Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

新型 センチュリー カタログ情報!発売日は、2018年6月22日。価格は1,960万円!画像、スペック、燃費などまとめ

2,018年6月22日更新

トヨタから、新型センチュリーが、21年ぶりに発売されました。

新型センチュリーは、ハイブリッド専用車となり、価格も大幅UPします。

今回は、レクサスのフラッグシップ、レクサスLSを比較しながら、新型センチュリーを紹介していきます。

スポンサーリンク


1.発売日

新型センチュリーの発売日は、2018年6月22日です。

全国のトヨタ店と、東京トヨペットで販売されます。


2.デザイン

新型センチュリーのデザインは、東京モーターショーで公開されています。

現行センチュリーからあまり変わっていませんが、現行よりも、繊細、高貴なデザインになったという印象です。


エクステリア

f:id:totalcar:20180602001139j:plain

f:id:totalcar:20180602001148j:plain

f:id:totalcar:20180602001207j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”


最近のトヨタ車に見られるような、口を大きく開けたようなフロントグリルや、これでもか!というようなメッキパーツはないものの、緻密なフロントグリルの造形や、ダイヤモンドのようにカットされたブレーキランプなどから、十分な高級感を感じます。



ザ・日本の高級車。といった感じですね。



インテリア

f:id:totalcar:20180602001446j:plain

f:id:totalcar:20180602001501j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

センチュリーと言えば、主に後部座席に人を乗せる車です。

運転席と助手席の間に設置されている、後席用ディスプレイ、エアコンによって仕切られ、後部座席のパーソナルな空間が演出されています。

今回のコンセプトカーは、ファブリックシートで、拍子抜けするほどシンプルな印象ですが、革張りシートも用意されます。

革張りの方が、高級感があります。

レクサスLSのデザイン

レクサスLSも、レクサスのフラッグシップサルーンですから、とても高級感のあるデザインに仕上がっています。

しかし、センチュリーのそれとは、明らかに方向性が違います。

レクサスLSが攻撃的、挑戦的、スポーティーなデザイン、センチュリーは、気品があり、落ち着いた、日本的なデザインに仕上がっていると思います。


また、最近の流行りとして、少しクーペ風のフォルムになっているので、後部座席の頭上空間が狭くなってしまっています。


その点、センチュリーは従来のセダンスタイルを守り抜いています。

スポンサーリンク



3.サイズ

新型センチュリーのサイズは、全長5,335mm×全幅1,930mm×全高1,505mmです。

ホイールベースは、3,090mmもあります。

大きなサイズで、ある程度走れる道も限られてきますが、その長いホイールベースにより、後部座席の十分な空間が確保されています。

レクサスLSのサイズ

全長5,235mm×全幅1,900mm×全高1,450mmです。

レクサスLSは、フルモデルチェンジで、ボディサイズが先代のロングモデルと同等のサイズになりましたが、新型センチュリーは、それよりも更に大きいということがわかります。


4.パワートレイン

新型センチュリーは、ハイブリッド専用車として、V8 5.0Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載されます。

予想スペックを紹介します。

【5.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・381ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・52.0kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・224ps
モーター最大トルク・・・30.6kgm


燃費は、12km/L程度になるのではないでしょうか。


現行センチュリーは、5Lのガソリン車で、燃費は7.6km/Lですから、大幅に向上しそうです。

レクサスLSのパワートレイン

レクサスLSには、3.5Lターボエンジンと、3.5Lハイブリッドの2種類がラインナップされています。


【3.5Lターボ】
最高出力・・・422ps/6000rpm
最大トルク・・・61.2kgm/1600-4800rpm


【3.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・299ps/6600rpm
エンジン最大トルク・・・36.6kgm/5100rpm
モーター最高出力・・・180ps
モーター最大トルク・・・30.6kgm


単純にパワーを足し合わせると、センチュリーの方がパワフルに感じられますが、実際のシステム出力は、新型レクサスLSの方が少しパワフルなようです。


5.予防安全性能

新型センチュリーには、トヨタセーフティセンスと、ブラインドスポットモニター、パーキングサポートアラートが搭載されます。


トヨタセーフティセンスの機能は、アルファード・ヴェルファイアに搭載されているものとは、少し違います。

・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・レーダークルーズコントロール
・アダプティブハイビームシステム


レーントレーシング機能や、標識認識機能が搭載されていません。

センチュリーは、基本的に運転手をつけて乗る車ですから、ステアリングの操作や、標識の確認は運転手にしっかりとやってもらおう。ということなのでしょうか。

確かに、あまりにも運転支援機能が充実しすぎていると、運転に油断が生じる。といったこともあるのかもしれません。


6.価格

新型センチュリーの価格は、1グレードのみの設定で、1960万円です。

本革シートを選択すると、2000万円を超えてきます。

現行センチュリーは、最高でも1250万円でしたから、ちょっと、同じ名前の車とは思えないくらいの値上がりになります。

センチュリーだからこそ値上がり幅です。

レクサスLSの価格

レクサスLSの価格は、980万円~1120万円です。

新型センチュリーとは、大きな価格差があります。


7.総括

センチュリーとレクサスLSを比べてみると、搭載されているパワートレイン、価格などから、やはりセンチュリーの方が格上といえるでしょう。

しかし、センチュリーとレクサスLSでは、車の性格が大きく違います。

特に、現行レクサスLSは、少々後部座席の居住性、快適性を犠牲にしても、走りの楽しさにシフトした印象があります。

後部座席にお客様を乗せる、国産車最高の車は、センチュリーということで間違いなさそうです。



ただ、価格的には、現行センチュリーと、現行レクサスLSが同程度の価格なので、予算的にこれまでセンチュリーを購入していた顧客も、レクサスLSに流れるということがあるかもしれません。

これから、新型センチュリーを購入する層は、これまでよりも更に富裕層、景気の良い会社ということになりますね。


7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。