Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

N-ONE モデルチェンジ スクープ!変更点は?2017年12月に改良、2018年以降にフルモデルチェンジへ。

2017年12月17日更新

ホンダ、N-ONEのモデルチェンジ情報をスクープします。

丸目のヘッドライトで比較される、ラパンやハスラー、キャストと比較しながら紹介します。

スポンサーリンク



1.モデルチェンジ時期

N-ONEは、2017年12月21日にマイナーチェンジが実施されます。

これがデザインも変更されるマイナーチェンジとなるので、フルモデルチェンジは、2018年以降になるでしょう。

2.デザイン

新型N-ONEのデザインが公開されています。

新型N-ONEは、4タイプに別れます。

スタンダード
f:id:totalcar:20171217011154j:plain出典ホンダHP

セレクト
f:id:totalcar:20171217011202j:plain出典ホンダHP

プレミアム
f:id:totalcar:20171217011212j:plain出典ホンダHP

RS
f:id:totalcar:20171217011218j:plain出典ホンダHP

ライバル車のデザイン

N-ONEは、同じく丸目のデザインであるハスラー、ラパン、キャストなどとよく比較されます。

ハスラー
f:id:totalcar:20171217013808j:plain出典スズキHP

ラパン
f:id:totalcar:20171217013814j:plain出典スズキHP

キャスト
f:id:totalcar:20171217013821j:plain出典ダイハツHP

ラパンは女性にターゲットを絞っていますが、それ以外は男性ユーザーも多い車です。

スタンダード、セレクト、プレミアム、RSという分け方は、キャストに似ていますね。

スポンサーリンク



4.エンジン

N-ONEのエンジンは、NAモデル、ターボモデルともにパワフルです。

【NAエンジン】
最高出力・・・58ps/7300rpm
最大トルク・・・6.6kgm/4700rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm

NAエンジンは、他のホンダの軽自動車に搭載されているものと同じですが、他社のものよりパワフルです。

ターボエンジンは、他のホンダの軽自動車のものよりもパワフルに設計されており、その加速は1.3Lのフィットをしのぐほどです。

ライバル車のエンジン

ライバル車のエンジンスペックと比較してみましょう。

・ハスラー、ラパン(NAのみ)
【NAエンジン】
最高出力・・・52ps/6500rpm
最大トルク・・・6.4kgm/4000rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・9.7kgm/3000rpm


・キャスト
【NAエンジン】
最高出力・・・64ps/6400rpm
最大トルク・・・6.1kgm/5200rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6400rpm
最大トルク・・・9.4kgm/3200rpm


NAエンジン、ターボエンジンともにN-ONEのエンジンはパワフルであることが分かるかと思います。

3.予防安全性能

一方、予防安全性能はちょっと物足りません。

マイナーチェンジ後の新型でも、ホンダセンシングではなく、あんしんパッケージのままとなるようです。

あんしんパッケージの自動ブレーキは、時速30キロ以下でしか作動しません。

歩行者や自転車にも対応していません。

ライバル車の予防安全性能

予防安全性能は、ライバル車の方が上です。

ハスラーの予防安全機能は、以下のとおりです。

・歩行者にも対応した自動ブレーキ
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能


ラパンの予防安全機能は、以下のとおりです。

・30km/h以下で作動する自動ブレーキ
・誤発進抑制機能


キャストの予防安全機能は、以下のとおりです。
・歩行者に対応した自動ブレーキ
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

予防安全性能では、ハスラーとキャストが進んでいて、N-ONEとラパンが遅れています。

5.フルモデルチェンジは?

N-ONEは、2019年頃にフルモデルチェンジされるとみられています。

愛着の湧くデザインはそのままに、室内が広く、ホンダセンシングが搭載され、燃費も向上するといわれています。

これからフルモデルチェンジの情報も入ってくるでしょうから、更新していきます。

6.総括

今回比較した車の中では、価格と燃費、予防安全性能、広さなどのバランスが取れているハスラーに人気が集中しています。

N-ONEがマイナーチェンジされても、ハスラーを脅かすような販売台数にはならないでしょう。

フルモデルチェンジで車内が広くなり、ホンダセンシングが搭載され、快適性も高まれば、ハスラー並の人気となる可能性は秘めていると思います。

7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。