Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

N-ONE モデルチェンジ スクープ!変更点は?2018年以降にフルモデルチェンジへ。カタログ予想情報!

2018年6月2日更新

ホンダ、N-ONEのモデルチェンジ情報をスクープします。

丸目のヘッドライトで比較される、ラパンやハスラー、キャストと比較しながら紹介します。

スポンサーリンク


フルモデルチェンジ情報

1.モデルチェンジ時期

N-ONEのフルモデルチェンジ時期は、2018年末ごろといわれていましたが、2017年末にマイナーチェンジされたため、2019年以降となるでしょう。

2.ようやく、ホンダセンシング搭載

2017年のマイナーチェンジでは、ホンダセンシングの搭載はされませんでした。

フルモデルチェンジで、ようやくホンダセンシングが搭載されるでしょう。

ホンダセンシングの機能は、とても充実しています。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能


ホンダセンシングが搭載されれば、予防安全性能はクラスNo1となるでしょう。

2019年には、更に進化していることでしょう。

3.新型エンジン搭載

新型N-ONEには、新型N-BOXに搭載された、新型エンジンが搭載されるでしょう。

【NAエンジン】
最高出力・・・58ps/7300rpm
最大トルク・・・6.6kgm/4800rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm


ホンダらしいパワフルさはそのままに、燃費は1割ほど向上するでしょう。

これまで、N-ONEのターボエンジンは他のホンダの軽自動車よりもパワフルに設計されていましたが、次期N-ONEのターボエンジンは、他の軽自動車のものと同じになるでしょう。

NA車の燃費は30km/L程度、ターボ車の燃費は27km/L程度になるでしょう。

4.室内の広さ

新型N-ONEの広さは、室内長2,050mm×室内幅1,350mm×室内高1,300mmくらいになるでしょう。

現行N-ONEは、ボディサイズはN-WGNやワゴンRなどとそれほど変わらないものの、室内寸法は、アルトやミライースよりも少し広い程度にとどまっています。

新型N-ONEは、一クラス上の室内空間を獲得することになるでしょう。

ライバル車の広さ

アルトの広さは、室内長2,020mm×室内幅1,295mm×室内高1,240mm

キャストの広さは、室内長2,005mm×室内幅1,320mm×室内高1,245mm

ハスラーの広さは、室内長2,160mm×室内幅1,295mm×室内高1,250mm です。


新型N-ONEは、ハスラーに次ぐ室内の広さになりそうです。

ライバル車の中で一番のヒット車種といえば、言うまでもなくハスラーなわけですが、ハスラーは、デザインだけでなく、室内の広さ、使い勝手の良さがあってのことなので、新型N-ONEも、広くて使い勝手がもっと良くなれば、人気が出ると思います。


マイナーチェンジ情報

1.モデルチェンジ時期

N-ONEは、2017年12月22日にマイナーチェンジが実施されました。

2.デザイン

新型N-ONEは、デザインが4タイプに別れます。

スタンダード
f:id:totalcar:20171217011154j:plain出典ホンダHP

セレクト
f:id:totalcar:20171217011202j:plain出典ホンダHP

プレミアム
f:id:totalcar:20171217011212j:plain出典ホンダHP

RS
f:id:totalcar:20171217011218j:plain出典ホンダHP



ライバル車のデザイン
N-ONEは、同じく丸目のデザインであるハスラー、ラパン、キャストなどとよく比較されます。

ハスラー
f:id:totalcar:20171217013808j:plain出典スズキHP

ラパン
f:id:totalcar:20171217013814j:plain出典スズキHP

キャスト
f:id:totalcar:20171217013821j:plain出典ダイハツHP

ラパンは女性にターゲットを絞っていますが、それ以外は男性ユーザーも多い車です。

スタンダード、セレクト、プレミアム、RSという分け方は、キャストに似ていますね。

スポンサーリンク



3.エンジン

N-ONEのエンジンは、NAモデル、ターボモデルともにパワフルです。

【NAエンジン】
最高出力・・・58ps/7300rpm
最大トルク・・・6.6kgm/4700rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm

NAエンジンは、他のホンダの軽自動車に搭載されているものと同じですが、他社のものよりパワフルです。

ターボエンジンは、他のホンダの軽自動車のものよりもパワフルに設計されており、その加速は1.3Lのフィットをしのぐほどです。


ライバル車のエンジン
ライバル車のエンジンスペックと比較してみましょう。

・ハスラー、ラパン(NAのみ)
【NAエンジン】
最高出力・・・52ps/6500rpm
最大トルク・・・6.4kgm/4000rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・9.7kgm/3000rpm


・キャスト
【NAエンジン】
最高出力・・・64ps/6400rpm
最大トルク・・・6.1kgm/5200rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6400rpm
最大トルク・・・9.4kgm/3200rpm


NAエンジン、ターボエンジンともにN-ONEのエンジンはパワフルであることが分かるかと思います。

4.予防安全性能

一方、予防安全性能はちょっと物足りません。

マイナーチェンジ後の新型でも、ホンダセンシングではなく、あんしんパッケージのままとなるようです。

あんしんパッケージの自動ブレーキは、時速30キロ以下でしか作動しません。

歩行者や自転車にも対応していません。


ライバル車の予防安全性能
予防安全性能は、ライバル車の方が上です。

ハスラーの予防安全機能は、以下のとおりです。

・歩行者にも対応した自動ブレーキ
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能


ラパンの予防安全機能は、以下のとおりです。

・30km/h以下で作動する自動ブレーキ
・誤発進抑制機能


キャストの予防安全機能は、以下のとおりです。
・歩行者に対応した自動ブレーキ
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

予防安全性能では、ハスラーとキャストが進んでいて、N-ONEとラパンが遅れています。

5.価格

マイナーチェンジ後の新型N-ONEの価格を紹介します。

Standard・・・120万960円
Standard・LOWDOWN・・・123万5,520円
Standard・L・・・133万560円
Standard・LOWDOWN L・・・136万5,120円
Standard Tourer・・・143万1,000円

Select・・・142万200円
Select Tourer・・・153万360円

Premium・・・153万360円
Premium Tourer・・・164万1,600円

RS・・・174万960円

ライバル車の価格
ハスラーの価格は、110万円~154万円

ラパンの価格は、107万円~138万円

キャストの価格は、122万円~164万円

となっています。

6.総括

今回比較した車の中では、価格と燃費、予防安全性能、広さなどのバランスが取れているハスラーに人気が集中しています。

N-ONEがマイナーチェンジされても、ハスラーを脅かすような販売台数にはならないでしょう。

フルモデルチェンジで車内が広くなり、ホンダセンシングが搭載され、快適性も高まれば、ハスラー並の人気となる可能性は秘めていると思います。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。