Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

マークX GRMNが、再販!発売日は、2018年末~2019年初頭。価格は550万円~?内装、外装、スペックなど、カタログ予想情報!

2018年7月1日更新

トヨタ、マークXの最上級スポーツモデル、GRMNが再販されるようです。

すでに設定されている、マークX GRスポーツと比較しながら、紹介していきましょう。

スポンサーリンク



マークX GRMN 再販!

1.発売日は?

マークX GRMNの発売日は、2018年末~2019年初頭になるでしょう。

おそらく、2018年末に発表され、その後抽選期間を設け、2019年に正式発売、納車という流れになると思います。


マークXは、2019年中に販売が終了されるといわれています。

今回のモデルは、マークXの最後に花を飾るモデルとなり、前回のGRMNの限定100台よりは販売台数は多くなるでしょう。

2.デザインは?

新型マークX GRMNのデザインは、2015年に発売されたモデルとほぼ同じデザインになるでしょう。


f:id:totalcar:20180701174140j:plain

f:id:totalcar:20180701174148j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp/

マークX GRスポーツと比べると、GRスポーツの方は、フロントグリルが六角形に近いデザインであるのに対し、GRMNは、長方形に近いデザインなので、見分けることができます。


マークX GRスポーツ

f:id:totalcar:20180701174306j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp/

そういえば、マークX GRスポーツのデザインも、これまで販売されていたG'sとほぼ同じデザインでした。


マークXは末期モデルであり、それほど販売台数が期待できるわけでもないので、新しく開発するほどの予算を与えられなかったのかもしれませんね。


3.エンジンは同じ?

新型マークX GRMNには、2015年モデルと全く同じエンジンが搭載されることになるでしょう。

2015年モデルのGRMNには、チューニングされたV6 3.5Lエンジンが搭載されていました。

【専用3.5Lエンジン】
最高出力・・・321ps/6400rpm
最大トルク・・・38.7kgm/4800rpm


GRスポーツグレードにも、3.5Lエンジンが搭載されていますが、少しスペックが違います。


【3.5Lエンジン】
最高出力・・・318ps/6400rpm
最大トルク・・・38.7kgm/4800rpm


スペック上はたった3psしか変わっていませんが、アクセルレスポンスの良さや、気持ちよく回るフィーリングなどにも手が加えられています。


4.手が加えられている部分

ベース車両と比べて、手が加えられている部分を紹介します。


【走行性能】
・専用6速トランスミッション
・専用V6 3.5Lエンジン
・専用VSCチューニング


【エクステリア】
・専用フロントエンブレム
・専用フロントバンパー&CFRPフロントスポイラー(バンパー左右)
・サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(ブラック塗装)
・専用エアロスタビライジングフィン
・専用CFRPリヤスポイラー
・専用リヤエンブレム
・リヤライセンスガーニッシュ(ボディ同色)

・専用CFRPルーフパネル
・専用BBS製アルミ鍛造ホイール
・専用フロント対向4ポッドキャリパー
・専用4本出しマフラー
・専用剛性アップパーツ(パーテーションブレース、エプロン三角ブレース)


【インテリア】
・ウルトラスエード表皮巻き3本スポーク小径ステアリングホイール
・アルミペダル
・ヒーターコントロールパネル(ピアノブラック塗装+白色照明ディスプレイ)
・インストルメントパネル(カーボン調+ピアノブラック塗装)


GRスポーツの、ベースグレードに対して手が加えられている部分を紹介します。



【走行性能】
・フロントサスペンションメンバーVブレース
・フロントフロアパネル フロントブレース
・フロントフロアパネル リヤブレース No.1
・フロントフロアパネル リヤブレース No.2
・ロッカーフランジスポット溶接打点追加
・リヤサスペンションメンバーフロントブレース
・リヤサスペンションメンバーブレース
・リヤバンパーリインホースメント 
・リヤフロアアンダーカバー大型化(エアロフィン付き)
・専用ブレーキキャリパー
・専用チューニングサスペンション
・専用EPSチューニング


【エクステリア】
・専用フロントバンパー
・大開口アンダーグリル
・専用フードモール
・専用LEDイルミネーションビーム
・リヤスポイラー
・専用リヤ大型バンパー
・専用4本出しマフラー
・専用エンブレム
・専用トヨタエンブレム
・専用19インチタイヤ&アルミホイール


【インテリア】
・専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール
・専用スポーティーシート
・専用オプティトロンメーター
・本革巻きシフトノブ
・本革シフトブーツ
・専用スタートスイッチ
・カーボン調フロントコンソール
・ステンレス製ドアスカッフプレート



走行性能にかかわる部分は、GRMNの方がより強化されているわけですが、正直、GRスポーツモデルもそれなりにしっかりと強化されています。



最大の違いは、MTの設定の有無というところになるでしょう。


4.価格

新型マークX GRMNの価格は、550万円程度になるでしょう。


GRスポーツの3.5Lモデルの価格が442万円なので、100万円ほど高くなるということですね。


今後、国産FRセダンでMTの走りを楽しめる車は当分出てこないでしょうから、ここで購入しておくのもアリだと思います。



5.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


マイナーチェンジ(2016年)

1.デザイン

今回のマイナーチェンジでフロントの顔つきが大きく変わりました。


f:id:totalcar:20161124215509j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp/

マークXは、2012年に一度マイナーチェンジされて、フロントマスクが変わっています。


2.発売日

新型マークXの発売日は、2016年11月22日に発売されました。

公式ニュースリリースはこちら
TOYOTA、マークXをマイナーチェンジ | トヨタグローバルニュースルーム

3.エンジン

エンジンラインナップは現行と同じく、V6 2.5LとV6 3.5Lエンジンが搭載されます。

スペックも現行と変わりません。

現行2.5Lエンジン
最高出力・・・203ps/6400rpm
最大トルク・・・24.8kgm/4800rpm
燃費・・・11.8km/L

現行3.5Lエンジン
最高出力・・・318ps/6400rpm
最大トルク・・・38.7kgm/4800rpm
燃費・・・10.0km/L

期待されていたターボエンジンの搭載はありません。

4.トヨタセーフティセンスP搭載

今回のマイナーチェンジで、トヨタセーフティセンスPが搭載されます。

トヨタセーフティセンスPには、
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

が搭載されています。

toyota.jp

5.グレード構成見直し

マイナーチェンジに伴って、グレード構成が変更されます。

G'sとプレミアムが廃止され、プレミアムの代わりに上級グレード、RDSが新設されます。

グレードは、上から
・350RDS
・250RDS
・250S
・250G
・250G Fパッケージ

という順になります。

G'sは遅れて発売という情報もあります。

6.価格

グレード別価格は、

250G Fパッケージ・・・2,656,800円~
250G・・・2,916,000円~
250S・・・3,207,600円~
250RDS・・・3,434,400円~
350RDS・・・3,850,200円~

マークXとしては随分高くなりましたが、V6、FRのセダンとしては世界で最も購入しやすい価格帯ではないでしょうか。

プリウスとも結構価格帯がかぶってきています。
あまり走行距離の多くない方であれば、手頃な値段でワンランク上の走りが味わえるので、検討の余地があるかもしれません。

7.マークXの今後

マークXは、2019年ごろ生産終了されるという情報が出てきています。

マークXは、1984年発売のマークⅡの流れをくむ、歴史のある車でした。
マークⅡの歴史について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。
トヨタ・マークII - Wikipedia

昨今のセダンの人気低下により、販売台数は500台程度と低迷しています。

トヨタは、不人気車はマイナーチェンジで延命しながら収束させる方針を取っているようで、マークXもその対象になってしまったようです。

8.総括

マークXは、かつてはハイソカーとして月間数万台を売っていた時期もありましたが、セダン人気の低下を受けて販売が低迷しています。

クラウンは何とかフルモデルチェンジ周期を維持していますが、マークXはマイナーチェンジでお茶を濁すようになってしまったようです。
今回も、フロント、リアのバンパーの造形の変更でお茶を濁しています。
(トヨタセーフティセンスPを搭載するには色々と苦労もあったでしょうが。)

マークXは、今回のマイナーチェンジが最後のモデルチェンジとなるでしょう。

この価格でこのクラスのV6FRセダンが購入できるのも最後の機会でしょうから、こういった車に興味のある方は是非検討してみてはいかがでしょうか。


9.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。