Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

日産ノートハイブリッド 最新情報!マイナーチェンジ新型画像、燃費、発売日はいつ?

日産ノートが、マイナーチェンジされ、ハイブリッドが設定されます。

今回は、ライバルであるアクアやフィットハイブリッドと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク



1.発売日

新型ノートの発売日は、2016年11月2日です。

ノートハイブリッドも同じく、2016年11月2日に発売予定です。

2.燃費

ノートハイブリッドは、レンジエクステンダー方式を採用し、38km/Lを達成します。

アクアの燃費は、37.0km/L
フィットハイブリッドの燃費は36.4km/L
ですから、これらを抜いてトップになるということですね。

恐らく、燃費特化グレードが38km/Lを達成すると見られてますが、これはフィットハイブリッドやアクアも同じことですね。

ガソリン車の方は、現行とほぼ同じ燃費です。

現行ノートガソリン車の燃費は、
NAモデル・・・23.4km/L
スーパーチャージャーモデル・・・26.8km/L
です。

ヴィッツガソリン車の燃費は25.0km/L
フィットガソリン車の燃費は26.0km/L
ですから、ガソリン車では既にライバル車を上回る燃費を実現しています。

3.広さ

ノートは、ヴィッツやフィット、アクアよりも広い室内空間が魅力です。

ノート
室内長2,065mm×室内幅1,390mm×室内高1,255mm

ヴィッツ
室内長1,920mm×室内幅1,390mm×室内高1,250mm

アクア
室内長2,015mm×室内幅1,395mm×室内高1,175mm

フィット
室内長1,935mm×室内幅1,450mm×室内高1,280mm

です。

室内の広さは、クラスNo1です。

ノートハイブリッドのバッテリーは、運転席と助手席下に収納され、荷室容量を損なわないようになっています。

5.パワートレイン

新型ノートハイブリッドには、リーフと同じモーターが搭載されます。

ガソリン車と同じ1.2Lエンジンが搭載されますが、エンジンは発電専用で、基本的にはモーターで走行するという仕組みを採用しています。

ノートの軽量なボディにリーフのエンジンが搭載されることで、加速力はライバル車と比較にならないくらい良いものになるでしょう。

ガソリン車のパワートレインは、1.2L自然吸気エンジンと1.2Lスーパーチャージャーエンジンで変わりません。

1.2L自然吸気エンジン
最高出力・・・79ps/6000rpm
最大トルク・・・10.8kgm/4400rpm

1.2Lスーパーチャージャーエンジン
最高出力・・・98ps/5600rpm
最大トルク・・・14.5kgm/4400rpm

1.2Lスーパーチャージャーエンジン


4.価格

新型ノート、ガソリン車の価格は若干アップしますが、装備が充実するという情報です。

また、ノートハイブリッドは、ベースグレードが198万円~、メダリストが221万円~になります。

アクアは176万円~
フィットハイブリッドは169万円~

なので、ノートハイブリッドはライバルに比べ、若干高くなっています。

大容量のバッテリーと高出力のモーターを搭載しているため、仕方がない部分でしょう。

ここまで、広さ、燃費、加速力などはノート優位でしたが、価格はノートが不利です。

5.デザイン

マイナーチェンジに合わせて、デザインが変更されます。

フロント
f:id:totalcar:20161019212925j:plain

Vモーショングリルが目立ちます。

リア
f:id:totalcar:20161019212930j:plain

リヤコンビランプのデザインが変わっています。

6.総括

新型ノートの車の仕上がり、基本性能はライバル車を凌駕するものになっています。

ただし、ネックは価格です。良いものは高い。というのは仕方がないことですが、価格差を納得できるほどの違いになっているか、注目です。


スポンサーリンク



※ノート、ノートハイブリッド契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。