Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

いすゞ ギガ 新型 内装、画像など。新型ギガの評判は?

いすゞの大型トラック、ギガが改良され、安全性、環境性能が向上しました。

いすゞ、ギガのどういったところが変わったのか、みていきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

いすゞ、新型ギガの発売日は、2017年4月27日です。

2.デザイン

ギガは、2015年にフルモデルチェンジされたばかりで、今回は一部改良という扱いなので、デザインは特に変わっていません。

f:id:totalcar:20170504011835j:plain

3.安全性能

プリクラッシュブレーキのミリ波レーダー、カメラの性能を向上し、減速力が向上しました。

これにより、最新の安全法規に対応したということです。



ギガに採用されている先進安全機能は、

・サイドビュー&バックアイモニター
左ウインカーに連動して作動するサイドビューカメラと、バックギアに連動するバックカメラによって死角を減らします。

・車線逸脱警報
車線をカメラで検知し、車線を逸脱しそうになると警報音で警告します。


・ミリ波車間クルーズⅡ
先行車に追従するレーダークルーズコントロールです。


・ミリ波車間ウォーニング
先行車との車間を検知し、接近しすぎていると判断した場合、ドライバーに警告します。

・プリクラッシュブレーキ
ミリ波レーダーとカメラで先行車を検知し、追突が避けられない場合は自動でブレーキを作動させます。

相対速度70km/hまで衝突を回避できるようです。

なお、歩行者には対応していません。

4.環境性能

燃費性能はそのままに、平成28年度排出ガス規制に適合しました。

また、Smartグライド+gというシステムが搭載されました。

Smartグライド+gとは、地図情報とGPSによりこの先の道路の勾配を予測し、適切なギア段を選択することによって燃料を節約するシステムです。

実燃費の向上に役立ちます。

5.その他変更点

・ヘッドライト、室内灯がLEDに

・Gカーゴでは、LEDリヤコンビランプが標準装備に

6.新型ギガの評判は?

2015年にフルモデルチェンジされたギガですが、新型ギガの評判が出てきています。

よく聞かれるものは、

・低速域で運転しやすくなった
・乗り心地が良くなった
・燃費が良くなった

・収納が少ない
・スイッチが使いづらい

こういったところです。

内装の不満がちょくちょく出てきているようです。

7.トラックの購入を検討中の方へ

トラックの買い取りは、これまで各トラック買取業者に相見積もりを取ることが一般的でしたが、最近では乗用車と同じように一括査定サイトが出てきました。

一括査定を利用したほうが、手間なく、より高い価格でトラックを売ることができます。

>>最高値はいくら?トラック一括査定王

「トラック王国」「トラックジャパン」「1069堂」「買取の王道」「ソッキン王」など、トラックの買取で有名な会社が参加しているので、ここで査定してもらうだけで、最高値を知ることができます。

もちろん、査定は無料で、必ず売らないといけないということはないので、一度試してみて下さい。

スポンサーリンク


画像はいすゞのホームページから引用しております。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。