部も液晶となっています。

搭載エンジン

新型A8に搭載されるエンジンは、

V6、3.0Lガソリンエンジン・・・最高出力340ps
V8、4.0Lガソリンエンジン・・・最高出力460ps
V12、6.0Lエンジン・・・最高出力不明

V6、3.0Lディーゼルエンジン・・・最高出力285ps
V8、4.0Lディーゼルエンジン・・・最高出力435ps

の5種類のエンジンがラインナップされます。

ライバル車の搭載エンジンは

ベンツSクラスには、
3.0Lハイブリッド・・・最高出力204ps+27ps
3.5Lハイブリッド・・・最高出力306ps+27ps
4.6Lガソリン・・・最高出力455ps
6.0Lガソリン・・・最高出力530ps
5.5Lツインターボ・・・最高出力585ps
6.0Lツインターボ・・・最高出力630ps

の6種類が。


BMW7シリーズには、
3.0Lガソリン・・・最高出力326ps
4.4Lガソリン・・・最高出力450ps
6.6Lツインターボ・・・最高出力610ps

ベンツやBMWに比べると、控えめです。


これから発売される新型レクサスLSには、
3.5Lツインターボ・・・最高出力421ps
3.5Lハイブリッド・・・システム最高出力359ps

の2種類がラインナップされます。

スポンサーリンク



3.乗り心地

新型アウディA8には、究極の乗り心地を実現する、「フルアクティブサスペンション」というサスペンションが採用されます。


フルアクティブサスペンションの仕組みは、フロントカメラで前方の道路状況を検知。4つのホイール内にそれぞれモーターが内蔵されていて、モーターからつながるギアなどを通してサスペンションを制御し、車体の揺れを極限まで抑えることができる。というものです。


理論上は、揺れをゼロにすることができる。ということです。

ライバル車の乗り心地は

このクラスの車は、どれも乗り心地を追求していますが、メルセデス・ベンツSクラスが頭一つ抜けています。

Sクラスには、マジックボディコントロールというシステムが搭載されています。

マジックボディコントロールは、フロントカメラで道路の凹凸を検知し、四輪の油圧の調整、減衰力の調整を行い、フラットな乗り心地を実現する。というものです。

アウディのように4つのホイール内にモーターが搭載されているわけではないので、新型A8の方がよりフラットな乗り心地が実現されそうです。


レクサスLSのサスペンションは、普通のエアサスで、BMW7シリーズは、バネサスとエアサスがあります。

4.自動運転

新型A8には、高速道路上で「レベル3」に相当する自動運転機能が搭載されます。

レベル3とは、基本的にはシステムが全て運転を担当し、システムからの要請があった時のみ、人間が運転する。というシステムです。

恐らく、このA8がレベル3を実現するはじめての車となるでしょう。

ライバル車の自動運転レベルは

メルセデス・ベンツSクラスの自動運転は、「レベル2」に相当するものです。

高速道路での車線変更もすることはできますが、基本的には運転手が監視しておく必要があります。


BMW7シリーズには、低速時のみレベル2の自動運転をすることができます。

レクサスLSには、自動運転と呼べる機能は搭載されていません。レーダークルーズコントロールと、レーンキープアシストによって、自動運転に準ずるようなことができる程度です。


アウディA8の自動運転も、各国の規制という問題があるので、当面は、実質レベル2相当になりそうです。

5.価格

新型アウディA8の価格は、1,200万円程度になります。

ライバル車の価格は

メルセデス・ベンツSクラスの価格は998万円~

BMW7シリーズの価格は1192万円~

レクサスLSの価格は854万円~


なので、新型A8は、クラス最高値となります。

最近のアウディは、強気な価格設定が目立ちます。

6.総括

新型アウディA8は、フルアクティブサスペンションや、自動運転機能など、最新の技術がふんだんに盛り込まれます。

一方で気になるのが、レクサスLSです。レクサスLSは、2017年にフルモデルチェンジされますが、自動運転機能などは搭載されず、技術的な遅れが目立ちます。

今や、ハイブリッドやプラグインハイブリッドは、海外メーカーも普通に販売する時代になりました。

今後のトヨタの技術開発にも期待したいところです。

7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。