Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

ジムニー 新型 2018年1月に発売か。デザイン画像、価格など、カタログ情報。【ジムニーシエラ、フルモデルチェンジ】

2017年9月5日更新

スズキ、ジムニーがまもなくフルモデルチェンジされます。

ジムニーは、ラダーフレームを採用した軽オフロード車です。

かつては、三菱パジェロミニなどがライバルになっていましたが、現在はライバルたちも販売終了となり、走破性を重視した軽SUVとしては、唯一の存在となっています。

スポンサーリンク


1.発売日

ジムニーのフルモデルチェンジは、2018年初頭です。

東京モーターショーでワールドプレミアされるといわれています。

2.デザイン

新型ジムニーのデザインは、現行よりも角ばったデザインになります。

f:id:totalcar:20170826192616j:plain出典Carscoops

f:id:totalcar:20170826192623j:plain出典Carscoops

ベンツGクラスを小さくしたような、無骨なデザインですね。


インテリアのデザインも公開されています。

f:id:totalcar:20170826192639j:plain出典Carscoops

大きなダイヤルが採用されており、操作性は良さそうです。



おまけ

あくまでもCGですが、様々なカラーの新型ジムニーです。

f:id:totalcar:20170905173537j:plain出典indianautosblog

f:id:totalcar:20170905173550j:plain出典indianautosblog

f:id:totalcar:20170905173557j:plain出典indianautosblog

f:id:totalcar:20170905173604j:plain出典indianautosblog

このCGは、結構明るいカラーになっていますが、実際のカラーはもう少し落ち着いた濃い色になるでしょう。

3.エンジン

現行ジムニーは、旧型のK6Aエンジンが搭載されています。

新型ジムニーには、現在の主流である、R06A型エンジンが採用されます。

現行と同じく、ターボエンジンのみのラインナップとなるでしょう。


R06Aターボエンジンのスペック

最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.0kgm/3000rpm

です。


ラダーフレームなどの走行性能はそのままに、燃費が向上することが期待されます。

4.安全性能

現行ジムニーは、20年前の設計ということもあり、自動ブレーキなどは搭載されていませんでしたが、新型ジムニーにはデュアルセンサーブレーキサポートが搭載されるでしょう。

・歩行者に対応した自動ブレーキ
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能

など、他の車と同等の予防安全性能を獲得します。

ただし、MT車には技術的な面から搭載されないでしょう。

5.価格

新型ジムニーの価格は、135万円程度~になると予想されています。

最近のスズキは、フルモデルチェンジされても価格を据え置き~若干値下げをする傾向にありますが、ジムニーはライバルがいないこともあり、若干価格が高くなると予想されています。

6.総括

1998年からフルモデルチェンジされていないジムニーですが、20年ぶりのフルモデルチェンジになります。

新型もラダーフレームが採用されて、走破性の高さは受け継がれるようです。

それよりも気になるのが、ここ20年で大きく進化した、燃費性能と予防安全性能です。

具体的に燃費が何キロとなるのか、今後も情報を集めていきます。

7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。