Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

マークX 生産終了は、いつ?公式発表情報と、最後の特別仕様車、Final Editionの、デザイン、特別装備、価格など、カタログ情報!

トヨタのFRセダン、マークXが、いよいよ生産終了となります。

生産終了の情報とあわせて、最後の特別仕様車として、Final Editionが設定されるので、その情報もあわせて紹介します。

スポンサーリンク


マークXの生産終了は、いつ?

マークXの生産終了は2019年12月になると、トヨタから正式な発表がありました。


特別仕様車、Final Edition

マークXの生産終了を前に、特別仕様車、Final Editionが設定されました。

デザイン

マークX Final Editionは、250Sグレードをベースに、エクステリアはダークメッキを採用。インテリアはレッドの配色が特徴的な特別仕様車です。

マークX Final Edition

マークX Final Edition
出典https://toyota.jp

エクステリアは、250Sグレードとそれほど違いがわかりません。

インテリアレッドが多く使われていて、特別仕様車であることがすぐに分かります。

特別装備

マークX Final Editionの特別装備は、以下のとおりです。

・235/45R18 94W&18×8Jアルミホイール(スパッタリング塗装)[2WD]
・フロントバンパーモール(ダークメッキ)
・本革巻き4本スポークステアリングホイール(ディンプル付・レッドステッチ)
・本革巻きシフトノブ(ディンプル付)
・合成皮革シフトブーツ(レッドステッチ)
・ドアトリム表皮(レッド)
・インサイドドアグリップ表皮(アクアウィッシュ® ・レッドステッチ)
・合成皮革フロントコンソールボックス表皮(昇温抑制機能付・レッドステッチ)
・アルカンターラ®+合成皮革シート表皮(ブラック/レッド)
・クリアランスソナー&バックソナー


ほとんどがデザイン面での装備で、安全装備として、クリアランスソナー&バックソナーが設定されています。

パワートレイン

マークXには、2.5Lエンジンと3.5Lエンジンが設定されていますが、今回の特別仕様車は、2.5Lエンジンのみとなっています。

【2.5Lエンジン】
最高出力・・・203ps/6400rpm
最大トルク・・・24.8kgm/4800rpm

価格

マークX Final Editionの価格は、以下のとおりです。

FF・・・333万1,800円

4WD・・・348万9,480円


いよいよ、300万円台で購入できる6気筒エンジンを搭載したFRセダンもなくなってしまいますね。

特別仕様車、Final Editionは、4月24日から販売されています。

生産終了間際だからといって受注が殺到するとは思えないので、ギリギリまで注文することはできるかと思いますが、欲しいと思っている方は11月中くらいには注文しておいた方が良いかもしれません。


時代に取り残されてしまっていたマークX

マークXは、かつてはマークⅡという名前で販売されており、最盛期は月間4万台以上も売れていた大人気車種でした。(兄弟車含む)

一時は、マークⅡ、チェイサー、クレスタと、今でいうノア、ヴォクシー、エスクァイアのような兄弟車もつくられるくらいでした。

ただ、バブル崩壊の影響や、セダン人気の低迷により販売台数は激減、最近では月間1000台を下回るまでになってしまっています。


トヨタのセダンでは、クラウンは順調にモデルチェンジが進み、ハイブリッドが投入されるなど、セダン市場が縮小する中でも健闘しています。


それに対し、マークXは2009年にフルモデルチェンジされて以降モデルチェンジされておらず、ハイブリッドが採用されることもなく、ずっと放置されていました。

いつ生産終了されるのか。という話ばかり噂になっていましたが、ついに2019年12月で生産終了となることが発表されました。


クラウンほどではないにせよ、50年以上の長い歴史がある車であり、一つの時代を築いた車がなくなるのは、寂しいことですね。


車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。