Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

FJクルーザー 生産終了は2018年。後継車はFT-4X。特別仕様車、ファイナルエディション情報も。

トヨタの本格オフロード、FJクルーザーが2018年にも生産終了となります。

今回は、FJクルーザーの後継車の情報、特別仕様車の情報などを紹介しましょう。

スポンサーリンク


1.FJクルーザー

FJクルーザーは、2010年に発売されたSUVです。

元々、北米専用車として開発されており、北米では2006年から発売されています。

その後、海外でも販売してくれ。という声が多くあり、2008年にはメキシコ、中国で発売開始、2010年には日本で発売開始、2011年には豪州でも発売されています。

こうしてみると大人気で、世界中で販売が拡大されたのか?と見えますが、実は販売自体はいまひとつ不振で、2014年には北米での販売を終了しています。


日本でも、2016年に生産終了となる予定でしたが、駆け込み需要が想定よりも多かったようで、今まで細々と販売が続いています。

日本での生産終了は、2018年初頭です。

2.ファイナルエディション発売

2017年9月12日に、FJクルーザーの特別仕様車、ファイナルエディションが発売されます。

名前からも分かるように、FJクルーザーの最後を飾る特別仕様車です。

特別仕様車、ファイナルエディションの仕様は、

・ブラックフロントバンパー
・ブラックリヤバンパー
・ブラックドアミラー
・ブラックスペアタイヤカバー
・ベージュシート表皮
・ベージュセンタークラスター

など、ベージュとブラックを積極採用したデザインとなっています。

ボディはベージュで、FJクルーザーのルーフの色は、全てホワイトなのですが、今回の特別仕様車もルーフはホワイトです。

3.後継車はFT-4X?

FJクルーザーの後継車の情報が早くも出てきています。

トヨタは、FT-4Xというコンセプトカーを、2017年4月に開催された、ニューヨークモーターショーで公開しています。

f:id:totalcar:20170614035737j:plain

f:id:totalcar:20170614035743j:plain

f:id:totalcar:20170614035751j:plain

FT-4Xは、「手軽さ」「カジュアルさ」を好む30代半ばまでの若者をターゲットにしている。ということで、FJクルーザーよりはもう少しライトな感じのSUVになりそうです。

FT-4Xが市販化されるまでにはまだ数年かかる予定で、それまで少し、空白期間が生まれそうです。

FJクルーザー後継車の情報に関しては、今後も追っていきます。

4.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


画像はトヨタのホームページから引用しております。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。