Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

ノア・ヴォクシーと、セレナを、比較!広さ、乗り心地、加速、パワー、燃費、価格など。どっちが良い車?違いはどこ?

2018年9月2日更新

大人気の5ナンバーサイズミニバン、ノア・ヴォクシーと、セレナ。

サイズは同じくらいの両車ですが、様々なところに違いがあります。

今回は、ノア・ヴォクシーと、セレナを、乗り心地、広さ、燃費、価格などの面から比較してみましょう。

スポンサーリンク


1.乗り心地を比較

ミニバンは、家族を乗せることの多い車ですから、乗り心地は気になりますよね。

まずは、ノア・ヴォクシーと、セレナの乗り心地を比較してみましょう。

ノア・ヴォクシーの乗り心地

ノア・ヴォクシーの乗り心地は、比較的ソフトながらも、高速道路のコーナリングなどでは、ある程度粘りのある足回りとなっています。

元々重量のある車なので、段差で飛び跳ねたり、突き上げを感じるということもそれほどなく、おおむね乗り心地は良好です。

グレードによって、15インチタイヤを装着したグレードと、16インチタイヤを装着したグレードがありますが、後部座席の乗員にとっては、15インチタイヤの方が乗り心地は良いと感じられるはずです。

セレナの乗り心地

セレナの乗り心地は、ノア・ヴォクシーよりももう少し柔らかいかな。という印象です。

とはいえ、それほど大きな違いがあるわけではありません。

セレナにも、標準グレードとハイウェイスターがあり、標準グレードは15インチタイヤ、ハイウェイスターは16インチタイヤを装着しています。

少しでも乗り心地を重視したい人は標準グレードを。少しでも引き締まった足回りが良い人は、ハイウェイスターを選択すると良いでしょう。


ノア・ヴォクシー、セレナともに、乗り心地は比較的柔らかめです。

今までセダンなど、重心の低い車に乗っていた人にとっては、コーナリングなどでの安定性に少し不安を感じる方もいるかもしれません。

そんな方には、今回の記事には登場しませんが、比較的足回りが引き締まっているホンダのステップワゴンの方が良いかもしれません。


2.広さを比較

ノア・ヴォクシー、セレナとも、5ナンバーサイズいっぱいにスペースを確保した、広い車です。

どちらも広いのですが、室内のサイズには若干の違いがあります。

ノア・ヴォクシー、セレナの室内の広さを比較してみましょう。

ノア・ヴォクシーの広さ

ノア・ヴォクシーの室内寸法は、室内長2,930mm×室内幅1,540mm×室内高1,400mmです。

小学校低学年くらいまでの子供なら立ったまま着替えをすることができたり、十分な空間が確保されています。

セレナの広さ

セレナの室内寸法は、室内長3,170mm×室内幅1,545mm×室内高1,400mmです。

ノア・ヴォクシーより、室内長は240mm、室内幅は5mm広くなっています。

元々の室内長が十分にあるので、ノア・ヴォクシーも室内長が短いと感じることはないでしょうが、頻繁に7~8人で乗ることがあるという方は、セレナを選択したほうが余裕を感じることができると思います。


3.ガソリンエンジンを比較

ノア・ヴォクシー、セレナともに、2.0Lのガソリンエンジンが搭載されています。

ノア・ヴォクシーと、セレナの、ガソリンエンジンのスペックを比較してみましょう。

ノア・ヴォクシーのガソリンエンジン

ノア・ヴォクシーの2.0Lガソリンエンジンのスペックは、以下のとおりです。

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・152ps/6100rpm
最大トルク・・・19.7kgm/3800rpm

セレナのガソリンエンジン

セレナの2.0Lガソリンエンジンのスペックは、以下のとおりです。

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・150ps/6000rpm
最大トルク・・・20.4kgm/4400rpm


最高出力は、ノア・ヴォクシーの方が2psのみ強く、最大トルクはセレナの方が0.7kgmだけ強くなっています。

セレナの方は、スマートシンプルハイブリッド車であれば、最高出力2.6psのモーターが加わるのですが、正直違いはほとんどわかりません。

ガソリン車に関しては、パワーは同等と考えて良いでしょう。


4.ハイブリッドシステムを比較

ノア・ヴォクシーには、先代プリウスと同じハイブリッドシステムが。

セレナには、今話題のe-POWERが搭載されています。

ノア・ヴォクシーと、セレナのハイブリッドシステムを比較してみましょう。

ノア・ヴォクシーのハイブリッドシステム

ノア・ヴォクシーには、先代プリウスと同じ、1.8Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載されています。

【1.8Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・99ps/5200rpm
エンジン最大トルク・・・14.5kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・99ps
モーター最大トルク・・・14.5kgm
システム出力・・・136ps


トヨタのハイブリッドシステムは、発進時や低速走行時はモーターのみで走行し、強い加速を必要とする時や、高速走行時は、モーターとエンジンが協調して走行します。

ハイブリッドシステムでは、トヨタが最も歴史が長く、信頼性はお墨付きです。プリウスなんかも、タクシーによく使われていますね。

セレナのハイブリッドシステム

セレナには、e-POWERという、1.2Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載されています。

【1.2Le-POWER】
エンジン最高出力・・・84ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・10.5kgm/3200-5200rpm
モーター最高出力・・・136ps
モーター最大トルク・・・32.6kgm

e-POWERシステムは、エンジンは発電専用で、走行はモーターのみが担うので、スペックとしてはモーターのスペックのみが走行性能ということになります。

ノア・ヴォクシーハイブリッドのシステム出力と、e-POWERのモーター最高出力は同じなので、パワーは同等です。

ただ、最大トルクがe-POWERの方が大きいので、停車中からの加速など、低速域での加速力は、セレナe-POWERに軍配が上がります。


5.燃費

ノア・ヴォクシーには、ハイブリッドが。セレナには、e-POWERがラインナップされています。

どちらも、燃費が良く、長距離ドライブにはありがたいですね。

ガソリン車も含め、ノア・ヴォクシーと、セレナの燃費を比較してみましょう。

ノア・ヴォクシーの燃費

ノア・ヴォクシーの燃費は、以下のとおりです。

ガソリン車・・・16.0km/L
ハイブリッド車・・・23.8km/L

ボディの大きさ、重量を考えれば十分に低燃費ですが、最近ではライバル車に追い上げられている印象です。

セレナの燃費

セレナの燃費は、以下のとおりです。

ガソリン車・・・17.2km/L
e-POWER・・・26.2km/L


ガソリン車、ハイブリッド車(e-POWER)ともに、セレナの方が燃費が良くなっています。

一昔前までは、ハイブリッドといえばトヨタの独壇場でしたが、今となってはそうでもありません。


実燃費でも、セレナの方がノア・ヴォクシーよりも若干良いようです。


さらに、e-POWERは、エンジンは発電に徹し、走行はモーターのみで行います。
この感覚が電気自動車に近く、新しいもの好きの人たちに大人気となっています。
特にノートなんかは、販売台数No1になっていますね。

e-POWERシステムは、電気自動車ではなく、シリーズ式ハイブリッドなのですが、充電いらずの電気自動車として展開した日産の戦略勝ちですね。


6.価格を比較

最後に、ノア・ヴォクシーと、セレナの価格を比較してみましょう。

ノア・ヴォクシーの価格

ノア・ヴォクシーの価格は、以下のとおりです。
(ノアとヴォクシーは同じ価格なので、ヴォクシーの価格だけ紹介しておきます。)

【ガソリン車】
X・・・246万6,720円
V・・・275万6,160円
ZS・・・274万5,360円

【ハイブリッド車】
HYBRID X・・・301万4,280円
HYBRID V・・・314万2,800円
HYBRDI ZS・・・326万160円

諸費用込みで、ガソリン車は300万円程度、ハイブリッド車は350万円程度といったところです。

セレナの価格

セレナの価格は、以下のとおりです。

【ガソリン車】
S・・・243万5,400円
X・・・248万9,400円
X Vセレクション・・・267万4,080円
G・・・284万9,400円
ハイウェイスター・・・267万8,400円
ハイウェイスターVセレクション・・・293万4,360円
ハイウェイスターG・・・301万1,040円

【e-POWER】
e-POWER X・・・296万8,920円
e-POWER XV・・・312万8,760円
e-POWER ハイウェイスター・・・317万8,440円
e-POWER ハイウェイスターV・・・340万4,160円

セレナの方がノア・ヴォクシーよりも価格帯の幅が広くなっています。

ハイウェイスター、e-POWERは、ノア・ヴォクシーよりも少し高めの価格設定になっています。


本命がどちらかに決まっていたとしても、同価格帯のグレードで見積もりを取って比較させると、値引き交渉の材料にすることができます。


7.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。