Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

【ハリアー 新型 2019】フルモデルチェンジ時期、内装、外装、サイズ、価格は、どうなる?カタログ予想情報!

トヨタ、ハリアーが2019年にもフルモデルチェンジ時期を迎えます。

新型ハリアーは、CX-5、RAV4、CR-Vなどがライバル車となります。

これらのライバル車と比較しながら、新型ハリアーの最新情報を紹介します。

スポンサーリンク


1. 2019年にフルモデルチェンジか

ハリアーのフルモデルチェンジ時期は、2019年中となるでしょう。

現行ハリアーは2013年に発売され、マイナーチェンジは2017年に実施されているので、2020年になるかもしれません。


2.TNGAプラットフォーム採用

新型ハリアーには、TNGAプラットフォームが採用されることが確実です。

TNGAプラットフォームを採用するSUVとしては、先にRAV4が発表されており、RAV4は2019年春に日本でも発売されます。

走行性能や乗り心地が大きく向上することに期待が持てます。

現行ハリアーは、見た目の質感は高いのですが、乗り心地や走りでは、ライバルのCX-5などに劣っていました。

TNGAプラットフォームの採用によって、見た目も中身も完成度の高い車になることに期待が持てます。


先に発売される新型RAV4の乗り心地や走りにも注目をしたいですね。

ハリアーは、RAV4よりも上級の車という位置づけになるので、新型RAV4よりも乗り心地や静粛性は高く仕上げてくるはずです。


3.ボディサイズは大きくなる?

新型ハリアーのボディサイズは、全幅だけ少し大きくなり、全長4,725mm×全幅1,840mm×全高1,690mmくらいになるでしょう。

ホイールベースは、新型RAV4と同じになるはずなので、2,690mmになるでしょう。

ホイールベースが延長される分、後部座席の足元空間などが広くなりそうです。もっとも、現行型でも特に狭いわけではありません。

ライバル車のボディサイズ

CX-5のボディサイズは、全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mm

RAV4のボディサイズは、全長4,595mm×全幅1,855mm×全高1,700mm

CR-Vのボディサイズは、全長4,605mm×全幅1,855mm×全高1,680mm

です。

ハリアーは、元々レクサスRXの兄弟車であったこともあり、車格感を維持するために全長が長くなっています。


4.新型エンジン搭載か

新型ハリアーでは、2.0Lガソリン車と、2.5Lハイブリッド車のエンジンが、新しくなるでしょう。

【2.0Lエンジン】
最高出力・・・174ps/6600rpm
最大トルク・・・21.3kgm/6600rpm

【2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・176ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.4kgm/3600-5200rpm
モーター最高出力・・・150ps
モーター最大トルク・・・28kgm


2.0Lターボエンジンはそのままとなるでしょう。

【2.0Lターボ】
最高出力・・・231ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1650-4000rpm

ライバル車のエンジン

CX-5には、2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.5Lターボ、2.2Lディーゼルターボと、4種類のパワートレインがラインナップされています。

【2.0Lエンジン】
最高出力・・・156ps/6000rpm
最大トルク・・・20.3kgm/4000rpm


【2.5Lガソリン】
最高出力・・・190ps/6000rpm
最大トルク・・・25.7kgm/4000rpm

【2.5Lターボ】
最高出力・・・230ps/4250rpm
最大トルク・・・42.8kgm/2000rpm

【2.2Lディーゼルターボ】
最高出力・・・190ps/4500rpm
最大トルク・・・45.9kgm/2000rpm


CR-Vには、1.5Lターボエンジンと、2.0Lハイブリッドがラインナップされています。

【1.5Lターボ】
最高出力・・・190ps/5600rpm
最大トルク・・・24.5kgm/2000-5000rpm

【2.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgm

CR-Vのパワートレインは、ターボ、ハイブリッドともに排気量の割にパワフルです。

1.5Lターボエンジンは、2.5LNAエンジンなみのパワー。2.0Lハイブリッドは、トヨタの2.5Lハイブリッドなみのパワーとなっています。


RAV4はトヨタなので、パワートレインは新型ハリアーと同じとなるでしょう。


5.価格

新型ハリアーの価格は、現行モデルよりも10~20万円ほど高くなるでしょう。

同じエンジンが引き続き採用されるターボモデルよりも、新しいエンジンが搭載されるNAエンジン車と、ハイブリッド車の値上がりの幅が大きくなるかと思います。

それぞれ、どれくらい上がるかはまだ分かりません。調査中です。


6.総括

発売時は、高級感で頭一つ抜けていたハリアーでしたが、CX-5がフルモデルチェンジで、走り、高級感ともに大きく向上しました。

それによって、ハリアーは質感は悪くないけれど、走りはCX-5に劣る。という感じになってしまいました。

新型ハリアーは、フルモデルチェンジでTNGAプラットフォームが採用され、走りも大幅に向上するはずなので、高級SUVとしての人気をさらに確固たるものにすることができるでしょう。


7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。