Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

日野 デュトロ 新型 画像、グレードなど。発売日は2017年5月8日!自動ブレーキ搭載

日野自動車の小型トラック、デュトロが改良され、自動ブレーキなどが搭載されます。

ライバルのエルフ、キャンター、カゼットと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク


発売日

新型デュトロの発売日は、2017年5月8日です。

2.デザイン

今回は一部改良という位置づけなので、デザインは変わらないでしょう。

f:id:totalcar:20170419004017j:plain

3.予防安全性能

新型デュトロでは、予防安全性能など、安全に関わる部分が強化されています。

・プリクラッシュセーフティシステム
ミリ波レーダーと画像センサーにより、歩行者も検知することができる自動ブレーキを搭載


・車線逸脱警報機能
車線から逸脱する恐れがあると判断した時、ドライバーに警告します


・電動パーキングブレーキ
操作が簡単で先進的な、電動パーキングブレーキを採用


・VSC(車両安定制御システム)
横滑り防止システムとも呼ばれ、カーブを安定して曲がることができる機能です。

ライバル車の予防安全性能は

今のところ、自動ブレーキや車線逸脱警報機能が搭載されている小型トラックはありません。

小型トラックとしてはデュトロがトップの予防安全性能を獲得する。といえるでしょう。

ただし、今後はライバル車にも採用されていくものと予想されています。

4.環境性能

車両総重量が7.5トンを超えるモデルに関して、エンジンと排出ガス後処理装置の改良により、平成28年度排出ガス規制に適合。

これも、今のところライバル車で平成28年度の基準に適合している車はありませんが、順次適合車が発売される見込みです。

5.準中型免許に対応

平成29年3月から、準中型免許制度が始まるのに合わせて、準中型免許で運転できる新グレードが追加されます。

ドライバー不足に対応した施策であるといえます。

6.総括

自動ブレーキや車線逸脱警報機能、平成28年度の排出ガス規制への適合など、安全面、環境面で性能がアップした新型デュトロ。

自動ブレーキなどの予防安全性能はライバル車にも採用が噂されていますし、排出ガス規制への適合は喫緊の課題なので、ライバル車も順次適合してくるでしょうが、デュトロが一歩先に出た。という印象です。

さすがトヨタグループといったところでしょうか。

7.新車、中古車を契約の前に!

乗用車や小型トラックの買い替えを検討している方はこちら
>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

中型、大型トラックの買い替えを検討している方は、こちら
>>トラック、バス、重機も!カービュー商用車買取一括査定

スポンサーリンク


画像は日野自動車のホームページから引用しております。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。