Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

新型CR-Vと、新型フォレスターを、比較!サイズ、大きさ、広さ、燃費、価格差、予防安全性能、走りなど。どっちが良い車?

ホンダから8月末に発売される新型CR-Vと、発売されたばかりのスバルフォレスターを、サイズ、広さ、燃費、価格差、予防安全性能、走りなどの面から、徹底比較してみます。

どちらも近いタイミングで発売された新型車なので、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

なお、新型CR-Vは正式発表前のため、一部予想情報を含みます。ご了承ください。

スポンサーリンク


1.サイズを比較

まずは、新型CR-Vと新型フォレスターのサイズを比較してみましょう。

新型CR-Vのサイズ

新型CR-Vのサイズは、全長4,600mm×全幅1,855mm×全高1,680mmです。

最近のミドルクラスSUVとしては、一般的なサイズです。特に運転に苦労することはないと思います。

新型フォレスターのサイズ

新型フォレスターのサイズは、全長4,625mm×全幅1,815mm×全高1,715mmです。

CR-Vに比べると、フォレスターは、全長が25mm長く、全幅が40mm狭く、全高が35mm高くなっています。


特に、全幅が40mm違うというのは、狭い道を通ったりするときに少し違いを感じるかな。というくらいの差があります。

車庫が狭かったり、家の近所に狭い道があるよ。という方は、一度試乗してみることをおすすめします。


2.広さを比較

次に、新型CR-Vと新型フォレスターの室内の広さを比較してみましょう。

新型CR-Vの室内の広さ

新型CR-Vの室内の広さは、室内長2,125mm×室内幅1,540mm×室内高1,215mm程度になるようです。

新型フォレスターの室内の広さ

新型フォレスターの室内の広さは、室内長2,110mm×室内幅1,545mm×室内高1,270mmです。


スペック上の数値を見ると、ほぼ同等なのですが、計測方法の関係なのか、スバル車は数値よりも若干狭く感じる傾向にあります。
フォレスターの諸元ページの中でも、室内寸法は、社内測定値です。との但し書きがあります。

ホンダは、マンマキシマム、マシンミニマム(乗員の空間を最大限に、機械のサイズは最小限に)という思想のもとで車を開発しており、特にコンパクトカーなんかではライバル車よりもかなり広く感じる設計をしています。

このクラスだと、元々が広いため、コンパクトカーほどの違いは感じないでしょうが、やはりCR-Vの方が広く感じるはずです。


3.パワートレイン

新型CR-Vと、新型フォレスターのパワートレインを比較してみましょう。

新型CR-Vのパワートレイン

新型CR-Vには、1.5Lダウンサイジングターボエンジンと、2.0Lハイブリッドの2種類のパワートレインが搭載されます。

【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・192ps/5600rpm
最大トルク・・・24.8kgm/2000-5000rpm


【2.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・32.1kgm/5000-6000rpm
モーター最高出力・・・184ps/5000-6000rpm
モーター最大トルク・・・32.1kgm/0-2000rpm
システム出力・・・215ps

この2.0Lハイブリッドは、アコードにはじまり、オデッセイ、ステップワゴンにも搭載されていますが、燃費が良く、かつパワフルでとても評判の良いシステムです。

リコールを連発したフィットなどに搭載されているシステムとはまた別のものなので、その点も安心です。

新型フォレスターのパワートレイン

新型フォレスターには、2.5Lガソリンエンジンと、2.0Lハイブリッドの2種類のパワートレインが搭載されています。

【2.5Lガソリンエンジン】
最高出力・・・184ps/5800rpm
最大トルク・・・24.4kgm/4400rpm


【2.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・145ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・19.2kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・13.6ps
モーター最大トルク・・・6.6kgm



フォレスターは、先代まではとてもパワフルな2.0Lターボエンジンが搭載されていたのですが、なくなってしまいました。

フォレスターのハイブリッドは、CR-Vのものとは違い、モーターパワーが弱いです。パワーを求めるなら、CR-Vのハイブリッド車が圧倒的です。


4.走破性、乗り心地

CR-Vとフォレスターの走破性、乗り心地はどうなのでしょうか。

CR-Vの走破性

新型CR-Vの最低地上高は、200mm確保されるようです。これは、このクラスのSUVとしては一般的茄子内です。

悪路走破性も、このクラスのSUVとして標準的なレベルになるでしょう。

フォレスターの走破性

一方、フォレスターの最低地上高は、220mm確保されています。

また、フォレスターは、4WDのみのラインナップです。

雪国のスバル。なんて言われたりしますが、悪路走破性はフォレスターの方が高いはずです。


街中での乗り心地という点では、特にハイブリッドを選択すれば、静かで力強い走りをすることができ、CR-Vの方が快適なのではないかと思います。


5.価格差

新型CR-Vと、新型フォレスターでは、結構な価格差があります。

新型CR-Vと、新型フォレスターの価格を比較してみましょう。

新型CR-Vの価格

新型CR-Vの価格は、以下のようになっています。

【1.5Lターボ車】
EX・・・323万280円
EX Masterpiece・・・359万1,000円

(7人乗り)
EX・・・342万1,440円
EX Masterpiece・・・381万4,560円


【2.0Lハイブリッド車】
(5人乗りのみ)
HYBRID EX・・・378万4,320円
HYBRID EX Masterpiece・・・414万5,040円

となっています。


装備は充実しているものの、高いかな。という印象は否定できません。

新型フォレスターの価格

新型フォレスターの価格は、以下のようになっています。

Touring・・・2,808,000円
Premium・・・3,024,000円
X-BREAK・・・2,916,000円
Advance・・・3,099,600円

ハイブリッドはスペックが全く違うのでおいておくとして、CR-Vの1.5Lターボ車とフォレスターの2.5LNA車を比較しても、50万円以上の価格差があります。(フォレスターは4WDのみなので4WDの価格、CR-Vの4WDは、上の価格より20万円ほど高くなる)

フォレスターは安全装備も充実していますし、大きな違いといえばカーナビが標準装備か否かくらいです。

カーナビは良い物をつけても20~30万円もあればつけることができますし、コストパフォーマンスという点では、フォレスターの方が良いのかな。と思います。


ただし、フォレスターは4WDしか選択肢がないという点で、4WDが必要ないという方は、CR-VならFFを選べるわけで、価格差は30万円程度に縮まります。

これくらいの価格差なら、カーナビの違いかな。と納得することもできますね。


www.bibit-modelchange.com


6.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。