Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

【C-HR マイナーチェンジ】GR SPORTが登場!変更点はどこ?GR SPORTの違いは何?価格や燃費もチェック!カタログ情報

C-HRがマイナーチェンジされて、GR SPORTが設定されました。

今回は、C-HRのマイナーチェンジ内容を紹介しながら、スポーティーなGR SPORTを、ホンダ・ヴェゼルのRSグレード、日産・ジュークのNISMOと比較しながら紹介していきます。

スポンサーリンク


発売日

新型C-HRは、2019年10月18日に発売されました。


デザイン

新型C-HRのデザインを、通常モデル、GR SPORTそれぞれ紹介します。


通常モデル
f:id:totalcar:20191024190511j:plain

f:id:totalcar:20191024190524j:plain
出典https://global.toyota


GR SPORT
f:id:totalcar:20191024190535j:plain

f:id:totalcar:20191024190546j:plain
出典https://global.toyota



通常モデルの方は、それほど大きくは変わっていません。

フロントグリルが大きくなっていることと、リヤブレーキランプのデザインが変更されている程度です。

GR SPORTの方は、GR SPORTシリーズで統一されている四角形のグリルが採用されています。

その他、フロントバンパー、ホイール、ステアリングホイール、シート、アルミペダルなど、多くの専用装備が採用されています。


パワートレイン

C-HRのパワートレインは、1.2Lターボエンジンと1.8Lハイブリッドの2種類で、変わっていません。


【1.2Lターボエンジン】
最高出力・・・116ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・18.9kgm/1500-4000rpm


【1.8Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・116ps/5200rpm
エンジン最大トルク・・・14.5kgm/3600rpm
モーター最高出力・・・72


GR SPORTは、1.2Lターボエンジンのみとなっています。

ライバル車のパワートレイン

ヴェゼルのRSグレードには、1.5Lガソリンエンジンと、1.5Lハイブリッドの2種類が設定されています。


ジュークNISMOには、NISMOと、NISMO RSがあり、それぞれ専用のエンジンが搭載されています。

【NISMO用1.6Lターボエンジン】
最高出力・・・190ps/5600rpm
最大トルク・・・24.5kgm/1600-5200rpm

【NISMO RS用1.6Lターボエンジン】
最高出力・・・214ps/6000rpm
最大トルク・・・25.5kgm/2400-6000rpm


パワートレインでは、専用のエンジンが搭載されているジュークが圧倒的です。

C-HRは、元々通常モデルでもパワーがもう少し欲しいという声が多いので、スポーツ性が求められるGR SPORTではなおさらでしょう。

パワートレインには手を加えずにチューニングするのがコンセプトのGR SPORTなので、仕方がないですが。

燃費

C-HRの燃費は、ハイブリッド車が30.4km/L、ターボ車が16.4km/Lとなっています。(いずれもJC08モード)

ハイブリッド車の燃費は良いですが、ターボ車の燃費は、ヴェゼルやジュークのガソリン車よりも悪くなっています。

スポンサーリンク



GR SPORTの強化ポイント

C-HR GR SPORTは、ボディも強化されています。

・フロアセンターブレース
・専用チューニングサスペンション


「GR」に比べるとボディ自体の強化箇所は少ないですが、元々剛性の高いTNGAプラットフォームですから、楽しい走りに期待できますね。

ライバル車の強化ポイント

ヴェゼルRSは、ステアリングやシフト制御が専用になっているだけで、ボディ自体は強化されていません。


ジュークは、NISMOの方はボディは強化されていませんが、NISMO RSの方は、ルーフやピラー部分のスポット溶接の追加、フロア・クロスメンバーステーの追加、トンネル部分へのジョイントの追加など、様々な部分が強化されています。


ボディの強化度合いでは、ジュークNISMO RS>C-HR GR SPORT>ジュークNISMO、ヴェゼルRSという順番になります。



予防安全性能

C-HRの予防安全性能は大きくは変わっていませんが、オプションでインテリジェントクリアランスソナーが選択できるようになりました。


C-HRの予防安全機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティ
・レーダークルーズコントロール
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・パノラミックビューモニター
・ブラインドスポットモニター

ライバル車の予防安全性能

ヴェゼルには、ホンダセンシングが搭載されています。

ヴェゼルの予防安全機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者自己低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能


ジュークの予防安全機能は、以下のとおりです。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・車線逸脱警報
・ハイビームアシスト
・インテリジェントアラウンドビューモニター


予防安全性能では、ホンダセンシングを搭載するヴェゼルが一番高く、ついで前世代のトヨタセーフティセンスを搭載するC-HR。ジュークは設計が古いこともあり、予防安全性能は低くなっています。


価格

C-HR、各グレードの価格は、以下のとおりです。

S-T(ターボMT車)・・・236万7,000円
S-T(ターボCVT車)・・・240万円

G-T(ターボMT車)・・・263万2,000円
G-T(ターボCVT車)・・・266万5,000円

S-T GR SPORT(ターボMT車)・・・273万2,000円

S(ハイブリッド車)・・・273万円
G(ハイブリッド車)・・・309万5,000円
S GR SPORT(ハイブリッド車)・・・309万5,000円

ライバル車の価格

ヴェゼルの価格は、ガソリン車が211万円~、ガソリン車のRSグレードは252万円です。

ハイブリッド車は258万円~、ハイブリッド車のRSグレードは286万円です。


ジュークの価格は208万円~で、NISMOは302万円、NISMO RSは355万円です。


C-HRの価格は全体的に高めですが、シャシーなどの基本性能は優れています。

GR SPORTは、ベースとなるSグレードの30万円高程度となっています。


総括

新型C-HRを、今回はGR SPORTを中心に紹介しました。

C-HR GR SPORTは、ジュークのNISMOと、ヴェゼルRSの中間くらいのチューニングをされたスポーツグレードということになります。

パワーに不足を感じるならジュークにするしかありませんが、設計の古いジュークよりは、C-HR GR SPORTの方をおすすめしたいですね。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。