Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

ミライースと、アルトを、比較!価格、実燃費、パワー、サイズ、広さ、安全性など。どっちが良い車?

2018年8月21日更新

軽自動車で最も小さいカテゴリー、「軽セダン」

軽セダンは、コンパクトなボディに低燃費、低価格と手頃に購入できる条件が揃っており、エントリーカーや営業車として人気です。

今回は、軽セダンの代表格、スズキ・アルトと、ダイハツ・ミライースを様々な面から比較していきましょう。

スポンサーリンク


1.燃費を比較

軽自動車の中でも最もコンパクトなクラスのアルトとミライース。

どちらも、ハイブリッドカー並の低燃費を誇ります。

ミライースは、フルモデルチェンジで実燃費が良くなったといわれています。

まずは、ミライースと、アルトのカタログ燃費、実燃費を比較してみましょう。

ミライースの燃費

ミライースのカタログ燃費は、35.2km/Lです。

フルモデルチェンジされましたが、カタログ燃費は向上しませんでした。

カタログ燃費が向上しなかったから、燃費が向上しなかったのかと言われるとそうではなく、実燃費はしっかり向上しているようです。

e燃費というサイトから、ミライースの実燃費を調べてみると、23km/L程度のようです。

アルトの燃費

アルトのカタログ燃費は、37.0km/Lです。

軽自動車の中では、No1のカタログ燃費です。

アルトの実燃費も調べてみると、23.5km/L程度のようです。

ミライースより若干良いようですが、カタログ燃費ほどの差はありません。

これくらいの違いなら、燃費でどちらかを選ぶということはしなくても良いと思います。


2.ボディサイズ

軽自動車の中で最もコンパクトなミライース、アルトのボディサイズを比較してみましょう。

ミライースのボディサイズ

ミライースのボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,500mmです。

最小回転半径は、4.4mです。

アルトのボディサイズ

あるとのボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,500mmです。

ミライースと全く同じですね。

最小回転半径は、4.6mと、ミライースの方が0.2mだけ小回りが効きます。

ミライースの方がより小回りが効くわけですが、ミライースなら通れるけれどアルトだと通れない。という程狭い道はほとんどないと思うので、小回りに関してはどちらも気にしなくて良いと思います。

ちなみに、軽自動車の全長と全幅は、どの車も全長3,395mm、全幅1,475mmで横並びです。

最近は大きな軽自動車もありますが、それは全高が高くなっているだけなので、小回りの効き方は軽自動車ならどれでも同じ。と思っておいて大丈夫です。

ですから、小回りがきく車が良い。ということでミライースやアルトを考えている人がいるなら、もう少し広い軽自動車を検討しても良いかと思います。


3.パワー

ミライースとアルトは、どちらも軽自動車規格の0.66Lの、自然吸気エンジンのみがライナップされています。

しかし、パワーには少し違いがあります。

ミライースと、アルトのパワーを比較してみましょう。

ミライースのパワー

ミライースに搭載されているエンジンのスペックを紹介します。

【0.66Lエンジン】
最高出力・・・49ps/6800rpm
最大トルク・・・5.8kgm/5200rpm

車両重量・・・650kg

アルトのパワー

アルトに搭載されているエンジンのスペックを紹介します。

【0.66Lエンジン】
最高出力・・・52ps/6500rpm
最大トルク・・・6.4kgm/4000rpm

車両重量・・・610kg


あるとのエンジンの方が、ミライースのエンジンよりも3ps、0.6kgmパワーが強いということが分かります。

それに加えて、グレードにもよりますが、アルトの方が数十キロ軽くなっています。

元々のパワーが小さい軽自動車において、この違いは結構大きく、試乗をしてみるとアルトの方が軽快に走るということを感じることができると思います。

どちらもパワーを求める車ではありませんが、少しでもパワーがほしい。という方は、アルトの方がおすすめです。


4.乗り心地を比較

ミライースと、アルトは、どちらもエントリークラスの車ですから、決して乗り心地が良いわけではありません。

それでも、少し違いを感じますので、ミライースと、アルトの乗り心地を比較してみましょう。

ミライースの乗り心地

ミライースの乗り心地は、このクラスの軽自動車としては、段差を乗り越えた時のショックやエンジン音の侵入など、抑えられているな。と感じることができます。

とはいえ、あくまで、このクラスの安価な車にしては。ということですが、割り切ってしまえば良くできた移動手段です。

また、比較的アクセルレスポンスに素直にエンジンが反応し、運転はしやすいかな。と思います。

アルトの乗り心地

アルトの乗り心地は、ミライースに比べると、若干段差を乗り越えた時のショックやエンジン音が気になるかな。と思います。

ハンドリングを語るほどの車ではないかもしれませんが、ハンドリングはアルトの方が良いと感じます。

これは、アルトの方が軽いことや、アルトターボRS、アルトワークスのベース車両であることもあって、基本性能が少し高いのかもしれません。


スムーズに、なめらかに走る。という点では、ミライースの方が良いかな?と思います。

これは、割り切るところはスパッと割り切るスズキと、軽自動車ながら多少は乗り心地や静粛性にも気を配っているダイハツの考え方の違いかな。と思います。


乗り心地は、人それぞれ感じ方が違うと思うので、両方を試乗して比べてみることをおすすめします。


5.価格を比較

ミライース、アルトともに低廉な価格も魅力の一つです。

ミライース、アルトの価格を比較してみましょう。

ミライースの価格

ミライースの価格は、以下のとおりです。

B・・・84万2,400円
B SAⅢ・・・90万7,200円
L・・・87万4,800円
L SAⅢ・・・93万9,600円
X SAⅢ・・・108万円
G SAⅢ・・・120万9,600円

アルトの価格

アルトの価格は、以下のようになっています。

F・・・84万7,800円
L・・・89万4,240円
S・・・100万2,240円
X・・・113万4,000円


全体的に、少しアルトの方が安いかな。という印象です。

価格重視の方は、アルトの方がおすすめかと思います。


6.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


先代ミライースと、アルトの比較

ここからは、先代ミライース(2011年~2017年)とアルト(2014年~)の比較です。

中古車で検討しているかたは、こちらをどうぞ。

価格
アルトは、847,000円~

ミライースは、766,286円~です。

ただし、ミライースのベースグレードはホイールキャップやキーレスエントリーもついていない、営業車向けのグレードといえます。

同程度の装備のグレードを比べると、アルトLが894,240円、ミライースLが915,429円と、アルトの方が若干安くなっています。


燃費
アルトの燃費は、37km/L
ミライースの燃費は、35.2km/Lです。

このクラスに限らず、燃費では現状スズキが最も優秀といえます。


車内の広さ
アルトは、
室内長1,985mm×室内幅1,255mm×室内高1,215mm

ミライースは、
室内長2,000mm×室内幅1,350mm×室内高1,240mmです。

元々、必要最小限のスペースしかないクラスですから、室内幅の約10cmの違いは大きく感じるでしょう。

車内の広さは、ミライースの勝ちです。


パワー
アルト
最高出力・・・52ps/6500rpm
最大トルク・・・6.4kgm/4000rpm

ミライース
最高出力・・・49ps/6800rpm
最大トルク・・・5.8kgm/5200rpm

パワーは、アルトの方がパワフルです。
更に、車両重量が650kg、ミライースが730kgと80kgも差があるため、加速力はアルトの方が明らかに上です。


安全性能
安全性能には、衝突時に乗員を保護する衝突安全性能と、自動ブレーキなどで事故を防ぐ、予防安全性能があります。

衝突安全性能は、独立行政法人自動車事故対策機構の試験が参考になります。

獲得点数は、

アルト・・・158.2点
JNCAP|自動車アセスメント - 試験車種詳細

ミライース・・・153.4点
JNCAP|自動車アセスメント - 試験車種詳細

衝突安全性能は、アルトの方が上といえます。


続いて、予防安全性能

アルトには、
・自動ブレーキ(5km/h~30km/hで作動)
・誤発進抑制機能
・エマージェンシーストップシグナル(急ブレーキ時にハザードが点滅する機能)

が搭載されています。

ミライースには、
・自動ブレーキ(4km/h~30km/hで作動)
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能

が搭載されています。

どちらも同程度ですが、自動ブレーキの作動速度域が拡大されることが望まれます。


安全性能でランキングをつけるなら、僅差でアルト>ミライースでしょう。


結局どっちが良いの?
さて、色々と比べてみましたが、結局どっちを買えばいいの?とお悩みの方は、

燃費重視なら・・・アルト!
少しでも広い方が良いなら・・・ミライース!
パワー重視なら・・・アルト!
安全性重視なら・・・アルト!

をおすすめします。

ちなみに、ミライースは間もなくフルモデルチェンジが予定されています。

ミライースのフルモデルチェンジ情報は、こちらからどうぞ。
totalcar.hatenablog.com

ミライースがフルモデルチェンジされましたら、この比較記事もまた更新します。


スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。