Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  新型クラウン 新型カローラ
RAV4 フォレスター  新型タント 

【2018年】新型 CR-Vと、新型 RAV4を、比較!サイズ、燃費、広さ、価格、乗り心地など。どっちが良い車なの?

一時は日本での販売を終了したSUV、ホンダCR-Vと、トヨタRAV4が復活します。

今回は、CR-Vと、RAV4を、サイズ、広さ、燃費、価格、乗り心地などの面で徹底比較します。


まだ発売前なので、一部予想情報を含みます。ご了承ください。

スポンサーリンク


1.ボディサイズ

CR-Vも、RAV4も、元々は日本市場で販売されていたものの、モデルチェンジの度にサイズが大きくなり、日本では取り回しづらいサイズになったために販売が低迷し、販売終了となった経緯があります。

そういった経緯があるだけに、ボディサイズは気になります。

新型CR-Vと新型RAV4のボディサイズを比較してみましょう。

CR-Vのボディサイズ

CR-Zのボディサイズは、全長4,590mm×全幅1,855mm×全高1,690mm

ホイールべースは、2,660mmです。


一般的に取り回しがしやすいと言われている、全幅1,800mmは超えているものの(例えばクラウンなどは1,800mm以内に抑えられています)、極端に運転がしづらいほど大きいわけではないと思います。

RAV4のボディサイズ

新型RAV4のサイズは、全長4,595mm×全幅1,855mm×全高1,700mmです。

全長は5mm違い、全幅は同じ、全高は10mm違いで、CR-Zとほぼ同じサイズです。


似たようなサイズの車としては、ハリアーや、フォレスターなどがあります。

ハリアーやフォレスターも、普通に街中をたくさん走っていますよね。

それを考えても、特に運転に自信がないということでなければ、ボディサイズの大きさが問題になることはないと思います。


2.パワートレイン、燃費

新型CR-V、新型RAV4ともに、ハイブリッドシステムが搭載されます。

新型CR-Vと、新型RAV4のパワートレインと、燃費を比較してみましょう。

CR-Vのパワートレイン、燃費

CR-Vには、1.5Lターボエンジンと、2.0Lハイブリッドがラインナップされます。

【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・192ps/5600rpm

最大トルク・・・24.8kgm/2000-5000rpm


【2.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・32.1kgm/5000-6000rpm

モーター最高出力・・・184ps/5000-6000rpm
モーター最大トルク・・・32.1kgm/0-2000rpm

システム出力・・・215ps程度


1.5Lターボ車の燃費は16km/L程度、2.0Lハイブリッドの燃費は23km/L程度になるでしょう。

RAV4のパワートレイン、燃費

新型RAV4には、2.5Lガソリンエンジンと、2.5Lハイブリッドがラインナップされます。


【2.5Lガソリンエンジン】
最高出力・・・205ps/6600rpm
最大トルク・・・25.5kgm/4800rpm


【2.5Lハイブリッド】
システム出力・・・210ps


2.5Lガソリン車の燃費は14km/L程度、2.5Lハイブリッドの燃費は23km/L程度になるでしょう。


出力の近いハイブリッドは、燃費もほぼ同じとなりそうです。

ガソリン車に関しては、排気量が大きくパワーの強いRAV4の方が、少し燃費は悪くなるでしょう。


3.予防安全性能

日進月歩で技術が進化している、予防安全性能を比較してみましょう。

RAV4の予防安全性能

RAV4には、次世代型のトヨタセーフティセンスが搭載されます。


次世代型トヨタセーフティセンスの機能は、

・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト

これらに加え、

・先行車発進告知機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・ブラインドスポットモニター
・ドライブスタートコントロール


も選択することができるようになるはずです。

CR-Vの予防安全性能

CR-Vには、ホンダセンシングが搭載されます。

ホンダセンシングの機能は、

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付ACC
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

これらの機能が搭載されると発表されています。


どちらも機能はとても充実しています。

若干の機能の違いはあるものの、性能は同レベルにあるといえます。

4.デザイン

新型RAV4と、新型CR-Vのデザインを比較してみましょう。

新型RAV4のデザイン

新型RAV4のデザインは、ランドクルーザーっぽく、ゴツいデザインに生まれ変わりました。

最近のクロスオーバーSUVは、比較的丸みを帯びたデザインの車が多かったのですが、新型RAV4は、力強いデザインです。

f:id:totalcar:20180707025700j:plain出典newsroom.toyota.co.jp

f:id:totalcar:20180707025710j:plain出典newsroom.toyota.co.jp

アメリカが中心の車なので、ハリアーと棲み分けをするためにわざわざこういったデザインにしたわけではないでしょうが、結果としてハリアーとも上手に棲み分けができそうです。

CR-Vのデザイン

新型CR-Vのデザインは、最近のSUVらしく丸みを帯びたデザインで、なおかつ他のホンダ車とも共通したフロントマスクになっています。

f:id:totalcar:20180707025911j:plain出典www.honda.co.jp

f:id:totalcar:20180707025917j:plain出典www.honda.co.jp

迫力という点では、RAV4に軍配が上がりますが、こればかりは好みですね。

5.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。