Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

新型デイズと、ワゴンRを、比較!どっちが良い?燃費、価格、広さ、大きさ、荷室、乗り心地など

2019年3月15日更新

2019年3月にフルモデルチェンジが予定されている、日産デイズ。

現行型はいろいろな面でワゴンRに劣っていましたが、新型は大きく進化します。

今回は、新型デイズと、ワゴンRを、様々な面から比較してみましょう。


なお、新型デイズはまだ正式発表前です。一部予想情報を含みますので、ご了承ください。

新しい情報が入り次第、比較項目を増やしていきます。

スポンサーリンク


1.燃費

ワゴンRにはハイブリッドシステムが搭載されていますが、新型デイズにもハイブリッドシステムが搭載され、燃費が大幅に向上します。

まずは、新型デイズとワゴンRの、燃費を比較してみましょう。

新型デイズの燃費

新型デイズでは、上級グレード、ハイウェイスターにハイブリッドシステムが搭載されます。

ハイブリッドシステムが搭載されるハイウェイスターの燃費は、30km/L程度になるでしょう。

一方の標準モデル(B、S、Xグレード)には、ハイブリッドシステムは搭載されません。

ハイブリッドシステムが搭載されないB、S、Xグレードの燃費は、26km/L程度になるでしょう。

ワゴンRの燃費

ワゴンRは、ベースグレードのFAグレードを除き、全車がハイブリッド車となっています。

FAグレードの燃費は26.8km/Lで、ハイブリッド車の燃費は33.4km/Lです。

新型デイズの燃費はワゴンRを上回ることはなさそうですが、現行型に比べるとかなり差は縮まります。


2.荷室の広さ

新型デイズでは、クラスNo1レベルの荷室スペースが確保されます。

ワゴンRの荷室長は280mm程度なのですが、新型デイズでは400mm近く確保されます。

もともと荷室のスペースが狭い軽自動車で、10cmの差は大きいので、荷室の広さでは新型デイズの勝ちということになるでしょう。


3.乗り心地

新型デイズは、プラットフォームが一新され、日産の普通乗用車に採用されているゼログラビティシートが採用されるなど、乗り心地、快適性にかなり力が入れられるという情報が入っています。

ワゴンRは、軽トールワゴン(ワゴンR、ムーヴ、N-WGNなどのジャンル)の中でも、乗り心地や静粛性に関してはそれほど優れているわけではありません。

むしろ、遮音材なども削減して軽量化して、燃費を重視しているのかな。という印象です。

新型デイズの乗り心地は、もちろん乗ってみないとわからないのですが、新型デイズの方がかなり良いだろうということに期待が持てます。

ぜひ試乗をしてみたいです。


4.デザイン

デザインは主観的なものではありますが、新型デイズのデザインが早くも公開されたので、ワゴンRのデザインと比較してみましょう。

新型デイズのデザイン

新型デイズのデザインは、標準モデル、ハイウェイスターともにVモーショングリルが採用されています。

標準モデルは小さめの落ち着いたデザイン、ハイウェイスターは標準モデルよりも大きなVモーショングリルが採用されています。

ハイウェイスターの方は、シルバーメッキが数本入るかと思っていましたが、1本だけで、思ったよりも落ち着いたデザインです。

マイナーチェンジでメッキが増えるかもしれませんね。

ワゴンRのデザイン

ワゴンRには、3タイプのデザインがあります。


f:id:totalcar:20190315160107j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp ”

最もベーシックなのが、ハイブリッドが搭載されていないFAグレードと、HYBRID FXグレードのデザインです。

ヘッドライト、フロントグリルなど、スクエア基調なデザインですね。

これが一番初代ワゴンRに近いデザインになっていると思います。


標準モデルの上級グレード、HYBRID FXグレードは、ヘッドライトが上下二段に分かれているのが特徴です。


f:id:totalcar:20190315160132j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp ”

ちょっとヴェルファイアっぽい感じもありますね。サイドのウインドウの形も似ていますし。


こちらはスティングレー。キャデラックっぽい雰囲気を感じます。


f:id:totalcar:20190315160226j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp ”



デザインの好みは人それぞれではありますが、現行ワゴンRのデザインはちょっと不評なので、デザイン的には新型デイズの方が多くの人に受け入れられるのではないかと思います。


5.価格

最後に、新型デイズと、ワゴンRの価格を比較してみましょう。

新型デイズの価格

新型デイズの価格は、以下のようになっています。

B・・・119万9,880円
S・・・127万3,320円
X・・・132万5,160円
ハイウェイスターX・・・146万9,880円
ハイウェイスターGターボ・・・154万9,800円

ワゴンRの価格

ワゴンRの価格は、以下のようになっています。

FA・・・107万8,920円
HYBRID FX・・・117万7,200円
HYBRID FZ・・・135万円

ワゴンRスティングレー
HYBRID X・・・148万8,240円
HYBRID T・・・165万8,880円


エントリー価格は、新型デイズの方がワゴンRよりも10万円以上高くなるようで、安く移動できる足としての車としては、ワゴンRの方が良さそうです。

カスタムモデルであるハイウェイスターとスティングレーの比較だと、価格は逆転して、スティングレーの方が高いくらいになっています。


5.結局、どっちが良いの?

新型デイズとワゴンR、結局どっちが良いの?ということですが、いま出ている情報を見る限りは、広さ、乗り心地、自動運転機能に魅力を感じるなら新型デイズ、燃費有線ならワゴンRを選べば良いという結論になりそうです。

現行デイズが、ワゴンRに比べて特別良い点がなかったことから比べると、とても強力なライバルに仕上がっています。


現行デイズとワゴンRの比較はこちら
www.bibit-modelchange.com

www.bibit-modelchange.com


6.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。