Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

新型 ハイエース 5型 発表!内装、外装、価格、新ディーゼルエンジンなど、カタログ情報!

2017年11月24日更新

トヨタ、ハイエースの一部改良が発表されました。

今回の改良は、新ディーゼルエンジンの投入など、マイナーチェンジ並の改良となっています。

ライバル、日産キャラバンと比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

ハイエースの一部改良は、2017年11月22日に実施されました。

発売日は、2017年12月1日からです。


一部改良なので、デザインはほとんど変わりませんが、DXグレードのインテリアの質感が高められるという情報が入っています。

ステアリングホイールや、メーターのデザインの若干の変更にとどまるでしょう。


外装
f:id:totalcar:20160906213429j:plain出典:トヨタHP

内装
f:id:totalcar:20170925160432j:plain出典:トヨタHP



ハイエースは、2018年~2019年にはにフルモデルチェンジも予定されています。
totalcar.hatenablog.com

キャラバンはマイナーチェンジされたばかり

キャラバンは、2017年7月にマイナーチェンジされ、デザインと安全性が高められました。

f:id:totalcar:20170720205124j:plain出典:日産HP

現行キャラバン発売時は、ハイエースのパクリだ。などと言われていましたが、今ではデザインの評価はキャラバンの方が高いような気もします。

www.bibit-modelchange.com

スポンサーリンク



2.トヨタセーフティセンスP標準装備

5型ハイエースには、トヨタセーフティセンスPが標準装備となり、安全性が大きく高められます。

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

が標準装備となり、予防安全性能が高められました。


ライバルのキャラバンに自動ブレーキなどが搭載されたため、それを上回るため、トヨタセーフティセンスCではなくPが搭載されたのでしょう。

キャラバンの予防安全

日産キャラバンには、2016年1月にエマージェンシーブレーキが搭載されています。

キャラバンのエマージェンシーブレーキは、5km/h~80km/hで作動し、速度差が30km/h以内だと衝突回避ができるというものです。


トヨタセーフティセンスPの自動ブレーキは、10km/h以上で作動し、速度差が40km/hまで衝突回避ができるので、新型ハイエースの方が性能は上ということになります。



その代わり、アラウンドビューモニターに相当する機能は、ハイエースにはありません。


※追記
ハイエースのトヨタセーフティセンスPには、レーダークルーズコントロールは搭載されませんでした。

コストカットのためなのでしょうか?センサーは同じなのだから大したコストにはならないような気もしますが。

レーダークルーズコントロールが搭載されないとなれば、キャラバンとの差は自動ブレーキの少しの性能の違いくらいになってしまいます。

ハイエースは、長距離運転することも多い車ですから、クルーズコントロールは付けてほしかったですね。

3.荷室空間は?

新型ハイエースの荷室空間は、従来型から特に変わっていません。

荷室の寸法は、

荷室長3,000mm×荷室幅1,520mm×荷室高1,335mm

です。

キャラバンの荷室空間

キャラバンの荷室の寸法は、

荷室長3,050mm×荷室幅1,520mm×荷室高1,325mm

です。


荷室の広さはほぼ同等ですが、キャラバンは、クラス最大の荷室容量と謳っているので、少しキャラバンの方が大きいのでしょう。

4.新ディーゼルエンジン搭載!

5型ハイエースには、新しいディーゼルエンジンが搭載されました。


搭載されたのは、2.8Lのディーゼルエンジンです。


新エンジンのスペックは、

最高出力・・・160ps
最大トルク・・・36.3kgm
燃費・・・12.4km/L

とパワーアップして、燃費も1割程度向上しています。

キャラバンのディーゼルエンジン

キャラバンには、2.5Lのディーゼルエンジンがあります。

スペックは、
最高出力・・・129ps
最大トルク・・・36.3kgm
燃費・・・13.2km/L

です。


トルクは新型ハイエースと同じですが、パワーは新型ハイエースの方がずいぶんパワフルです。

高速走行などは、新型ハイエースの方が楽にできそうです。

燃費は、キャラバンの方が若干良好です。

5.価格

新型ハイエースの価格は、

<ガソリン車>
スーパーGL・・・297万円~
DX・・・240万円~


<ディーゼル車>
スーパーGL・・・356万円~
DX・・・304万円~

となるでしょう。


特にディーゼルモデルの価格アップ大きくなっています。

走行距離が多くなりがちな車なので、燃費で元が取れればよいのですが、気になるところです。

キャラバンの価格は

キャラバンの価格は、

<ガソリン車>
プレミアムGX・・・290万9,520円
DX・・・227万7,720円


<ディーゼル車>
プレミアムGX・・・350万4,600円
DX・・・288万360円

となっています。


価格は、ガソリン車、ディーゼル車ともにキャラバンの方が安くなっています。

6.総括

トヨタ・ハイエースと日産キャラバンは、長年のライバルではありますが、常にハイエースの方が販売台数は多くなっています。

耐久性の高さや、リセールバリューの高さが人気のヒミツといわれています。「ハイエースは資産になる」とも言われているほどです。

購入時の価格はハイエースの方が少し高いかもしれませんが、売却時の価格差を考えると、結局ハイエースの方が安く済んだ。といった話もよく聞きます。

2016年にキャラバンが自動ブレーキを採用し、その差は少し縮まったようですが、ハイエースが更に上回る性能のものを搭載して、再び差が開きそうです。

5.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。