Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

新型 バレーノ マイナーチェンジ 発売日は、2019年3月?デザイン画像、価格、燃費など、カタログ予想情報!

スズキ、バレーノが2019年にもマイナーチェンジされます。

あまり存在感のないバレーノですが、ライバルのコンパクトカー、ヴィッツ、フィット、ノートなどと比較しながら紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

新型バレーノの発売日は、2019年3月ごろとなるでしょう。


2.デザイン

新型バレーノのスパイショットを紹介します。


f:id:totalcar:20190104165419j:plain
出典https://gaadiwaadi.com ”

フロントバンパーの開口部の形が変わっていることが分かります。

リヤのデザインが変わっているかどうかは、不明です。


こういった、フロントバンパーにダミーのダクトがデザインされているのは、フィットのマイナーチェンジ前のモデルにもありました。

フィットでは不評だったようで、マイナーチェンジでデザインが変更されました。


3.パワートレイン

バレーノには、1.2L NAエンジンと、1.0Lターボエンジンがラインナップされています。

それぞれのスペックは、以下のとおりです。

【NAエンジン】
最高出力・・・91ps/6000rpm
最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・102ps/5500rpm
最大トルク・・・15.3kgm/1700-4500rpm

ライバル車のエンジン

ヴィッツには、1.0Lエンジンと、1.3Lエンジンがラインナップされています。

【1.0Lエンジン】
最高出力・・・69ps/6000rpm
最大トルク・・・9.4kgm/4300rpm

【1.3Lエンジン】
最高出力・・・99ps/6000rpm
最大トルク・・・12.3kgm/4400rpm


フィットには、1.3Lエンジンと、1.5Lエンジンがラインナップされています。

【1.3Lエンジン】
最高出力・・・100ps/6000rpm
最大トルク・・・12.1kgm/5000rpm

【1.5Lエンジン】
最高出力・・・132ps/6600rpm
最大トルク・・・15.8kgm/4600rpm


ノートには、1.2L NAエンジンと、1.2Lスーパーチャージャーエンジンがラインナップされています。

【NAエンジン】
最高出力・・・79ps/6000rpm
最大トルク・・・10.8kgm/4400rpm

【スーパーチャージャーエンジン】
最高出力・・・98ps/5600rpm
最大トルク・・・14.5kgm/4400rpm


バレーノはターボエンジンとはいえ1.0Lなので、フィットの1.5Lエンジンなどよりも出力は低くなっています。

ただ、フィットよりも200kgくらい軽いので、同じくらいの力強さを感じることができます。


4.予防安全性能

バレーノはマイナーチェンジで、予防安全性能が大幅に向上するでしょう。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・アダプティブクルーズコントロール

これらの機能が搭載されるはずです。


これらの機能が搭載されれば、ライバル車にも匹敵するレベルの予防安全性能になりますね。


5.価格

新型バレーノの価格は、現行型と同程度~数万円アップ程度になるでしょう。

XSグレード(NAエンジン)・・・154万4,400円

XTグレード(ターボエンジン)・・・172万8,000円


6.総括

バレーノは、コンパクトカーの中では存在感も薄く、選択肢にも入っていない人が多いのではないでしょうか。

特にターボエンジン搭載車は、軽量なボディと相まって楽しい走りをすることができる車です。

一度目を向けてみてはいかがでしょうか。


7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。