Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

ノートと、ヴィッツを、比較!2018 広さ、大きさ、乗り心地、燃費、後部座席、価格など。どっちが良い?

コンパクトカーとして人気の、日産ノートと、トヨタヴィッツ。

どちらもガソリン車とハイブリッド車が設定されており、迷っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、ノートと、ヴィッツを、大きさ、広さ、乗り心地、燃費、価格など、様々な面から比較してみましょう。

スポンサーリンク


1.大きさを比較

ノートとヴィッツ、どちらも5ナンバーサイズのコンパクトカーですが、大きさが少し違います。

ノートと、ヴィッツの、大きさを比較してみましょう。

ノートの大きさ

ノートのボディサイズは、全長4,100mm×全幅1,695mm×全高1,520mmです。

コンパクトカーの中では、全長が長い方です。


最小回転半径は、ガソリン車が4.7m、e-POWERは5.2mです。

ガソリン車の方は十分に小回りがききますが、e-POWERの方は、e-POWERのシステムを詰め込んだためか、少々小回りがききません。

ヴィッツの大きさ

ヴィッツのボディサイズは、全長3,945mm×全幅1,695mm×全高1,500mmです。

ノートよりも、全長は155mm短く、全高は20mm低くなっています。

全長が15cm違うので、ギリギリサイズの駐車場などの場合、ノートだとはみ出してしまう。といったこともあるかもしれません。


最小回転半径は、ガソリン車で4.5m、ハイブリッド車で4.7mです。

どちらも十分に小回りが効きます。


コンパクトさ、小回りが効くほうが良いという方は、ヴィッツの方がおすすめです。


2.広さを比較

全長は、ノートの方が155mmも長いという事がわかりました。

それでは、車内の広さはどうなのでしょうか。

ノートと、ヴィッツの、車内の広さを比較してみましょう。

ノートの広さ

ノートの室内寸法は、室内長2,065mm×室内幅1,390mm×室内高1,255mmです。

室内長が2,000mmを超えており、十分な室内空間が確保されています。

ヴィッツの広さ

ヴィッツの室内寸法は、室内長1,920mm×室内幅1,390mm×室内高1,240mmです。

ノートよりも室内長は145mm短く、室内高は15cm狭くなっています。

室内長が15cm近く違うので、後部座席の足元空間など、はっきりとした違いを感じることができるはずです。

室内高は、15mmつまり1.5cmしか変わらないので、それほど違いを感じられないと思います。

少しでも広い車が良いという方は、ノートの方がおすすめです。

コンパクトさを取るか、広さを取るかという選択になりますね。


3.ガソリンエンジンを比較

ノートには、自然吸気エンジンとスーパーチャージャーエンジンが1つずつ、ヴィッツには、自然吸気エンジンが3種類設定されています。

ノートと、ヴィッツのガソリンエンジンを比較してみましょう。

ノートのガソリンエンジン

ノートに搭載されているのは、1.2Lの自然吸気エンジンと、1.2Lのスーパーチャージャーエンジンです。

それぞれのエンジンスペックは、以下のとおりです。

【1.2L自然吸気】
最高出力・・・79ps/6000rpm
最大トルク・・・10.8kgm/4400rpm


【1.2Lスーパーチャージャー】
最高出力・・・98ps/5600rpm
最大トルク・・・14.5kgm/4400rpm


自然吸気エンジンの方は、排気量の割に少しパワーが低いかな。と思います。

動力性能も、軽自動車のターボ車よりも少し高い程度に思っておいたほうが良いでしょう。


一方のスーパーチャージャーエンジンの方はパワフルで、高速道路も無理なく走行することができます。

できれば、スーパーチャージャーにしたほうがストレスなく運転できるのではないかと思います。

ヴィッツのガソリンエンジン

ヴィッツに搭載されているのは、1.0L、1.3L、1.5Lの自然吸気エンジンです。

それぞれのエンジンスペックは、以下のとおりです。

【1.0Lエンジン】
最高出力・・・74ps/4800rpm
最大トルク・・・11.3kgm/3600-4400rpm


【1.3Lエンジン】
最高出力・・・99ps/6000rpm
最大トルク・・・12.3kgm/4400rpm


【1.5Lエンジン】
最高出力・・・109ps/6000rpm
最大トルク・・・13.9kgm/4800rpm


1.0Lエンジンは、軽自動車のターボの方が加速が速いのではないかと思うほど、正直パワー不足を感じます。高速道路などを走行する場合、おすすめできません。

1.3Lエンジン車なら、高速道路も無理なく走行することができます。

1.5Lエンジン車は、さらに余裕がありますが、これはスポーツグレードのGR、GRスポーツにしか設定されていないので、通常は1.3Lエンジン搭載モデルが最適といえます。


パワフルさでは、ヴィッツ1.0L<ノート自然吸気<ヴィッツ1.3L<ノートスーパーチャージャー<ヴィッツ1.5Lという順です。


4.価格

最後に、ノートと、ヴィッツの価格を比較してみましょう。

ノートの価格

ノートの価格は、以下のようになっています。

【ガソリン】
(自然吸気)
S・・・142万1,280円
X・・・152万3,880円
メダリストX・・・173万4,480円

(スーパーチャージャー)
X DIG-S・・・176万6,880円
メダリスト・・・209万1,960円


【e-POWER】
e-POWER S・・・190万1,880円
e-POWER X・・・202万1,760円
e-POWER メダリスト・・・235万3,320円

ヴィッツの価格

ヴィッツの価格は、以下のようになっています。

【ガソリン】
(1.0Lエンジン)
1.0F・・・132万5,160円
1.0Jewela・・・154万2,240円

(1.3Lエンジン)
1.3F・・・158万9,760円
1.3Jewela・・・169万2,360円
1.3U・・・189万5,400円


【ハイブリッド】
HYBRID F・・・181万9,800円
HYBRID U・・・207万6,840円
HYBRID Jewela・・・197万3,160円
HYBRID GRスポーツ・・・231万8,760円


ハイブリッド車、ガソリン車ともに、ヴィッツの方が10万円~20万円ほど安くなっています。

どちらかというと、ガソリン車の方はヴィッツとノートの価格を合わせやすいですが、ハイブリッドの方はなかなか同価格に合わせるのまでは難しい印象です。


5.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。