Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

オデッセイ マイナーチェンジ 2017年末~2018年に。デザイン変更と燃費向上か。

ホンダ、オデッセイのマイナーチェンジ情報を、ライバルの、トヨタエスティマと比較しながら紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.マイナーチェンジ時期

オデッセイのマイナーチェンジは、2017年末~2018年頃になると予想されています。

現行オデッセイは2013年10月に発売されているので、約4年でのマイナーチェンジになります。

2.デザイン

新型オデッセイのデザインは、現行をベースに比較的小さな変更になるでしょう。

画像は現行オデッセイ
f:id:totalcar:20161220114205j:plain

3.燃費向上

マイナーチェンジでガソリン車、ハイブリッド車共に若干燃費が向上すると予想されています。
システムは2.4Lガソリン車と2.0Lハイブリッド車で変わらないでしょう。

<2.4Lガソリン車>
最高出力・・・175ps/6200rpm
最大トルク・・・23.0kgm/4000rpm
予想燃費・・・15.0km/L

<2.0Lハイブリッド車>
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm

モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgm

予想燃費・・・27.0km/L


ライバルエスティマは2.4Lガソリン車と2.4Lハイブリッド車があります。

<2.4Lガソリン車>
最高出力・・・170ps/6000rpm
最大トルク・・・22.8kgm/4000rpm
燃費・・・11.6km/L


<2.4Lハイブリッド車>
エンジン最高出力・・・150ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・19.4kgm/4000rpm

モーター最高出力・・・143ps、68ps
モーター最大トルク・・・27.5kgm、13.3kgm

燃費・・・18.0km/L


燃費は現時点でもオデッセイが大きく上回っていますが、更に差が広がるでしょう。

4.広さ

今回はマイナーチェンジなので、室内の広さは現行と変わらないでしょう。

オデッセイの広さは、
室内長2,935mm×室内幅1,625mm×室内高1,325mm

エスティマの広さは、
室内長3,010mm×室内幅1,580mm×室内高1,255mm です。

室内長と室内幅が大きいため、オデッセイの方が室内は広く感じられます。

5.総括

オデッセイとエスティマを比べると、現時点でもオデッセイの方が優れているポイントが多いことがわかります。

ただ、月間販売台数はどちらも2000台~3000台程度と、互角です。

ただし、このクラスは広さを追求する顧客は少なく、デザインを重視する傾向にあります。
(広さを追求する顧客はアルファード・ヴェルファイアに流れる)

トヨタの販売力の強さと、エスティマの特徴的な流線的なデザインが、エスティマの底堅い販売を支えていると思われます。

オデッセイはマイナーチェンジで更に商品力が向上しますが、互角の争いが続くことになるでしょう。

スポンサーリンク



※新車、中古車契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。