Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

エスクード マイナーチェンジは2017年末か。画像、変更点、価格予想などカタログ情報!

スズキ、エスクードが2017年末にもマイナーチェンジされるようです。

今回は、ライバルのスバル、XVと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク


1.デザイン

エスクードは、7月に1.4Lターボ車が投入されたのですが、その1.4Lターボ車は、既存の1.6L車と比べてフロントグリルのデザインが変更されていました。

今回のマイナーチェンジは、それよりももう少し大きな変更となり、フロントバンパー、リヤハッチ、リヤコンビランプのデザインが変更されるようです。


テスト走行の様子
f:id:totalcar:20170909153246j:plain

f:id:totalcar:20170909153259j:plain出典motor1.com

細かいデザインまではまだ分かりませんが、偽装されている部分のデザインが変更されるでしょう。

2.パワートレイン

パワートレインは、先日1.4Lターボエンジンが追加されたばかりなので、現行から変わらず、1.6Lエンジンと1.4Lターボエンジンの二本立てとなるでしょう。


1.6Lエンジン
最高出力・・・117ps/6000rpm
最大トルク・・・15.4kgm/4400rpm


1.4Lターボエンジン
最高出力・・・136ps/5500rpm
最大トルク・・・21.4kgm/2100-4000rpm

XVのパワートレイン

ライバルのXVには、1.6Lエンジンと、2.0Lエンジンがラインナップされています。


1.6Lエンジン
最高出力・・・115ps/6200rpm
最大トルク・・・15.1kgm/3600rpm

2.0Lエンジン
最高出力・・・154ps/6000rpm
最大トルク・・・20.0kgm/4000rpm


エスクードの1.4Lターボエンジンよりも、XVの2.0Lエンジンのほうがパワフルですが、1.4Lターボエンジンの方が低回転から太いトルクが出るので、市街地では運転しやすいでしょう。

3.走行性能

XVは、コンパクトSUVとしては走行性能が高いことで知られていますが、エスクードもこのクラスでは走行性能が高い方です。

最低地上高は、
エスクード・・・185mm
XV・・・200mm

と、XVの方が高いのですが、エスクードも全て4WDのみのラインナップで、「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」からなるオールグリップにより、高い走行性能を実現しています。


さほど深くない積雪路や、凍結路などでは、エスクードの方が安定しているのではないかと思えるほどです。


一方。深い積雪路では、最低地上高がものをいうので、XVの方が良いかと思います。

4.安全性能

新型エスクードでは、レーダーブレーキサポートⅡに変わり、デュアルセンサーブレーキサポートが搭載されるはずです。


デュアルセンサーブレーキサポートは、

・歩行者検知型自動ブレーキ
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能

など、今の車の予防安全機能として基本的な機能は揃っています。

XVの予防安全性能

予防安全性能は、XVの方が上といえます。

XVには、アイサイトvsr3が搭載されています。

・歩行者検知型自動ブレーキ
・全車速追従機能付クルーズコントロール
・アクティブレーンキープ
・誤発進、誤後進抑制制御
・後側方警戒支援システム
・ハイビームアシスト
・ステアリング連動ヘッドランプ

などが搭載されています。


特に、レーンキープアシストや、クルーズコントロールなどの運転支援機能が充実しています。

また、最新のスバルグローバルプラットフォームにより、衝突時の安全性もXVの方が高いであろうと予想されます。

5.価格

新型エスクードの価格は、現行とほぼ同じとなるでしょう。

1.6L・・・235万円~
1.4Lターボ・・・258万円~

XVの価格は

XVの価格は、
1.6i EyeSight・・・213万8,400円
1.6i-L EyeSight・・・224万6,400円
2.0i-L EyeSight・・・248万8,400円
2.0i-L EyeSight・・・267万8,400円


エスクードはLEDヘッドランプが全車標準装備(XVは最上級グレードのみ)などを考えると、価格はほぼ同等です。

6.総括

新型エスクードは、予防安全性能が向上して、いっそうXVのライバルにふさわしい存在となりそうです。

知名度の低い車ですが、周りと同じ車は嫌だ。といったニーズを上手につかむことができれば、隠れた伏兵になりそうです。

7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


画像は日産、テスラHPより引用

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。