Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

マツダ ディーゼル 不具合多発か。リコールを発表。対策は?【デミオ、CX-3、アクセラ、アテンザ、CX-5】

2017年2月25日更新

マツダのディーゼルエンジンに不具合が多発しているようです。

ネット上で見る限り、多いのはデミオやCX-3に搭載されている、1.5Lのクリーンディーゼルエンジンです。

※2017年2月25日追記
CX-5、アテンザ、アクセラの2.2Lディーゼルエンジン搭載車でもリコールが発表されました。



どうやら、DPF再生されるときにノッキングする。という不具合のようです。

DPF再生とは・・・

クリーンディーゼルエンジンには、DPFという有害物質を除去するフィルターが付いています。
このフィルターで有害物質を捉えて、排気ガスを浄化するわけですが、このDPF自体が汚れてきます。

その汚れを、エンジンを吹け上がらせて有害物質ごと内部で焼却してしまう。という仕組みです。

DPF再生中にノッキングが発生し、全然加速しなくなった。などという不具合が報告されています。

中には、エンジン載せ替えの対応を受けている方も。

f:id:totalcar:20170225190352j:plain出典:mazda.com

通常、エンジン載せ替えの対応はなかなかありませんので、そういった意味では誠意のある対応をしているともいえるのでしょうが。

加速しなくなった。というと、フィットハイブリッドが加速しなくなる例が多発していたことが思い出されます。

この時、ホンダはソフトウェアアップデートで対応しようとし、結果としてリコールを5回も連発する結果となりました。
もちろん、不具合の内容が違うので一概には言えませんが。

マツダのクリーンディーゼルエンジンは、まだ発売されて年数が経っていないため、耐久性に少し疑問が残るかな?という感じですね。

アクセラのマイナーチェンジでこの1.5Lクリーンディーゼルエンジンが搭載されるわけですが、不具合は解消されていることを願うばかりです。

株主総会にて

2016年6月28日、マツダの株主総会が開催されました。

株主総会の場で、ディーゼルエンジンの不具合について株主から指摘が出たのですが、マツダ側は、「市場から情報は入っている。現在、詳細な原因の究明をしている」とのことでした。

現時点では、メーカー側は把握しているものの、原因究明はできていない。ということですね。

これから、アクセラにも展開されるわけなので、早期の原因究明が望まれます。

2016年9月2日追記

マツダから、デミオ、CX-3、アクセラの1.5Lディーゼルエンジン搭載車のリコールが発表されました。

状況、原因
ディーゼルエンジンにおいて、エンジン制御コンピュータの吸入空気量制御が不適切なため、気筒内の燃料濃度が部分的に濃くなり、燃焼時に多く煤が発生することがあります。そのため、排気バルブが開いた際に煤が排気側バルブガイド周辺に入り堆積して、バルブが動きにくくなり、圧縮不良による加速不良や車体振動が発生し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあります。

対策
全車両、制御プログラムを対策プログラムに修正します。また、インジェクタおよび排気側のバルブ周辺に堆積した煤を清掃します。

カーボンの清掃と、ソフトウェアの改善で対応するようです。

アクセラに1.5Lディーゼルモデルを投入する前にメーカーはこの自称を把握していたはずですが、改善してから投入せずにリコールになったのは対応に疑問が残りますね。

2016年9月24日追記

リコール対策後の車でエンジンチェックランプが点灯するという事象が確認されているようです。

価格.comの掲示板でも複数報告が上がっています。

ディーラーで見てもらっても原因がわからず、本社へ送って調査するといった対応になっているユーザーもいるようです。

どうやら、リコールで一件落着。というわけにもいかなさそうです。

ユーザーにできる対策

リコールが発表され、恐らく改善されたとは思いますが、ディーゼルエンジンはその仕組み上ガソリンエンジンよりもカーボンが溜まりやすいという特徴があります。

一部ディーラーでは、SKYACTIV-Dの特徴を引き出すための運転アドバイスという用紙が配布されています。

その内容は、

1.アイドリングストップを心がけて頂くとともに、短い走行距離でのご使用が多い場合は、エンジンのコンディションを整えるために週に1~2回、30分以上の走行を実施いただくことをお勧めします。

長時間のアイドリングや短距離走行の繰り返しは、煤が発生しやすくなります。


2.アクセルペダルの急なON、OFF操作を行わない運転をお願いします。
アクセルペダルの急なON、OFFは、煤が発生しやすくなります。


3.MT車においては、ギヤシフトインジケーターも参考にして頂き、エンジン回転が1200rpm以上をキープする走行を心がけて運転されることをお勧めします。

エンジン回転が1200rpm以下からアクセルを踏み込むと、煤が発生しやすくなります。


とのことです。

2017年2月25日追記

CX-5、アテンザ、アクセラの2.2Lディーゼルエンジン車のリコール内容は、
インジェクタ取り付けナットの締結力が不適切なため、エンジンオイルが炭化し、最悪エンジンが焼き付く

・整備作業時の燃料リターンホースの取扱が不明確で、燃料漏れの可能性がある

・減速時のエンジン制御が不適切なため、煤がたまり、最悪の場合エンストする

・過回転制御が不適切なため、アクセル全開時などにエンジンが焼き付く恐れがある

といったものです。

この記事で話題としているカーボンに関する項目は、3つ目の項目ですね。

減速時のエンジン制御が不適切なため煤がたまるということなので、ユーザーの運転操作で対策できることはなさそうです。

速やかに修理をしてもらいましょう。


なお、ディーゼルエンジンの特性は1.5Lでも2.2Lでも同じなので、上で紹介した注意点


1.アイドリングストップを心がけて頂くとともに、短い走行距離でのご使用が多い場合は、エンジンのコンディションを整えるために週に1~2回、30分以上の走行を実施いただくことをお勧めします。

長時間のアイドリングや短距離走行の繰り返しは、煤が発生しやすくなります。


2.アクセルペダルの急なON、OFF操作を行わない運転をお願いします。
アクセルペダルの急なON、OFFは、煤が発生しやすくなります。


3.MT車においては、ギヤシフトインジケーターも参考にして頂き、エンジン回転が1200rpm以上をキープする走行を心がけて運転されることをお勧めします。

エンジン回転が1200rpm以下からアクセルを踏み込むと、煤が発生しやすくなります。

といったことには気をつけたほうが良いでしょう。


正直、ガソリン車と比べると面倒だとは思いますが、ディーゼルエンジンの特性をよく理解した上で上手に付き合いたいですね。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。