Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  新型クラウン 新型カローラ
RAV4 フォレスター  新型タント 

レヴォーグ E型 2018 カタログ情報!発売日は2017年8月7日!新型レヴォーグ、内装、外装画像、特別仕様車など変更点

2018年4月29日更新

スバル、レヴォーグの一部改良が発表されました。

新型、E型レヴォーグの変更点を紹介していきます。

スポンサーリンク


2018年E型レヴォーグ

1.発売日

E型レヴォーグは、2018年4月27日に発表されました。

発売日は、6月1日で、予約受付がはじまっています。

2.デザイン

デザインの変更点は、STIスポーツグレードの、ドアハンドルとステアリングベゼルのみです。

・メッキドアハンドルの採用
・ピアノブラック調ステアリングベゼルの採用

f:id:totalcar:20180429182154j:plain出典スバルHP

3.アイサイト

前回のマイナーチェンジで、アイサイトツーリングアシストに進化したレヴォーグですが、今回の改良でも、若干性能が向上しています。


性能が向上したのは、プリクラッシュブレーキで、アイサイトの認識対象が、車両と同一方向に進行する歩行者や自転車であった場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上した。ということです。


個人的には、アイサイトは、日産のプロパイロットを上回る性能を持っていると思います。


国産車では、トップレベルの予防安全性能、運転支援機能といえるでしょう。

4. 1.6GT EyeSight Smart Edition

SUBARU60周年特別記念車として、 1.6GT EyeSight Smart Editionが発売されました。

1.6GT EyeSight Smart Editionは、アルミペダルや、ブラック塗装のドアミラーなど、見た目がスポーティーなモデルです。

違うのは見た目だけで、中身はベースの1.6GT EyeSightと変わりません。


【1.6GT EyeSight Smart Editionの特別装備】
■ エクステリア
・ LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)
・ メッキ加飾付フロントグリル:ダークメッキ+ブラック塗装
・ ブラックカラードドアミラー

f:id:totalcar:20180429181755j:plain出典スバルHP



■ インテリア
・ アルミパッド付スポーツペダル

f:id:totalcar:20180429181828j:plain出典スバルHP

4.価格

E型レヴォーグの価格は、D型から、ほぼ変わりません。ベースグレードの1.6GT EyeSightのみ、値上げされています。

1.6GT EyeSight・・・2,862,000円

1.6GT EyeSight S-style・・・2,926,800円

1.6GT EyeSight Smart Edition・・・2,948,400円

1.6GT-S EyeSight・・・3,078,000円

1.6STI Sport EyeSight・・・3,564,000円

2.0GT-S EyeSight・・・3,618,000円

2.0STI Sport EyeSight・・・4,050,000円


特別仕様車の1.6GT EyeSight Smart Editionは、ベースグレードと比べ12万円高となっています。

アルミペダルや、ブラック塗装されたパーツに12万円の価値を感じるかは?人それぞれですね。

5.総括

レヴォーグは、国産車だと、サイズ的には、アベンシスが一番近いサイズとなります。

しかし、アベンシスは設計も古く、トヨタも積極的に売るつもりがなく、ライバルとなっていません。

アテンザは、日本で扱うには少し大きすぎる部分もあり、レヴォーグは、隙間を突いた絶妙なサイズの車で、実質ライバル不在ということもできます。

レガシィからわざわざ分岐させて、日本専用車を作ったかいがあったということですね。

今後も、このクラスで走りを求めるなら、レヴォーグで決まり。といった状況がしばらくは続くでしょう。

6.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク



2017年D型レヴォーグ

1.D型レヴォーグの発売日

D型レヴォーグの発売日は、2017年8月7日です。

2.デザイン

新型レヴォーグのデザイン画像が公開されました。

f:id:totalcar:20170620065013j:plain出典スバルHP

f:id:totalcar:20170620065018j:plain出典スバルHP

f:id:totalcar:20170620065023j:plain出典スバルHP

D型レヴォーグのデザインは、

<エクステリア>
・フロントグリルとヘッドランプの一体感が高まったフロントマスク
・フロントバンパーにメッキ加飾を追加
・ヘッドランプ内デザイン変更
・ヘキサゴングリルの面積を拡大
・フォグランプベゼルの拡大

・アルミホイールのデザイン変更


<ボディカラー>
新色、ストームグレーメタリックが追加され、

・ストームグレーメタリック
・クリスタルホワイトパール
・スティールブルーグレーメタリック
・アイスシルバーメタリック
・ダークグレーメタリック
・クリスタルブラックシリカ
・ピュアレッド
・ラピスブルーパール
・WRブルーパール

の全9色になります。


<インテリア>
・インパネセンターパネルの質感アップ
・シフトパネルの質感の向上
・電動パーキングスイッチの質感の向上
・ドアグリップの質感の向上
・5.9インチマルチファンクションディスプレイ採用
・4:2:4分割可倒式リヤシートを採用
・ステアリングセンターベゼルを採用


メーカー発表の画像を見ても、少し彫りが深くなった事が分かるかと思います。

ライバル各車のデザイン

レヴォーグ
f:id:totalcar:20170602005541j:plain出典スバルHP

f:id:totalcar:20170602005547j:plain出典スバルHP

アテンザ
f:id:totalcar:20170602005558j:plain出典マツダHP

f:id:totalcar:20170602005603j:plain出典マツダHP

アベンシス
f:id:totalcar:20170602005611j:plain出典トヨタHP

f:id:totalcar:20170602005616j:plain出典トヨタHP

レヴォーグはヘキサゴングリル、アテンザは魂動デザイン、アベンシスはキーンルックと、各社を象徴するデザインとなっています。

3.安全性能

D型から新しく採用される機能として、

・フロントビューモニター
フロントグリルのスバルエンブレムの下にカメラが設置され、死角を減らし、安全に寄与します。

・スマートリヤビューミラー
リヤゲートに搭載されたカメラの映像を、バックミラーに映し出します。

以上2点が新規採用されます。

アイサイトが新しくなる!

スバルといえば、アイサイト。

現行アイサイトも、十分に高性能で、

・プリクラッシュブレーキ
・全車速追従機能付きクルーズコントロール
・アクティブレーンキープ
・誤発進抑制制御
・ふらつき、車線逸脱警報

が搭載されています。

現行型でも、高速道路の単一車線上では、自動運転に近い状態で運転することができますが、新型レヴォーグに搭載されるアイサイトver4からは、「自動運転レベル2」高速道路の単一車線上で自動運転ができるようになります。

対応速度も、0km/h~120km/h(メーター読みで約135km/h)程度までと、高速道路の最高速度引き上げにも対応した速度域となっています。


レベル的には日産のプロパイロットと同じですが、スバルの方がより精度の高いものになると言われているので、楽しみですね。

ライバル車の安全性能は

マツダ、アテンザには、
・アドバンスドスマートシティブレーキサポート
・アダプティブLEDヘッドライト
・誤発進抑制機能
・標識認識システム
・ブラインドスポットモニター
・レーンキープアシスト
・レーダークルーズコントロール

など、レヴォーグに負けないレベルの安全機能が搭載されています。


一方のアベンシスには、トヨタセーフティセンスCが搭載されています。
トヨタセーフティセンスCは、
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

の機能しかなく、少し物足りないですね。

4.価格

更に機能性、安全性能がアップした新型レヴォーグの価格は、

1.6GT EyeSight・・・262万円
1.6GT EyeSight S-style・・・271万円
1.6GT-S EyeSight・・・285万円
1.6STI Sports EyeSight・・・330万円

2.0GT-S EyeSight・・・330万円
2.0GT STI Sports eyeSight・・・375万円

このように、全体的に値上がりします。

ライバル車の価格は

アテンザの価格は、276万円~377万円

アベンシスの価格は、274万円~298万円

となっています。

1.6GTが、アテンザ、アベンシスの2.0L車の比較対象

2.0GTが、アテンザディーゼルの比較対象として考えると、価格は同程度であるといえます。

5.総括

今回は、レヴォーグとアテンザ、アベンシスを比較してみましたが、アテンザは少し大きすぎる、アベンシスはあまり本腰を入れて販売されていない。ということもあって、この中ではレヴォーグが一番人気となっています。

サイズが気にならなければ、アテンザディーゼルもなかなか面白い走りをするんですけどね。

初めからレヴォーグしか考えていない人も、アテンザやアベンシスの見積もりと突き合わせると、大きな値引きが引き出せたりするので、あえて悩んでいる風に見せるのも戦略だったりします。

6.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。