Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

【スズキ イグニス マイナーチェンジ】新型イグニスはどこが変わった?デザイン、新グレード、価格など、変更点を紹介!

スズキ、新型イグニスが、2月4日に発売されました。

クロスビーの影に隠れて存在感の薄いSUVでしたが、改良で力強いデザインに生まれ変わりました。

今回は、クロスビーと比較しながら、新型イグニスの情報を紹介します。

スポンサーリンク


デザインが力強く一新

新型イグニスは、これまでのモデルよりも力強いデザインに一新されました。

まず一番変化が大きいのが、フロントグリルです。

5スロットグリルをモチーフとした新しいデザインのフロントグリルが採用されています。

f:id:totalcar:20200205013928j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp

新型イグニスの、デザイン面での変更点は以下のとおりです。

・フロントグリルデザイン変更
・ボディ同色リヤバンパー採用
・シート表皮デザイン変更
・メーター盤面デザイン変更



また、SUVの力強さを更に強調した、HYBRID MFという新グレードも追加されました。

f:id:totalcar:20200205014027j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp

HYBRID MFグレードの専用装備は、以下のとおりです。

・スキッドプレート調専用フロントバンパー
・専用シルバー塗装リヤバンパー
・ルーフレール
・フェンダーアーチモール
・サイドアンダーモール
・レザー調シート表皮
・防汚タイプラゲッジフロア


パワートレインには変更ナシ

新型イグニスのパワートレインは、これまでと同じく1.2Lエンジンが搭載されています。

エンジン最高出力・・・91ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm


クロスビーには、1.0Lターボエンジンが搭載されています。

エンジン最高出力・・・99ps/5500rpm
エンジン最大トルク・・・15.3kgm/1700-4000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm


パワートレインは、クロスビーの方がパワフルです。

スポンサーリンク



新型イグニスの予防安全性能

新型イグニスには、以下の6つの予防安全機能が搭載されています。

・デュアルカメラブレーキサポート
・車線逸脱警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・誤発進抑制機能
・ふらつき警報機能
・全方位モニター用カメラ


クロスビーには、以下の9つの予防安全機能が搭載されています。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ


予防安全機能は、イグニスの方が優れています。


新型イグニスのボディサイズ

新型イグニスのボディサイズは、全長3,700mm×全幅1,660mm×全高1,605mmです。


クロスビーのボディサイズは、全長3,760mm×全幅1,670mm×全高1,705mmです。


わずかにクロスビーの方が大きいですが、小回りの目安である最小回転半径はどちらも4.7mと同じなので、運転感覚はどちらもほぼ同じようなものです。


価格は若干アップ

新型イグニスの価格は、旧型よりも2~3万円ほどアップしました。

HYBIRD MG・・・142万3,400円~
HYBRID MX・・・165万0,000円~
HYBRID MZ・・・178万8,600円~
HYBRID MF・・・183万9,200円~


クロスビーの価格は、以下のとおりです。

HYBRID MX・・・179万8,500円~
HYBRID MZ・・・204万500円~


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。