Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  新型クラウン 新型カローラ
RAV4 フォレスター  新型タント 

GRスーパースポーツコンセプト 市販車 発売日は、2022年?価格は1億円も。スペック、画像など、カタログ予想情報!

トヨタのスーパーカーコンセプト、GRスーパースポーツコンセプトが、市販されるようです。

今回は、かつて販売されていたレクサスのスーパーカー、レクサスLFAと比較しながら紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.デザイン

GRスーパースポーツコンセプトは、スーパーカー、本格レーシングカーといったデザインです。

f:id:totalcar:20180623155901j:plain出典newsroom.toyota.co.jp

f:id:totalcar:20180623155905j:plain出典newsroom.toyota.co.jp


GRスーパースポーツコンセプトのベースとなった、TS5050 HYBRIDという車は、今でもル・マンなどで活躍しています。

f:id:totalcar:20180623155909j:plain出典newsroom.toyota.co.jp



こちらは、レクサスLFAのデザイン。
f:id:totalcar:20180623160057j:plain出典lexus.jp


レクサスLFAと比べても、レクサスLFAは、まだ比較的市販車のスーパーカーっぽいデザインであるのに対し、GRスーパースポーツコンセプトは、本当にこのデザインで市販されるの?という感じです。


街中を走っていることをイメージする分には、LFAの方が格好良いかな。と思います。


2.スペック

GRスーパースポーツコンセプトは、システム出力1000psという、まさにスーパースポーツカーです。

パワートレインは、2.4Lツインターボエンジンと、モーターを組み合わせたハイブリッドになっています。

そのハイブリッドシステムも、THSⅡではなく、THS・Rというレーシングカー専用のものとなっており、燃費重視ではなく、モーターのパワーをすべて走りに振り向けるようなセッティングになっているようです。



1000psともなると、街中では逆にパワーがありすぎて扱いに困りそうですね。

基本的には、サーキットに持ち込んで楽しむ車ということになりそうです。

LFAのスペック

レクサスLFAには、V10 4.8Lターボエンジンが搭載されています。

最高出力は560ps、最大トルクは48.9kgmと、とてもパワフルなのですが、GRスーパースポーツコンセプトは、さらに倍くらいのパワーがあることになります。まさに怪物ですね。


3.発売時期、予約など

GRスーパースポーツコンセプトの発売時期は、2022年頃になるでしょう。

おそらく台数限定販売となり、予約が限定台数を上回った場合、抽選になると思われます。

販売台数にもよりますが、プレミアがつくことも考えられます。


4.価格

GRスーパースポーツコンセプトの価格は、7,000万円~8,000万円程度になるといわれています。

日本のメーカーが発売する車は、スーパーカーと呼ばれるジャンルでも、比較的コストパフォーマンスが良いと言われています。(GT-R、LFAなど)

GRスーパースポーツコンセプトは、価格も海外のスーパーカーに匹敵するくらいの高値になりそうです。

数億といった車もあるので、それに比べれば、まだお値打ちなのかもしれません。


それでも、1000psであることを考えると安いのかもしれません。



ちなみに、レクサスLFAは、中古車市場では、今でも新車価格よりも高値で流通しています。

GRスーパースポーツコンセプトも、限定販売で販売台数が少なければ、購入すること自体が投資にもなるかもしれません。


5.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。