Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  新型クラウン 新型カローラ
RAV4 フォレスター  新型タント 

Nissan GT-R50 by Italdesign(イタルデザイン)日本発売も!?価格は90万ユーロ。スペックが凄い!

日産から、Nissan GT-R50 by Italdesignの生産に関する情報が発表されました。

Nissan GT-R50 by Italdesignは、制約なく自由に作ったGT-Rということで、標準のGT-Rと比較しながら、Nissan GT-R50 by Italdesign
を紹介していきます。

スポンサーリンク


1.日本発売も

Nissan GT-R50 by Italdesignは、世界で50台程度の少量生産される可能性がある。との発表がありました。


イタルデザインの社長も、この『車のモンスター』がほどなくして50名の選ばれしエンスージアストの生活に新たな彩りをもたらすことです。と言っています。

おそらく、50台の限定生産ということで間違いないでしょう。

日産の車なわけなので、一部は日本市場にも割り当てられることと思います。


2.デザイン

Nissan GT-R50 by Italdesignのデザインは、ゴールド装飾がされ、スポーティーさとゴージャス感を持ち合わせたデザインです。

f:id:totalcar:20180712022657j:plain出典newsroom.nissan-global.com

f:id:totalcar:20180712022715j:plain出典newsroom.nissan-global.com

f:id:totalcar:20180712022733j:plain出典newsroom.nissan-global.com


このデザインは、日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当したということで、日本はかかわっていないようです。

日本はかかわっていないものの、エアアウトレット部分の「サムライブレード」など、日本を思わせるネーミングになっている部分もあります。


Nissan GT-R50 by Italdesignは、今後数ヶ月の間に、世界各地でお披露目されるということです。

日本でも、展示される予定が組まれることでしょう。


ベース車両と比較してみましょう。

f:id:totalcar:20180712023227j:plain出典www3.nissan.co.jp

f:id:totalcar:20180712023234j:plain出典www3.nissan.co.jp

デザインは、ベースとなるGT-Rにゴールドの加飾をしてゴージャスに見せかけているだけではなく、様々なところが専用に設計されていることが分かります。

鋭いヘッドライトに張り出したフロントグリル、突出したブレーキランプなど、いかにもスポーティーで、矢のように駆け抜けるイメージが目に浮かびます。


3.スペック

Nissan GT-R50 by Italdesignには、GT-Rよりもさらにパワフルなエンジンが搭載されています。

【3.8Lエンジン】
最高出力・・・720ps/7100rpm
最大トルク・・・780Nm/3600-5600rpm


【ベースGT-Rのエンジン】
最高出力・・・570ps/6800rpm
最大トルク・・・65.0kgm/3300-5800rpm

Nissan GT-R50 by Italdesignは、ベースとなるGT-Rよりも150psもパワフルです。

GT-R NISMOのエンジンと比べても、120psもパワフルになっています。

【GT-R NISMO】
最高出力・・・600ps/6800rpm
最大トルク・・・66.5kgm/3600-5600rpm


このエンジンは、手作業で組み立てられるということです。

また、この強大なエンジンパワーに対応するため、新設計のビルシュタイン製サスペンションとブレンボ製ブレーキが採用されます。


4.価格

Nissan GT-R50 by Italdesignの価格は、90万ユーロ程度になるといわれています。

90万ユーロは、日本円に直すと1億2000万円程度です。

ベースのGT-Rの10倍以上にもなる価格です。ちょっとびっくりですね。


しかも限定50台ということで、フェラーリなどのように、将来的にプレミアがついて定価よりも高く取引されるようになるのではないでしょうか。


5.製作の背景

日産は、どうしてこれほどとてつもなく高い車を作ろうと思ったのでしょうか。

Nissan GT-R50 by Italdesignは、GT-Rとイタルデザイン両方の50周年を記念したモデル。ということで開発がはじまったようです。

『何の制約もなくGT-Rをつくったらどうなるだろう』とこれまで何度考えたことでしょう。今、それを実現できるのです。ということを日産の専務が発言していますが、GT-Rを本当に自由に作るとこういうスペックになり、なおかつこういう価格になってしまうのでしょう。

ベースのGT-Rが、あれだけのスペックで1000万円程度で販売されているというのは、やはり多くの苦労と制約があったということなのでしょう。


GT-R50周年記念というからには、GT-R生まれの地である日本には少し多めに割り当てがほしいものですね。


5.総括

Nissan GT-R50 by Italdesignは、超ハイスペック&少量生産のプレミアムカーになりそうです。

GT-Rといえば、性能の割には価格が安い、日本車的な面も持っていましたが、Nissan GT-R50 by Italdesignに関しては思いっきりプレミアム価格になりそうですね。

こういった車は、投資の対象にもなるのかもしれません。


6.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。