Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

アクセラ マイナーチェンジは2016年7月14日。画像入手!価格も判明!

マツダ、アクセラマイナーチェンジされました!

今回のマイナーチェンジは、メーカーも「大幅改良」と謳っています。
ライバルのインプレッサスポーツ、オーリスと比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク



1.発売日

新型アクセラの発売日は、2016年7月14日です。

現行アクセラは既に生産を終了しており、新型の先行注文を受け付けています。

話題の1.5Lディーゼル車は8月に発売予定です。

2.デザイン

デザインは、グリルの大きさが若干拡大され、フォグランプ周りのデザインも変更されます。

鼓動デザインが特徴的です。

f:id:totalcar:20160714143210j:plain

f:id:totalcar:20160714143218j:plain

f:id:totalcar:20160714143222j:plain

f:id:totalcar:20160714143227j:plain

インテリア
f:id:totalcar:20160714143253j:plain

22XDには、電動パーキングブレーキが採用されます。

インプレッサは、ヘキサゴングリルが特徴的ですね。
f:id:totalcar:20160509170927j:plain

オーリスは、キーンルックが特徴的です。
f:id:totalcar:20160623205628j:plain

3.パワートレインの変更

これまでの直4、2.0Lエンジンに代わり、1.5Lディーゼルエンジンが搭載されます。

デミオやCX-3にも搭載された、SKYACTIV-D 1.5です。

SKYACTIV-D 1.5のスペックは、

最高出力 105ps
最大トルク 27.5kgm

です。

アクセラのエンジンラインナップは、

1.5Lガソリンエンジン

最高出力 111ps
最大トルク 14.7kgm

1.5Lディーゼルエンジン

最高出力 105ps
最大トルク 27.5kgm

2.2Lディーゼルエンジン

最高出力 174ps
最大トルク 42.8kgm

1.8Lハイブリッド
エンジン

最高出力 99ps
最大トルク 14.5kgm

モーター

最高出力 82ps
最大トルク 21.1kgm

ガソリン車よりもディーゼル車の比率の方が高くなるかもしれませんね。

ライバル、インプレッサは、
1.6Lガソリンエンジン

最高出力 115ps
最大トルク 15.1kgm

2.0Lガソリンエンジン

最高出力 150ps
最大トルク 20.0kgm

インプレッサファミリーには、300馬力オーバーのWRX S4と、WRX STIもありますが、突き抜けていてアクセラと比較する人は少ないかと思いますので、省きます。

オーリスは、1.5Lガソリンエンジン、1.8Lガソリンエンジン、1.2Lターボエンジン、1.8Lハイブリッドと、豊富なラインナップが魅力です。

1.5Lガソリンエンジン

最高出力 108ps
最大トルク 13.9kgm

1.8Lガソリンエンジン

最高出力 143ps
最大トルク 17.6kgm

1.2Lターボエンジン

最高出力 116ps
最大トルク 18.6kgm

1.8Lハイブリッド
エンジン

最高出力 99ps
最大トルク 14.5kgm

モーター

最高出力 82ps
最大トルク 21.1kgm

ハイブリッドシステムは、トヨタが供給しているため、アクセラハイブリッドと同じですね。

4.ディーゼルエンジンの改良

ディーゼルエンジンには、改良も加えられます。

・DE精密加給制御
過給圧の制御を最適化し、より細かな燃料噴射を可能にしたことで、エンジンのトルク応答をより緻密にコントロール。
アクセル操作に対するクルマの反応がやや遅れてしまっていた軽負荷領域においても、ドライバーの意思に沿った一体感のある走りを実現。

・ナチュラルサウンドスムーザー
周波数帯3.6kHz付近のノック音の原因である燃焼時のピストンとコネクティングロッドの振動を減衰させるピストンピンに組み入れたダンパー。

・ナチュラルサウンド周波数コントロール
周波数帯1.3kHz、1.7kHz、2.5kHz付近で発生するノック音は、エンジン加振力と構造系共振のピークが重なる事で増幅していることが判明。
燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御し、エンジン加振力を構造系共振と逆位相にさせ、ノック音を低減。

5.価格

グレードの名称が、TouringからPROACTIVEに変わります。
新しく追加される1.5Lディーゼル車の価格は
15XD・・・230万円
15XD PROACTIVE・・・243万円
15XD Lパッケージ・・・269万円

です。

現行2.0Lガソリン車よりも若干高くなりますが、ほぼ同じ価格です。

その他のグレードの価格は、
15C・・・176万円
15S・・・192万円
15S PROACTIVE・・・213万円

22XD PROACTIVE・・・278万円
22XD Lパッケージ・・・308万円

HYBRID-C・・・247万円
HYBRID-S PROACTIVE・・・265万円
HYBRID-S Lパッケージ・・・287万円

インプレッサスポーツは159万円~263万円

オーリスは173万円~283万円です。

価格帯はどれも同じようなものです。

6.燃費

新しく追加される1.5Lディーゼル車の燃費は、21.6km/Lです。

セダンのハイブリッド車を除くと、ラインナップの中で最も低燃費ですが、2.2Lディーゼル車とほとんど同じ燃費ですね。

その他のモデルの燃費は変わりません。
1.5Lガソリン車・・・20.4km/L
2.2Lディーゼル車・・・21.4km/L
ハイブリッド車(セダンのみ)・・・30.8km/L

7.安全機能の進化

現在、アクセラに搭載されている自動ブレーキは、4km/h~30km/hでしか作動しない、性能の低いものです。

これが、車両に対しては4~80km/h、歩行者に対しては、10~80km/hで動作するようになりました。

また、マツダ初、標識認識機能も搭載されます。
制限速度をヘッドアップディスプレイに表示、一時停止、進入禁止などの注意を促します。

その他
・アダプティブLEDなど、ヘッドライト
・レーダークルーズコントロール
・レーンキープアシスト
・ドライバーアテンションアラート
・ブラインドスポットモニター

など、安全装備が充実します。

これは、安全装備に定評のあるスバルのアイサイトよりも充実しているといって良いでしょう。

www.mazda.co.jp

8.ディーゼルエンジンの欠点

ディーゼルエンジンは、短距離走行が多いとカーボンがたまりやすいという欠点があります。

カーボンを燃やしきる対策として、DPF再生というシステムを搭載していますが、それでもやはりガソリンエンジンと比べるとどうしても不利です。

短距離走行の多いユーザーは、今のうちに2.0lガソリン車を購入する。というのも一つの選択肢であると思います。

totalcar.hatenablog.com

9.総括

マツダは、今後もクリーンディーゼル搭載車を順次拡大していく方針です。
逆に、ハイブリッドの追加展開はないようです。

ちなみに、インプレッサは今年、フルモデルチェンジを控えています。
新型インプレッサの情報も、またお伝えします。

スポンサーリンク



※アクセラの契約の前に。スマホからも簡単!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
車を高く売るには、一括査定サイトがオススメです。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。