Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

ホンダ レジェンド マイナーチェンジ情報!2018年に。新型レジェンドの画像、価格、変更点などカタログ情報!

ホンダのビッグサイズセダン、レジェンドがマイナーチェンジされます。

今回は、ライバルのトヨタ・クラウンマジェスタ、日産フーガと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

新型レジェンドの発売日は、2018年2月頃です。

2.デザイン

新型レジェンドは、フロント、リヤのデザインが大きく変更されます。

f:id:totalcar:20171021214847j:plain出典Carscoops

f:id:totalcar:20171021214855j:plain出典Carscoops

f:id:totalcar:20171021214901j:plain出典Carscoops


レジェンドは、デザインの評価があまり高くありませんでしたが、新型は迫力のある顔つきになったように思います。

リヤのブレーキランプの光り方も、高級車らしく手が込んでいます。


インテリアはあまり変わりません。

3.パワートレイン

レジェンドのパワートレインは、、3モーターを搭載した4WDハイブリッドシステムです。

これは、マイナーチェンジでも変わりません。


エンジンは、V6、3.5Lエンジンです。
最高出力・・・314ps/6500rpm
最大トルク・・・37.8kgm/4700rpm


モーターは、フロントに1つ、リヤに2つです。

フロントモーター最高出力・・・48ps/3000rpm
フロントモーター最大トルク・・・15.1kgm/500-2000rpm


リヤモーター最高出力・・・15.1kgm/3000rpm
リヤモーター最大トルク・・・7.4kgm/0-2000rpm


とてもパワフルで、システム出力は、382psにもなります。

ライバル車のパワートレイン

クラウンマジェスタも、3.5Lハイブリッド車のみのラインナップで、システム出力は343psです。


フーガには、最高出力333psの3.7Lエンジン、最高出力225psの2.5Lエンジン、システム出力360psのハイブリッドの3タイプです。


レジェンドが一番パワフルになっており、また、走行中はモーターを積極的に使うので、先進的な走りを体感することができます。

4.サイズ

レジェンドのサイズは、全長4,995mm×全幅1,890mm×全高1,480mmと、とても大きなサイズです。

ライバル車のサイズは

クラウンマジェスタのサイズは、全長4,970mm×全幅1,800mm×全高1,460mm

フーガのサイズは、全長4,980mm×全幅1,845mm×全高1,500mm

です。


全長はどれも5mに迫るビッグサイズですが、クラウンマジェスタが、クラウンシリーズがベースだということもあって、全幅が抑えられています。

この3車種の中では、レジェンドが一番大きくなっています。

5.価格

レジェンドは、1グレード設定で、680万円です。

ライバル車の価格

クラウンマジェスタの価格は、698万円~714万円

フーガハイブリッドの価格は、627万円~693万円です。


クラウンマジェスタが、クラウンをストレッチしただけの割には高いかな。という印象です。

6.総括

このクラスのセダンの需要は、輸入車やレクサスのシェアが高く、レジェンドが月販数十台、フーガとクラウンマジェスタが、月販数百台程度です。

新型レジェンドも、海外で「アキュラ」ブランドでの展開に主眼を置いて開発されているものなので、日本国内での販売台数はそれほど多くならないでしょう。

7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。