Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

新型シビック ハッチバック、セダン、タイプR 画像、サイズ、スペック、価格などカタログ情報

2017年7月27日更新

ホンダのシビックセダン、シビックハッチバックが2017年7月27日に日本発売となりました。

今回は、ライバルのアクセラ、レヴォーグと比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.デザイン

新型シビックには、ハッチバック、セダン、ハッチバックをベースとしたタイプRの3タイプがあります。

シビックハッチバック
f:id:totalcar:20170425235338j:plain

f:id:totalcar:20170425235339j:plain

シビックセダン
f:id:totalcar:20170425235348j:plain

f:id:totalcar:20170425235351j:plain

シビックタイプR
f:id:totalcar:20170727145312j:plain

f:id:totalcar:20170727145319j:plain出典:Carscoops

2.サイズ

新型シビックセダンのサイズは、全長4,630mm×全幅1,800mm×全高1,410mmです。

新型シビックハッチバックのサイズは、全長4,520mm×全幅1,800mm×全高1,435mmです。


シビックといえば、かつては5ナンバーサイズでしたが、現在はアメリカが主な市場となっており、代を重ねるごとに大型化しています。

今回日本で発売されるシビックセダンも、基本的にはアメリカ仕様をそのまま持ってくるので(もちろん右ハンドルになりますが)、ちょっと大柄な感は否めません。

アクセラ、レヴォーグのサイズは

アクセラは、セダンが全長4,580mm×全幅1,795mm×全高1,455mm、

スポーツ(ハッチバック)が全長4,470mm×全幅1,795mm×全高1,470mm


レヴォーグのサイズは、全長4,690mm×全幅1,780mm×全高1,500mm です。

サイズ的には、アクセラとレヴォーグの中間くらいのサイズ感です。

3.スペック

新型シビックには、1.5Lターボエンジンと2.0Lターボエンジンが搭載されます。

ハッチバック、セダン、タイプRそれぞれに搭載されるエンジンのスペックが異なり、

最高出力 最大トルク
ハッチバック 182ps 24.5kgm
セダン 173ps 22.4kgm
タイプR 320ps 40.8kgm

アクセラ、インプレッサのスペックは

アクセラには、1.5Lガソリンエンジン、1.5Lディーゼルターボエンジン、2.2Lディーゼルターボエンジンがラインナップされています。

アクセラ 最高出力 最大トルク
1.5Lガソリン 111ps 14.7kgm
1.5Lディーゼル 105ps 27.5kgm
2.2Lディーゼル 175ps 42.8kgm

レヴォーグには、1.6Lターボエンジンと2.0Lターボエンジンがラインナップされています。

レヴォーグ 最高出力 最大トルク
1.6L 170ps 25.5kgm
2.0L 300ps 40.8kgm


シビックタイプRのパワフルさが際立ちます。

4.ホンダセンシング搭載

新型シビック、ハッチバックとセダンには、ホンダセンシングが搭載されます。

タイプRには搭載されません。

新型シビックハッチバック、セダンに搭載されるホンダセンシングには、
・衝突軽減ブレーキ
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・オートハイビーム
・標識認識機能

が含まれます。

アクセラ、レヴォーグの予防安全性能は

アクセラは、2016年度自動車アセスメントで最高点を獲得したことが、ニュースにもなりました。

予防安全性能の高さは折り紙付きです。


レヴォーグには、アイサイトツーリングアシストが搭載されています。

標識認識機能は搭載されていませんが、クルーズコントロール機能は自動運転に近いレベルに仕上げられており、ホンダセンシングよりも完成度は高くなっています。

4.価格

新型シビックの価格は、

ハッチバック・・・280万440円
セダン・・・265万320円
タイプR・・・450万360円

です。

アクセラ、レヴォーグの価格は

アクセラの価格は、176万円~308万円

レヴォーグの価格は、282万円~405万円

です。

5.中高年がターゲット

今回のシビックセダンですが、ハイブリッドがないこともあり、ホンダとしてもさほど販売台数は見込んでいないようです。

中高年を中心にこのクラスのセダンを望むユーザーが一定数いるということで、そういったユーザーのニーズに応えることが目的のようです。


これで、ホンダのセダンラインナップは、グレイス<シビック<アコード<レジェンドと、再びラインナップが充実してきます。

昨今はセダンが不人気とはいえ、お金を持っているのは中高年層が多く、その中高年層に一定のニーズがあるということでしょう。

6.総括

アクセラやレヴォーグが日本国内での販売も視野に入れていることに対し、シビックは完全にアメリカ向けなので、アクセラやレヴォーグよりも少し全幅が広くなっています。


ただ、日本国内で扱いやすさの一つの基準となる、全幅1,800mmにギリギリ収まっているので、さほど扱いづらいということはないでしょう。(例えば、クラウンなんかも1,800mmです。)


特にレヴォーグとは、パワートレインも似ているので、比較検討されるユーザーも多くなるでしょう。

7.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。