Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

e-POWERは、デメリットが多い?実燃費が悪い?加速力が悪い?弱点は?もちろん、メリットもあります

ノートやセレナに搭載されている、日産のハイブリッドシステム「e-POWER」

e-POWERのおかげでノートが2018年の登録車販売台数No1になるなど、大人気となっています。

これからe-POWERの搭載された車を検討している方も多いのではないかと思います。

そんな方々に向けて今回は、e-POWERのメリット、デメリット、他社のハイブリッドと比較してどうなのか。といった点を紹介します。

スポンサーリンク


1.e-POWERのデメリット

それではさっそく、e-POWER搭載車のデメリットを紹介します。

高速域での実燃費が少し悪い

e-POWERシステムは、エンジンは発電専用で、走行はモーターのみが担当します。

低速域では、電池の消費量に応じてエンジンが動いたり止まったりできるので燃費が良いのですが、高速域では、常に発電をする必要があります。

常にエンジンがかかっているのであれば、エンジンで直接走行した方が効率が良いのですが、e-POWERではそれができないので、実燃費が悪くなってしまいます。

一方、トヨタやホンダのハイブリッドは、エンジンで直接走行することもできるので、高速域での実燃費はトヨタやホンダのハイブリッド車の方が良くなっています。

大体100km/h程度で巡航した時、ノートe-POWERの実燃費は22km/L程度、アクアやフィットハイブリッドは25km/L程度になるようです。

実際、友達のノートe-POWERに乗せてもらいましたが、軽く20km/Lは超えていたので、e-POWER発売当初に言われているほど悪いというわけではありません。

友達のノートe-POWERにはインテリジェントクルーズコントロールが搭載されていたので、普通に運転をするよりは燃費が良かったのかもしれません。


価格が高い

e-POWER搭載車は、普通のガソリン車よりも価格が高いのはもちろん、トヨタやホンダのハイブリッド車よりも高くなっています。

e-POWER搭載車の価格は、非搭載車よりも約50万円も高くなってしまいます。

トヨタやホンダのハイブリッド車は、非ハイブリッド車との価格差は30万円程度です。

e-POWER搭載車は、トヨタやホンダのハイブリッド車よりもパワフルなモーター、容量の大きいバッテリーを搭載していることが理由だと考えられます。


高速域での加速力はそれほど

e-POWERは、モーターの特性により、低速域の加速はとても良いです。

その反面、高速域ではそれほど加速が良いわけではありません。モーターの特性の他に、高速走行をしているとバッテリーがすぐになくなってしまい、エンジンで常に充電をしながら走行することになります。そのエンジンで発電する電力の範囲内でしかパワーを発揮できないということですね。

もちろん、バッテリーがなくても一般的な高速道路の上り坂で100km/hを維持できない。といったことはありませんが、ちょっと物足りなさを感じると思います。

高速域での加速力は、ノートe-POWERよりもフィットハイブリッド、セレナe-POWERよりもステップワゴンハイブリッドの方が優れています。

スポンサーリンク



2.e-POWERのメリット

さて、e-POWERのデメリットばっかり書いていてもアレなので、e-POWERのメリットも紹介します。

発進加速が良い

e-POWERは、モーターだけで走行するわけですが、モーターの特性として回転直後から最大のトルクを発揮することができるので、発進加速や低速域での加速力がとても良いです。

日産リーフと180SXが発進加速の勝負をして、リーフが勝っているCMを見たことがある方もいるかもしれません。

あのCMでもわかるように、モーターは発進加速がとても良いという特徴があります。

発進加速では、ノートe-POWERはアクアやヴィッツハイブリッド、フィットハイブリッドよりも良く、セレナe-POWERはノア/ヴォクシーハイブリッドよりも良いです。

ただし、ステップワゴンハイブリッドは元々とてもパワフルなシステムを搭載しているので、セレナe-POWERより発進加速は良いです。

加速がシームレス

エンジンとモーターが頻繁に切り替わる他社にハイブリッドに比べ、常にモーターのみで走行するe-POWERは、加速がシームレスで気持ちが良いです。

他社のハイブリッドでは、ある程度加速をしたところでエンジンがかかります。そこで「ブルッ」という音や振動が入りますが、e-POWERにはそれがありません。

もちろん、バッテリー残量が低下したら発電のためにエンジンがかかりますが、駆動系とはつながっていないので、加速中の違和感などは少ないです。

低~中速域で静か

e-POWERは、低~中速域(60km/hくらいまで)では他の同クラスのハイブリッド車に比べて、静かです。

バッテリーが減ってきたら発電のためにエンジンがかかりますが、低~中速域なら回転数は低めでとても静かです。

ただし、それがアクセルとエンジンの回転数が連動していないということで、違和感に感じる人もいると思います。


3.e-POWERは、ハイブリッドである

日産のCMでは、e-POWER搭載車のことを、「充電不要の電気自動車」「新しい形の電気自動車」という風にアピールしています。

しかし、e-POWERは、ガソリン車、ハイブリッド車、電気自動車という区分の中では、ハイブリッド車にあたります。

ハイブリッド車の中には「シリーズ式ハイブリッド車」「パラレル式ハイブリッド車」「シリーズパラレル式ハイブリッド車」の3つの区分があります。

シリーズ式ハイブリッド車とは、エンジンは発電専用で、モーターの力のみで走る車のことです。ノートe-POWERは、ここにあてはまります。

パラレル式ハイブリッド車とは、基本的にはエンジンで走行し、モーターが補助をする。という仕組みの車のことです。マイルドハイブリッドとも呼ばれ、スズキや、先代ホンダフィットハイブリッドなどがあてはまります。

シリーズパラレル式ハイブリッドとは、エンジンの出力を走行にも発電にも使用することができる車のことです。現在のトヨタやホンダのハイブリッド車があてはまります。

「新しいカタチの電気自動車」ではなく、ただのハイブリッド車なんだ。と思うと、ちょっと珍しさが減ったような感じはしますが、走行に関してはモーターのみで走るので、発電機を搭載した電気自動車」という捉え方をできなくもありません。


4.e-POWERがおすすめの人

e-POWERのメリット、デメリットを紹介しましたが、e-POWERがおすすめの人は、以下のような条件にあてはまる人ということになります。

・低~中速域での走行が多い人
ノートe-POWERは、80km/hくらいまでなら燃費もよく、また60km/hくらいまでならとても静かです。

街乗りからバイパスや都市高速くらいまでが主な使い方な人におすすめできます。


・電気自動車的な走行感覚を楽しみたい人
エンジンとモーターが強調して走る他社のハイブリッド車に比べ、ノートe-POWERはモーターのみで走行するので、より電気自動車に近い走行感覚を味わうことができます。

音も電車っぽくてちょっと楽しかったりします。

純粋な電気自動車は、充電設備や航続距離といった点でなかなか購入に踏み切れないですよね。

そういった方には、e-POWERはおすすめです。


5.e-POWER搭載車

現在e-POWERを搭載している車は、ノートとセレナの2車種だけです。

ノートe-POWER
f:id:totalcar:20190318194456p:plain
画像出典https://www3.nissan.co.jp

セレナe-POWER
f:id:totalcar:20190318194530p:plain
画像出典https://www3.nissan.co.jp

どちらも、フロントグリルに青いラインが入っていて、e-POWERであることを主張しています。

その他のデザインはガソリン車とほぼ同じです。


ノートよりもセレナの方がサイズが大きく重いので、パワフルなモーターを搭載しています。


6.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。