Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

新型グランエース 発売日は、2019年冬!内装、外装、サイズ、価格など、カタログ予想情報!

トヨタから、トヨタ最大のフルサイズバン、グランエースが発売されます。

グランエースは、アルファード・ヴェルファイアよりも大きく、サイズ的にはメルセデス・ベンツVクラスがライバルとなります。

今回は、新型グランエースを、メルセデス・ベンツVクラス、アルファード・ヴェルファイアと比較しながら紹介していきます。

スポンサーリンク


発売日

グランエースの発売日は、2019年中になると、トヨタから正式に発表されました。

東京モーターショーでワールドプレミアされます。


デザイン

新型グランエースは、海外向けの新型ハイエースをベースに、高級感を持たせたデザインとなっています。

f:id:totalcar:20191010132526j:plain

f:id:totalcar:20191010132522j:plain

f:id:totalcar:20191010132514j:plain

f:id:totalcar:20191010132510j:plain

f:id:totalcar:20191010132530j:plain
出典https://global.toyota



ハイエースがベースといっても、商用車らしさは全くなく、アルファード・ヴェルファイアに匹敵する質感に仕上げられています。


注目は、アルファード・ヴェルファイアにはない、4列8人乗りが設定されているという点です。

次の項目で紹介しますが、新型グランエースは、アルファード・ヴェルファイアよりも、ずいぶん大きなボディを持っています。

その大きなボディを生かして、4列シートでもそれぞれに快適なシートがおごられています。

アルファード・ヴェルファイアの8人乗りは、2列目、3列目がベンチシートタイプになっており、横並びに3人座るようになっていますが、グランエースは4列とも独立したシートで、アルファード・ヴェルファイアよりも快適に、8人乗ることができます。


ボディサイズ

新型グランエースは、そのサイズの大きさが注目されています。

新型グランエースのボディサイズは、全長5,300mm×全幅1,970mm×全高1,990mmです。

大きなミニバン、アルファード・ヴェルファイアと比べても、全長は355mm長く、全幅は120mm広く、全高は140mm高いです。


メルセデス・ベンツVクラスの一番大きなモデル、エクストラロングのサイズが、全長5,380mm×全幅1,930mm×全高1,880mmなので、それに匹敵するボディサイズです。

Vクラスでも、エクストラロングはめったに見かけないので、日本国内では取り回しづらいサイズです。


エンジン

新型グランエースには、2.8Lディーゼルエンジンが搭載されます。


【2.8Lディーゼルエンジン】
最高出力・・・151ps/3600rpm
最大トルク・・・30.6kgm/1000-3400rpm


メルセデス・ベンツVクラスには、2.2Lディーゼルターボエンジンが搭載されています。


【2.2Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・163ps/3800rpm
最大トルク・・・38.8kgm/1400-2400rpm


アルファード・ヴェルファイアのようなハイブリッドは設定されません。


予防安全性能

新型グランエースの予防安全性能は、アルファード・ヴェルファイアと同等で、最新のトヨタセーフティセンスが搭載されます。


最新のトヨタセーフティセンスの機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティ(歩行者、昼の自転車対応)
・レーントレーシングアシスト
・アダプティブクルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・標識認識機能


価格

新型グランエースの価格は、500万円弱~に設定されるとみられています。

価格としては、アルファード・ヴェルファイアと、Vクラスの中間の価格になるでしょう。


東京オリンピックを見据えた発売

トヨタは、どうしてこんなに大きな新型車を発売するのか。

東京オリンピックを見据えて、海外の富裕層の送迎需要を期待してということだそうです。

オリンピック以外でも、インバウンド需要などでこれから海外の富裕層がどんどん日本に観光に来ることが考えられます。

個人ユースではなく、そういった送迎車として使われることを念頭に置いた新型車が、グランエースです。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。