Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

ベンツ 新型 Cクラス マイナーチェンジ 2018 日本発売日は秋?内装、外装、価格など、カタログ予想情報!

2018年7月24日更新

メルセデス・ベンツ、Cクラスがフェイスリフトされ、新型になります。

今回は、ライバルのBMW3シリーズ、アウディA4と比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.発売時期

新型Cクラスの発売時期は、2018年秋頃になるでしょう。


2.デザイン

デザインは、フロントマスクがフェイスリフトされます。

f:id:totalcar:20170129192027j:plain

f:id:totalcar:20170129191928j:plain

f:id:totalcar:20170129191930j:plain出典motorauthority.com

リヤは全く隠されていないので、リヤのデザインは変わらないということでしょう。


3.パワートレイン

パワートレインは、現行から変更はないでしょう。

1.6Lターボエンジンを搭載したC180
最高出力・・・156ps
最大トルク・・・25.5kgm

2.0Lターボエンジンを搭載したC200
最高出力・・・184ps
最大トルク・・・30.6kgm

2.0Lターボエンジンを搭載したC250
最高出力・・・211ps
最大トルク・・・35.7kgm

2.0Lターボエンジンを搭載したプラグインハイブリッドのC350e
最高出力・・・211ps
最大トルク・・・35.7kgm

2.1Lディーゼルターボエンジンを搭載したC220d
最高出力・・・170ps
最大トルク・・・40.8kgm

3.0Lツインターボエンジンを搭載したAMG C43
最高出力・・・367ps
最大トルク・・・53.0kgm

4.0Lツインターボエンジンを搭載したAMG C63
最高出力・・・476ps
最大トルク・・・66.3kgm

4.0Lツインターボエンジンを搭載したAMG C63 S
最高出力・・・510ps
最大トルク・・・71.4kgm

と、非常に豊富なラインナップです。

ライバル車のパワートレインは

BMW 3シリーズのパワートレインは、最高出力184psの320iから、最高出力431psのM3セダン

BMWクリーンディーゼルを搭載した320d

プラグインハイブリッドの330eなど、Cクラスに負けないラインナップとなっています。


アウディA4のパワートレインは、2.0Lターボエンジンのみと、ラインナップは少ないです。


レクサスISは、2.0Lターボエンジン、2.5Lハイブリッド、3.5Lエンジンの3種類です。
ISは、トヨタ得意のハイブリッドが主力となっています。


4.サイズ

Cクラスのボディサイズは、

セダン・・・全長4,690mm×全幅1,810mm×全高1,445mm

ステーションワゴン・・・全長4,705mm×全幅1,810mm×全高1,460mm

です。


全幅が1,800mmを超えているため、一部立体駐車場や機械式駐車場に入れられないところはあるかもしれませんが、それ以外は比較的コンパクトで、日本国内でも取り扱いやすいサイズなので、最も売れているモデルとなっています。

ライバル車のサイズ

BMW3シリーズのサイズは、
セダン・・・全長4,645mm×全幅1,800mm×全高1,440mm

ツーリング・・・全長4,645mm×全幅1,800mm×全高1,460mm


アウディA4のサイズは、
セダン・・・全長4,735mm×全幅1,840mm×全高1,430mm

アバント・・・全長4,735mm×全幅1,840mm×全高1,435mm


レクサスISのサイズは、全長4,680mm×全幅1,810mm×全高1,430mm

です。


この中では、3シリーズのみ全幅が1,800mmに抑えられています。

サイズに制約のある方は、3シリーズか、全幅が1,795mmに抑えられているアウディA3にするか。といったところになります。


5.価格

新型Cクラスの価格は、ベースグレードのC180が440万円程度と、現行と同程度になるでしょう。

実際のところのベースグレードは、490万円程度のC180アバンギャルドになるはずです。

ライバル車の価格は

BMW3シリーズは409万円~、アウディA4は447万円~、レクサスISは470万円~となっています。

質感を考えると、Cクラスは決して高い買い物ではないといえるでしょう。


6.守りのマイナーチェンジ

現行Cクラスは、質感を大幅に向上し、好調な販売が続いていました。

2016年の販売台数を見ても、BMW3シリーズ、アウディA4を抑えてNo1の販売台数です。

世界に目を向けても、高級車ブランドでメルセデス・ベンツがBMWを抜いてNo1になりました。

現行Cクラスは、その一翼を担ったといえるでしょう。

そういった事情もあり、新型Cクラスは若干顔つきを変える程度で、大きな変更は加えられません。

守りのマイナーチェンジといえるでしょう。


7.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。