Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

レクサスLM 日本発売日はいつ?外装、内装デザインは?サイズ、価格、エンジンが気になる!【LM300h、LM300、LM350】

2019年4月17日更新

レクサスから、初のミニバン、LMが発表されました。

アルファード、ヴェルファイアがベースのミニバンです。

ライバルとなる、メルセデス・ベンツVクラスと比較しながら、レクサスLMを紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.レクサスLMのデザイン

レクサスLMのデザインは、アルファード・ヴェルファイアをベースに、レクサス風に仕立て上げられています。

f:id:totalcar:20190417144318p:plain

f:id:totalcar:20190417144356p:plain
出典https://discoverlexus.com

フロントマスクは、レクサスESと同じような縦にラインが入っているスピンドルグリルを確認することができます。

ヘッドライトは細く、鋭い目つきになっています。


サイドシルエットは、ひと目でアルファード・ヴェルファイアと同じだ。ということが分かりますね。


リヤはブレーキランプのデザインが違うこと、メッキが追加されていることなどでアルファードと差別化されています。



インテリアは4人乗りで、とても高級感のある内装となっています。

f:id:totalcar:20190417143614p:plain


シートはフルフラットまで倒すことができ、個室のような空間ですね。
出典https://discoverlexus.com

2.レクサスLMのサイズ

今回公開されたシルエットを見る限り、ボディはアルファード・ヴェルファイアのものがそのまま使われるようなので、サイズはアルファード・ヴェルファイアと同等になるでしょう。

バンパーの造形などにより、少しだけ大きくなるということはあるかもしれません。

アルファード・ヴェルファイアのボディサイズは、全長4,945mm×全幅1,850mm×全高1,950mmです。

メルセデス・ベンツVクラスのサイズ

メルセデス・ベンツVクラスには、標準ボディ、ロングボディ、エクストラロングボディの3種類が設定されています。


標準ボディのサイズは、全長4,905mm×全幅1,930mm×全高1,880mm

ロングボディのサイズは、全長5,150mm×全幅1,930mm×全高1,880mm

エクストラロングボディのサイズは、全長5,380mm×全幅1,930mm×全高1,880mm です。


レクサスLMと比較するなら、標準ボディですが、標準ボディでも全幅が1,900mmを超えているので、日本ではちょっと取り回しづらいですね。

レクサスLMの方は、日本市場を中心に考えられているアルファード・ヴェルファイアがベースですから、日本で乗るなら絶対にレクサスLMの方が運転しやすいです。


3.レクサスLMのパワートレイン

レクサスLMには、「LM300h」「LM300」「LM350」が設定されるといわれています。

それぞれ、2.5Lハイブリッド、2.0Lターボ、3.5Lガソリンエンジンですね。

2.5Lハイブリッドと3.5Lガソリンエンジンはアルファード・ヴェルファイアに設定されていますし、2.0Lターボエンジンも他のトヨタ車、レクサス車に採用されています。


【2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・152ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・21.0kgm/4400-4800rpm
モーター最高出力・・・143ps
モーター最大トルク・・・27.5kgm


【3.5Lガソリン】
最高出力・・・301ps/6600rpm
最大トルク・・・36.8kgm/4600-4700rpm


【2.0Lターボ】
最高出力・・・238ps/4800-5600rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1650-4000rpm


アルファード、ヴェルファイアには、2.5Lガソリンエンジンが設定されていますが、レクサスLMには設定されないとみられています。

LM300も設定されず、LM300hとLM350の2種類になるかもしれません。詳細はまだ不明です。

Vクラスのパワートレイン

メルセデス・ベンツVクラスには、2.2Lディーゼルターボエンジンと、2.0Lターボエンジンが設定されています。


【2.2Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・163ps/3800rpm
最大トルク・・・38.7kgm/1400-2400rpm


【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・211ps/5500rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1250-4000rpm


4.レクサスLMの価格

レクサスLMは、レクサスのフラッグシップたる「L」を名乗るということで、価格は1000万円クラスになるでしょう。

他の「L」を名乗るクラスの価格をみてみると、

レクサスLS・・・981万円~

レクサスLC・・・1302万円~

レクサスLX・・・1115万円~

どれも、1000万円クラスです。


トヨタとの兄弟車があるという意味では、ランドクルーザーとLXの関係と同じですね。

Vクラスの価格

メルセデス・ベンツの価格は、550万円~となっています。

VクラスはVan Classの略で、メルセデス・ベンツのセダンシリーズほどは、最上の空間といったコンセプトでは開発されていません。

そのため、価格はレクサスLMよりもアルファード、ヴェルファイアに近いくらいの価格となっています。


もし、レクサスLMに買い替えを検討しているのであれば、一括査定を試してみることをおすすめします。

特に、アルファード・ヴェルファイアからの乗り換えであれば、超人気車種なので、買取価格が数十万円高くなることもあり得ます。

ただ、レクサスは下取り価格に上乗せして実質的な値引きをすることもあるので、ディーラーでの下取りも査定をしてもらって、比較してみることをおすすめします。


5.レクサスLMの発売日

レクサスLMは、4月16日から開催される上海モーターショーでワールドプレミアされます。

日本でも発売されるのか?ということが一番気になりますが、日本は世界的に見てもミニバンの人気が高いですし、日本でも発売される可能性は高いですね。

スポンサーリンク



6.レクサスSAも出る?

レクサスでは、レクサスSAというプレミアムコンパクトカーも発売されるのでは?といわれています。

2015年に、LF-SAという名前のコンセプトカーが発表されています。

レクサスLCなんかは、コンセプトカーでは、LF-LCという名前でしたから、LF-SAの市販モデルの名前はレクサスSAになりそうですよね。


デザイン

コンセプトカーLF-SAのデザインを紹介します。

LF-SAは、2015年ジュネーブモーターショーに、ウルトラコンパクトカーのコンセプトカーとして出品されました。

f:id:totalcar:20180903180240j:plain

f:id:totalcar:20180903180247j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/6611933

ウルトラコンパクトカーと言うだけあって、かなりコンパクトですね。


それでいて、スピンドルグリルやヘッドライトは迫力満点。

サイドのプレスラインなんかもかなり工夫されています。


LF-SAとは、Lexus Future Small Adventurerの略で、未来の小さな冒険者という意味だということです。


LF-SAは、都市での使用を想定して、狭い道でも取り回しが良いように、これだけ小さなボディに仕上げた。ということです。

狭い道向けの車といえば、日本なら軽自動車があるわけですが、他とはちょっと違うプレミアムカーを求める層。

軽は嫌だ。というユーザーが一定数いるでしょうから、爆発的には売れないにしても、セカンドカーとしてある程度は売れそうですね。


ボディサイズ

LF-SAのボディサイズは、全長3,450mm×全幅1,700mm×全高1,430mmです。

ウルトラコンパクトカーとはいいますが、全幅は1,700mmに達しているので、ギリギリ3ナンバーとなります。

これは、市販時のデザイン次第で5ナンバー枠に収めることもできるのでしょうが、レクサス車ということで、あえて5ナンバーは作らない。という意思表示かもしれません。

スマートのサイズ

スマートには、2人乗りのスマートフォーツーと、4人乗りのスマートフォーフォーがあります。

スマートフォーツーのサイズは、全長2,755mm×全幅1,665mm×全高1,545mmです。

スマートフォーフォーのサイズは、全長3,550mm×全幅1,665mm×全高1,545mmです。


LF-SAは4人乗りなので、どちらかというとスマートフォーフォーに近いサイズとなっています。


価格は?

レクサスLM(レクサスSA)が発売されれば、レクサス最小のモデルなので、当然価格もレクサスの中では最も安くなるでしょう。

現在最も安いレクサスCTの価格は377万円~ですが、レクサスLMが市販されるなら、300万円を切るくらいの価格設定になることでしょう。


ちなみに、スマートフォーフォーの価格は、216万円~です。

スマートは、メルセデス・ベンツとは違い、プレミアムブランドというわけではありませんから、スマートよりは高くなるかと思います。


スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。