Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

新型デイズ(2019)と、N-WGNを、比較!価格、燃費、広さ、大きさ、サイズ、乗り心地など。どっちが良い?

2019年3月に発表される、新型日産デイズ。

ハイブリッドやプロパイロットの搭載など、現行型よりも大幅に進化します。

今回は、ホンダのトールワゴンである、N-WGNと、新型日産デイズを比較してみましょう。

なお、新型日産デイズはまだ正式発表前なので、現時点での情報をもとに比較していきます。

スポンサーリンク


1.ボディサイズ

まずは、新型デイズと、N-WGNのボディサイズを比較してみましょう。

新型デイズのボディサイズ

新型デイズのボディサイズは、現行型よりも全高が少し高くなり、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,620mm程度になるとみられています。

N-WGNのボディサイズ

N-WGNのボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,655mmです。

全長と全幅はどちらも軽自動車規格いっぱいなので、同じです。

全高は、N-WGNの方が35mmほど高くなりますが、わずかな違いはあれど、軽自動車のボディサイズはジャンルが同じであればほぼ同じであり、小回りなど気にするほどの違いはありません。


2.室内の広さ

新型デイズは、室内空間が大幅に拡大されるということで注目されています。

新型デイズと、N-WGNの室内の広さを比較してみましょう。

新型デイズの室内の広さ

新型デイズでは、特に室内長が大幅に拡大され、室内寸法は室内長2,300mm×室内幅1,315mm×室内高1,300mmくらいになるといわれています。

N-WGNの室内の広さ

N-WGNの室内寸法は、室内長2,055mm×室内幅1,355mm×室内高1,300mmです。

N-WGNの室内長はあまり長い方ではないので、新型デイズの方が広さを感じると思います。

一方、室内幅はN-WGNの方が少し広くなりそうです。


3.予防安全、運転支援

新型デイズには、充実した予防安全機能と、プロパイロットが搭載されるといわれています。

一方のN-WGNは少し遅れているので、予防安全、運転支援機能には大きな差が生まれそうです。

新型デイズとN-WGNの予防安全機能、運転支援機能を比較してみましょう。

新型デイズの予防安全、運転支援

新型デイズに搭載が予想されている予防安全機能、運転支援機能を紹介します。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・車線逸脱防止支援システム
・後側方車両検知警報
・ハイビームアシスト
・インテリジェントパーキングアシスト
・インテリジェントルームミラー
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントトレースコントロール
・プロパイロット

軽自動車としてははじめて自動運転機能、プロパイロットが搭載されます。

N-WGNの予防安全、運転支援

N-WGNの方には、ホンダセンシングではなく、「あんしんパッケージ」というちょっと古い予防安全機能しか搭載されていません。

自動ブレーキ性能は、30km/hでしか作動しない、シティブレーキアクティブシステムです。

今では当たり前となっている車線逸脱警報やハイビームアシストなどはありません。


新型デイズとN-WGNでは、ここが一番の大きな差になりそうです。


4.価格

最後に、新型デイズと、N-WGNの価格を比較してみましょう。

新型デイズの価格

新型デイズの価格は、

標準モデルが120万円~135万円くらい

ハイウェイスターが145万円~155万円くらいになるとみられています。

N-WGNの価格

N-WGNの価格は、

標準モデルが109万円~132万円

カスタムが138万円~165万円となっています。


エントリー価格は新型デイズの方が高いですが、新型デイズは予防安全機能が標準装備となるようなので、性能差を考えれば特に高いわけではなさそうです。

新型デイズハイウェイスターとN-WGNカスタムの比較では、デイズの方にはハイブリッドシステムが搭載されるので、むしろデイズの方が価格を頑張っている感があります。


5.どっちが良い?

フルモデルチェンジされる新型デイズと、モデル末期のN-WGNとの比較ですから、全体的に新型デイズの方が勝っている部分が多いです。

N-WGNの方が良い部分を探すとすれば、エンジンがパワフルで気持ちよく回るといったところでしょうか。

N-WGNも2019年中二フルモデルチェンジされるといわれているので、フルモデルチェンジを待ちたいですね。

www.bibit-modelchange.com


6.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。