Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  新型クラウン 新型カローラ
RAV4 フォレスター  新型タント 

BMW iX3 発売日は2020年!価格は800万円前後?航続距離、スペック、画像などカタログ予想情報!

BMWは、2020年を目処に、新型電気自動車のiX3を発売する。と発表しました。

ライバルになりそうなのは、テスラのモデル3と、モデル3ベースのSUV、モデルYです。

ちょうど日本では、2020年頃にモデル3の納車がはじまりそうなので、モデル3と比較しながらみていきましょう。

1.デザイン

BMW iX3のデザインは、X3とほとんど変わりません。

f:id:totalcar:20180504062134j:plain出典Carscoops

f:id:totalcar:20180504062141j:plain出典Carscoops

充電口がついていたり、排気口がないなど、あくまで、X3の電気自動車版。といった感じです。

電気自動車という特別な車を持つ。という満足感はないかもしれませんが、今後は、電気自動車も当たり前になっていく。ということでしょう。

2.スペック

BMW iX3は、航続距離400km以上、最高出力は270ps程度になるように開発をされているようです。


テスラ、モデル3は、航続距離約400km、最高出力262psです。

ほぼ同じ数値であり、モデル3、モデルYをターゲットにしている。ということが分かります。


3.自動運転

BMW iX3には、自動運転といえるレベルの機能は搭載されないでしょう。

基本的には、X3に準じた運転支援機能、予防安全機能が搭載されると思います。

現行X3には、アダプティブクルーズコントロールに、ステアリング&レーンコントロールアシストを組み合わせて、同一車線内なら、速度を制御して車線中央を走行する運転支援を受けることができます。


2020年には、レーンチェンジアシスト機能も追加されて、高速道路や大きなバイバスであれば、車線変更も含めた運転支援機能が搭載されているでしょう。



テスラ・モデル3は、オートパイロットという自動運転機能が搭載されています。

しかし、日本では運転手がステアリングから手を離して運転することは認められていませんし、事故も起きているようなので、あくまで発展途上の機能であり、運転支援機能であると思っておいたほうが良いと思います。

2020年には進化して、法整備もされて、真に自動運転と呼べるようになっているかもしれませんが?現時点ではわかりませんんえ。


4.価格

BMW iX3の価格は、日本円で800万円程度になるでしょう。

X3の30i、30dよりも高く、M40よりは安くなるはずです。(日本では未発売)


テスラ、モデル3の500万円程度と比べると、高くなりそうです。

モデル3ベースのモデルYなら、もう少し高くなるはずなので、差は小さくなりますね。


プレミアムブランドのBMWですから、仕方がありませんが、気軽に手を出せる価格ではなさそうです。


5.総括

BMW iX3は、テスラモデル3と同程度のスペックで、価格は高くなりそうです。

iX3とモデル3の最大の違いは、信頼性だと思います。

BMWは、歴史ある自動車メーカーであり、電気自動車、プラグインハイブリッド車もいくつか販売しており、日本車ほどではないにせよ、品質には一定の信頼があると言ってよいでしょう。


それに対し、テスラは新興メーカーで、まだ信頼が確立されていない上に、いつ納車されるのかわからない。という大きな問題もあります。


テスラとしては、2020年以降、各社から続々と電気自動車が登場する前に、生産体制を整え、ある程度の信頼も獲得することが、今後の事業の継続には重要かと思います。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。