Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

【CR-V マイナーチェンジ 最新情報】日本発売日は、2020年か。デザイン画像、エンジン、価格など、カタログ予想情報!

ホンダ、CR-Vのマイナーチェンジモデルが、アメリカで発表されました。

今回は、ライバル車のトヨタ・RAV4、日産・エクストレイル、マツダ・CX-5と比較しながら、新型CR-Vの情報を紹介します。

スポンサーリンク


CR-Vのマイナーチェンジは、日本では2020年以降

マイナーチェンジされる新型CR-Vは、アメリカでは2019年中に発売されます。

CR-V自体が日本ではアメリカの2年遅れで発売されたので、マイナーチェンジモデルの日本発売はもう少し後になるでしょうが、とりあえず、アメリカで発表された情報をもとに、どういったところが変わるのかなど、新型CR-Vの情報を紹介します。


新型CR-Vはマイナーチェンジで、エクステリアデザインが変わる!

新型CR-Vは、マイナーチェンジでエクステリアデザインが変わります。

f:id:totalcar:20191117212912j:plain

f:id:totalcar:20191117212922j:plain

f:id:totalcar:20191117212935j:plain
出典https://www.cnet.com

エクステリアでは、フロントバンパー、リヤバンパー、リヤテールランプ、アルミホイールのデザインが変わっています。


インテリアはほとんど変わりません。

Qiの置くだけ充電機能が搭載されるくらいです。

スポンサーリンク


パワートレインは、ターボとハイブリッドの2種類で変更なし

新型CR-Vのパワートレインは、1.5Lターボエンジンと、2.0Lハイブリッドの2種類で、変更はありません。

【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・190ps/5600rpm
最大トルク・・・24.5kgm/2000-5000rpm


【2.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgm
システム出力・・・215ps

ライバル車のパワートレイン

RAV4には、2.0Lガソリンエンジンと、2.5Lハイブリッドの2種類がラインナップされています。

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・171ps/6600rpm
最大トルク・・・21.1kgm/4800rpm


【2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・178ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.5kgm/3600-5200rpm
モーター最高出力(前/後)・・・120ps/54ps
モーター最大トルク(前/後)・・・20.6kgm/12.3kgm
システム出力・・・215ps



エクストレイルには、2.0Lガソリンエンジンと、2.0Lハイブリッドの2種類がラインナップされています。

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・147ps/6000rpm
最大トルク・・・21.1kgm/4400rpm


【2.0Lハイブリッド】
最高出力・・・147ps/6000rpm
最大トルク・・・21.1kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・41ps
モーター最大トルク・・・16.3kgm
システム出力・・・182ps



CX-5には、2.0Lガソリンエンジン、2.5Lガソリンエンジン、2.5Lガソリンターボエンジン、2.2Lディーゼルターボエンジンの4種類がラインナップされています。

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・156ps/6000rpm
最大トルク・・・20.3kgm/4000rpm


【2.5Lガソリンエンジン】
最高出力・・・190ps/6000rpm
最大トルク・・・25.7kgm/4000rpm


【2.5Lガソリンターボエンジン】
最高出力・・・230ps/4250rpm
最大トルク・・・42.8kgm2000rpm


【2.2Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・190ps/4500rpm
最大トルク・・・45.9kgm/2000rpm


ガソリンエンジンでは、CX-5の2.5Lターボエンジンが最もパワフルさを感じます。とはいえ、CR-Vの1.5Lターボエンジンも排気量の割にはなかなかパワフルです。

ハイブリッドのなめらかさではRAV4が。パワフル感ではCR-Vが優れています。

スポンサーリンク


ボディサイズ

CR-Vのボディサイズは、全長4,605mm×全幅1,855mm×全高1,680mmです。


RAV4のボディサイズは、全長4,600mm×全幅1,855mm×全幅1,685mmです。

エクストレイルのボディサイズは、全長4,690mm×全幅1,820mm×全高1,740mmです。

CX-5のボディサイズは、全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mmです。


どれもボディサイズは同じくらいですが、CR-Vは若干全幅が広いかな。くらいです。


予防安全性能

CR-Vには、ホンダセンシングをはじめとした予防安全機能が搭載されています。

新型CR-Vに搭載される予防安全機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行者発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム
・ブラインドスポットインフォメーション
・リヤクロストラフィックモニター

ライバル車の予防安全機能

RAV4には、以下の予防安全機能が搭載されています。

・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・ドライブスタートコントロール
・ブラインドスポットモニター


エクストレイルには、以下の予防安全機能が搭載されています。

・プロパイロット
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントパーキングアシスト
・ハイビームアシスト
・インテリジェントルームミラー
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・BSW(後側方車両検知警報)
・進入禁止標識検知



CX-5には、以下の予防安全機能が搭載されています。

・アダプティブLEDヘッドライト
・グレアフリーハイビーム
・車線逸脱警報システム
・ブラインドスポットモニタリング
・リアクロストラフィックアラート
・ドライバーアテンションアラート
・交通標識認識システム
・360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー
・誤発進抑制制御
・アドバンスドスマートシティブレーキサポート
・スマートブレーキサポート
・レーンキープアシストシステム
・マツダレーダークルーズコントロール


このクラスのSUVは、どれも予防安全機能は充実しています。

スポンサーリンク


元々高めの価格設定は、変わらずか

CR-Vは、装備が充実している分、価格は高めです。

【ガソリン車】
EX・・・3,290,100円~
EX Masterpiece・・・3,657,500円~


【ハイブリッド車】
HYBRID EX・・・3,854,400円~
HYBRID EX Masterpiece・・・4,221,800円~

ライバル車の価格

RAV4の価格は、ガソリン車が265万円~、ハイブリッド車が326万円~です。

エクストレイルの価格は、ガソリン車が227万円~、ハイブリッド車が267万円~です。

CX-5の価格は、2.0Lガソリン車が261万円~、2.5Lガソリン車が284万円~、2.5Lガソリンターボ車が338万円~、2.2Lディーゼルターボ車が293万円~です。


こうして他車と比較してみると、CR-Vの価格の高さが際立ちますね。

装備が充実しているので、他車の上級グレード相当とはいえ、もう少し価格が安いグレードも設定しておいてほしいものですね。


総括

CR-Vは、このクラスのSUVの中で一番販売台数が少なくなっています。

その大きな原因は、価格の高さにあるでしょう。

販売現場からも、グレードをもう少し増やして欲しいという声は多くあがっているようですが、今のところ廉価グレードが設定されるという情報はありません。

そのため、販売台数が大きく増えるということはなさそうです。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。