Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

新型 プリウス マイナーチェンジ 2018年12月17日に!デザイン、価格、燃費、変更点などカタログ予想情報!予約は11月~?

2018年12月17日更新

トヨタのハイブリッドカー、プリウスのマイナーチェンジが、2018年末にも実施されます。

ちょうど2018年末には、ホンダのインサイトが復活します。

再び最大のライバルとなる、インサイトと比較しながら、紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日は、12月17日

新型プリウスの発売日は、12月17日です。


正式な予約受付は1ヶ月前からなので、11月18日にはじまるはずです。

とはいえ、デザインが正式に公表されていから予約を入れたいものですね。


2.プリウスの販売台数

2015年に発売された現行プリウスの販売台数は、最近は月間1万台を切る月もあるなど、プリウスとしては低迷しています。

先代プリウスが発売されて2年後の販売台数は、コンスタントに2万台オーバーを記録していたので、比較すると歴然です。



販売台数が減った原因として挙げられているのが

・価格が上昇した
・ハイブリッドの選択肢が増えた
・デザインが尖りすぎている

といった点です。


今回のプリウスのマイナーチェンジでは、デザインの部分を改善して、少しでも多くの人に受け入れられるようにするようです。


ただ、マイナーチェンジなので、月間販売目標は6,600台に設定されています。


3.皆に受け入れられるデザインに

新型プリウスのデザインは、奇抜だった前期型から改められ、皆に受け入れられる、「普通のデザイン」になっています。


f:id:totalcar:20181217192059j:plain

f:id:totalcar:20181217192112j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp ”

サイドのシルエットは変わっていないので、まだ少し奇抜さの名残りは感じられるものの、前期型に比べれば、かなり「普通のデザイン」になりましたね。


3代目プリウスが比較的落ち着いたデザインであったこともあって、3代目から4代目プリウスへの乗り換えがうまく進まなかったとも聞きます。

3代目プリウスは、そろそろ発売から9年を迎えます。マイナーチェンジをきっかけに、3代目からの乗り換えも増えそうです。


4.GRスポーツも設定か

マイナーチェンジと同時かはわかりませんが、プリウスにもGRスポーツが設定されるようです。


プリウスシリーズでは、プリウスPHVに、先にGRスポーツが設定されています。

どうしてかは分かりませんが、プリウスPHVに注目してほしかったのでしょう。


プリウスGRスポーツも、大きな長方形のフロントグリルを持った、スポーティーなデザインになるでしょう。

もともと、マイナーチェンジでプリウスPHVに似たデザインになるようですから、GRスポーツも雰囲気は似てくると思います。


もちろん、見た目だけではなく、ブレースや専用サスペンション、専用ブレーキなど、走りも強化されるでしょう。

現行プリウスのTNGAプラットフォームは、もともと出来が良く、プリウスPHVでも、単なるエコカーではなく、スポーツカーのように走りが楽しい。と評価は高いようです。

PHVは、どうしても価格が高く、敷居が高いイメージなので、通常のプリウスにGRスポーツが設定されるのが待ち遠しいですね。


【追記】
マイナーチェンジと同時のGRスポーツ追加は、ありませんでした。

あと1年後くらいに発売されるといわれています。


5.次世代トヨタセーフティセンス

マイナーチェンジに合わせて、トヨタセーフティセンスPが、次世代のトヨタセーフティセンスに刷新されました。


次世代のトヨタセーフティセンスは、自動ブレーキが歩行者や自転車対応になったり、車線中央を走行できるように自動でステアリングを操作してくれるなど、安全性、快適性がアップします。


・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーンディパーチャーアラート
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進アラーム

toyota.jp


フルモデルチェンジでの刷新になるのでは?という情報もありますが、6月にフルモデルチェンジされるカローラに劣ることになってしまうので、マイナーチェンジで変更されるでしょう。

www.bibit-modelchange.com

インサイトの予防安全性能

インサイトには、ホンダセンシングが搭載されます。

ホンダセンシングの機能を紹介します。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

機能はほぼ同等ですが、歩行者事故低減ステアリングがある分、ホンダセンシングの方が上かもしれません。


6.燃費

新型プリウスの燃費は、Eグレードを除き前期型と同じです。

現行型でも、ガソリン車・ハイブリッド車の中でトップの燃費なので、無理に引き上げる必要もありません。

現行型プリウスの燃費は、Eグレードが39.0km/L、それ以外のグレードが37.2km/Lです。

実燃費でも30km/Lを超えることがめずらしくないなど、さすがプリウスといったところです。

インサイトの燃費

新型インサイトの燃費は、プリウスよりは少し悪いです。

カタログ燃費で34.2km/Lと、プリウスよりも1割ほど低い数字となっています。

それでも、新型インサイトも、プリウスよりもボディサイズが大きいことを考えると、十分に優秀な燃費です。

www.bibit-modelchange.com


7.コネクティッド機能

新型プリウスは、コネクティッド機能が標準装備となっています。

コネクティッド機能というのは、新型クラウンや、新型カローラスポーツに搭載された、インターネットやAIを活用したつながる機能です。

新型カローラスポーツに搭載されたものと同じ機能になるはずなので、詳しくはこちらのページをご覧ください。

toyota.jp


主な機能としては、LINEからナビの目的地設定、燃料の残量確認など。

警告灯が点灯した時や、点検の時期などに、ディーラーにお知らせ。

緊急時に応答がない場合は、自動で救急車の手配。

など、少し前ならレクサスにしかなかった機能が搭載されています。


8.全体的に、装備が充実

新型プリウスは現行型に比べ、全体的に装備が充実します。

全グレードに、DCMなど、コネクティッド機能が標準装備に。

下位グレードのE、S、Sツーリンググレードには、トヨタセーフティセンスが標準装備に。

上級グレードのA、Aツーリングには、運転席パワーシートが標準装備に。

最上級グレードのAプレミアムには、シートベンチレーションが標準装備に。


などなど、色々と装備が追加されます。当然価格にも反映されそうですね。


9.価格

新型プリウスの価格は、ここまで紹介したように、デザインの変更や、装備の充実にともなって、10万円~20万円程度価格がアップすることになるでしょう。

現行プリウスは、242万円~でしたが、エントリー価格は250万円を超えてきそうです。

現行プリウスの販売が低迷している理由として、デザインの他に、先代プリウスよりも価格が高くなった。という点もよく挙げられますが、この部分に関しては改善されなさそうです。

カローラスポーツハイブリッドの価格は、241万円~と、現行プリウスとほぼ同じ価格でしたが、少し差が広がりそうです。


【追記】
新型プリウスの価格が判明しました。

各グレードの価格を紹介します。

E・・・251万8,560円
S・・・256万5,000円
Sツーリング・・・273万2,400円
A・・・284万2,560円
Aツーリング・・・300万6,720円
Aプレミアム・・・317万5,200円
Aプレミアムツーリング・・・328万4,280円

やはり、エントリー価格で250万円を超えてきました。結構強気の価格です。

デザイン、安全性などを強化して、この価格でも納得してもらえる。ということなのでしょう。

インサイトとは競合しない?

車格が上がったインサイトの価格は、326万円~となっています。

新型インサイトの方は、カーナビなどが標準装備なので、プリウスならAプレミアム、Aプレミアムツーリングあたりがバッティングしてきます。

先代インサイトは、フィットクラスであったにもかかわらず、車格が上の先代プリウスに価格を寄せられ、破れましたが、今回は、プリウスと新型インサイトでは、価格的にはあまり競合しなさそうです。


スポンサーリンク



10.一部改良情報

マイナーチェンジに先立って、2017年11月1日に一部改良が実施され、ツートンカラーと、プリウス20周年記念の特別仕様車が投入されました。


現行プリウス発売から1年以内に投入された特別仕様車、セーフティプラスも、特別装備を見直して価格が引き下げられました。

S“Safety Plus”

特別仕様車S“Safety Plus”は、特別装備からヘッドアップティスプレイが省略され、価格が7万円程度引き下げられました。

新特別仕様車、S“Safety Plus”の価格は、260万7,120円です。

S“Safety Plus・Two Tone”

同時に、S“Safety Plus”のツートンカラーバージョン、S“Safety Plus・Two Tone”も発売されました。

S“Safety Plus・Two Tone”は、ルーフがブラックの特別仕様車です。

S“Safety Plus・Two Tone”の価格は、273万3,480円です。

20th Anniversary Limited

20周年記念車、20th Anniversary Limitedも発売されました。

これは、12月末までの限定販売です。

20th Anniversary Limitedは、Aプレミアムツーリングセレクションがベース車両です。

11.6インチTコネクトナビゲーションが標準装備となっている他、

・ホワイトプレミアムナッパ本革シート
・ブラック加飾
・ピアノブラックセンターコンソール
・専用レッド加飾再度レジスター

などが専用装備となっています。


価格はなんと、380万5,000円です。

その他改良点

その他のグレードでも、メーカーオプションで、プリウスPHVに搭載されている11.5インチのナビを装着することができるようになりました。

オプション価格は35万円と高額ですが、この大画面は先進性を感じさせてくれます。


11.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。